施主と喪主は何が違うの?葬儀における施主の役割とは|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

遺族マナーのコラム

遺族マナー

作成日:2018.07.05  更新日:2018.07.13

施主と喪主は何が違うの?葬儀における施主の役割とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

施主と喪主は何が違うの?葬儀における施主の役割とは

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀における遺族の代表者を指す意味で、喪主(もしゅ)や施主(せしゅ)という言葉がありますが、それぞれの違いを知っていますか?

喪主を務めることになったけれど、施主とは誰かに頼むものなのか、それとも自分が務めるものなのか困る方もいるのではないでしょうか。この記事では、「施主」と「喪主」の違いや、それぞれの役割についてご紹介します。

【もくじ】
葬儀の「施主」とは
施主・喪主の具体的な仕事
施主・喪主のマナー

葬儀の「施主」とは

「施主」と「喪主」はお葬式において中心となる人物ですが、厳密には違いがあります。施主は「お布施をする主」を意味していますので、葬儀の費用を担う人を指します。

喪主と施主の違い

喪主は、葬儀全体を取り仕切り、参列者や僧侶への対応をする遺族の代表者です。現代では、一般的な葬儀の場合「喪主」=「施主」となることが多いので、施主の役割は喪主と同じと考えて問題ないでしょう。

喪主と施主が分けて考えられていたのは戦後の法改革で、墓地の所有権や使用権を含む祭祠権と財産権が分離され、財産は法に基づいて分配されることになった時期です。とは言え、喪主が葬儀費用を負担していることが多いので、喪主と施主が同じという認識が広まっています。

ただ、例えば世帯主が亡くなったときに、喪主は息子で、施主は妻などというケースは見受けられます。

施主の決め方

施主も喪主も、どの立場の人が務めるものなのか、厳密に決まっているわけではありません。どちらも、血縁関係の深い順に決めていくのが一般的ですが、家族構成に合わせて問題はありません。

また、喪主は1人である必要もありません。法律では祭祀継承者は1人と定められていますが、喪主については特に決まりはありません。喪主と施主を同じ人が務めても構いませんし、「葬儀費用を負担する人」と「葬儀を取り仕切る人」が別になる場合は、分けて立てると良いでしょう。葬儀費用を複数人で負担する場合などは、喪主のみで施主を立てないこともあります。

喪主の決め方と役割について詳しくまとめた記事もありますので、参考にしてください。

参考:誰が務めるべき?葬儀での喪主の決め方と役割

施主・喪主の具体的な仕事

施主も喪主も、葬儀において重要な役割を担っていることに変わりはありません。参列してくれる弔問客や僧侶へ配慮し、葬儀が滞りなく行えるよう努めましょう。

葬儀の準備

依頼する葬儀社や、葬儀の日時、場所、費用などについては、喪主が中心となって決めていきます。亡くなる前に葬儀社を決めていない場合、ご遺体の移動を急がなければならない時に、病院や施設と提携している葬儀社に頼むと、葬儀費用が割高になってしまうこともあります。その場合はできれば、搬送のみをお願いして、別の業者も比較した上で決定することをおすすめします。

通夜も含め、葬儀全体は一定の時間内で、受付から閉会までを滞りなく済ませなければなりません。ただ当日は、遺族は実務には携わらず、葬儀社や世話役の方に任せることになります。事前にしっかりと役割分担や式次第の進行について確認し、葬儀社やお手伝いをお願いする人と連携しておくようにしましょう。

弔辞の依頼や弔電の選択など、遺族でなければできない準備もあります。喪主と施主が別の場合、施主も喪主の人をサポートしながら、きちんと段取りをしていきましょう。

小さなお葬式

葬儀当日の運営

葬儀当日、喪主、施主を含む遺族は僧侶を迎えてもてなし、15分前には祭壇に向かって右側に着席します。施主の人が喪主も務めている場合、重要なのは葬儀での挨拶の場面です。参列してくれた人に感謝を伝える大切な場ですので準備をして臨みましょう。

受付で預かってもらっていた香典は、出棺時に受付係の人から渡してもらうことになりますが、出棺時は、喪主は挨拶をしなければならず慌ただしくなります。喪主と施主が別の場合は、施主の人が責任を持って香典を受け取り、管理すると良いでしょう。

ただ、施主も含めて遺族は火葬場への移動の段取りがありますので、手の空きそうな人で、誰か香典を預かる人を決めておいても良いかもしれません。

お寺との連絡

施主の人が喪主も兼任している場合は、葬儀前後にお寺さんと連絡をとるのも大切な仕事です。
お付き合いのある菩提寺がある場合は、お亡くなりになった後連絡をとり、枕経から通夜、葬儀まで日程の調整をお願いします。菩提寺がない場合には、葬儀日程に合わせて僧侶を紹介してもらえるサービスもあります。詳しくは下記のページを参考にご覧ください。

参考:小さなお葬式の寺院手配

施主・喪主のマナー

施主も喪主も、遺族の代表です。遺族としてのマナーを心得、会葬者や僧侶に失礼のないように振る舞いましょう。

挨拶について

施主の人が喪主である場合、葬儀当日は挨拶という大切な仕事を果たさなくてはなりませ通夜での挨拶は、地域の慣習により必要性が異なりますが、葬儀・告別式の場面、また精進落としなどの場面では必ず喪主が挨拶を行います。
挨拶は、決して長いものやかしこまった文章でなくても構いませんが、参列してくれたことと故人が生前中にお世話になったことへの感謝の気持ち、今後の変わらぬお付き合いのお願いは最低限盛り込むようにしましょう。

お布施について

僧侶へのお布施を渡すのも、施主または喪主の大事な仕事です。お布施の平均額は葬儀総額の25%程度、約50万円と言われていますが、最近は小さなお葬式が増えており、葬儀にかける費用も変化していますので、迷ったときは葬儀社の人に相談してみましょう。

お布施を渡すタイミングや包み方についても、地域により慣習が異なります。最近は葬儀の当日に渡すことが増えていますが、準備できなかったり、タイミングがわからなかったりする場合は葬儀社担当者に尋ねると良いでしょう。
お布施について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

参考:お布施はいくら包む?お布施の金額相場と渡し方

4.2/5
評価数(15)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓