我が家で葬儀を行う「自宅葬」について事前に知っておきたいこと|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2014.05.22  更新日:2018.07.11

我が家で葬儀を行う「自宅葬」について事前に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家で葬儀を行う「自宅葬」について事前に知っておきたいこと

この記事は小さなお葬式が書いています

自宅葬(じたくそう)という葬儀の形式をご存知でしょうか。その名の通り、亡くなった方の自宅で葬儀を行うことです。長年住み続けた我が家で、ゆっくりと見送ることができるとして、自宅葬を選ぶ方がいらっしゃいます。

自宅葬は、葬儀社を通さずに自身で様々な手配を進めて行う方法と、葬儀社へ依頼する方法があります。この記事では、自宅葬のメリットや注意点など、安心して自宅葬を行うために知っておきたいことをご紹介します。

【もくじ】
自宅葬のメリット
自宅葬を執り行う際の注意点
ご自身で準備して自宅葬を行うなら
葬儀社に依頼して自宅葬を行うなら

自宅葬のメリット

昔は自宅葬が一般的で、親戚や近所で協力しあって葬儀を行っていました。そんな自宅葬の、現代におけるメリットは次のとおりです。

時間を気にせず故人と過ごせる

自宅葬であれば、時間を気にせず最期のお別れができます。一般的なセレモニーホールの場合、施設の開館時間に合わせて滞在できる時間が限られていることがあります。自宅での葬儀であれば、制限なく過ごすことができます。

住み慣れた家で最期を迎えることができる

「住み慣れた我が家で最期を迎えたい」と、遺言として残される方も多いようです。参列される方にとっても、自宅であれば場所が分かるためすぐに駆けつけることができます。また、自宅で気を遣うことなく、故人との別れに集中できます。

慣れ親しんだ家で葬儀を執り行える自宅葬は、見送る側にとっても多くのメリットがあると言えるでしょう。

自宅葬を執り行う際の注意点

自宅葬を執り行うにあたり、ご自身で様々な準備をして自宅葬を行う場合と、葬儀社へ依頼して自宅葬を行う場合、それぞれに必要な知識をご紹介します。

葬儀を執り行うには通常、葬儀専用会館を使用し、その会館のスタッフがお手伝いをしてくれますが、ご自身ですべての手配を考えているのであれば、その部分を自宅にて遺族で全て行うことになるため、いくつかの制限や負担を考慮しなければなりません。

スペースの確保

自宅葬を行う際は、自宅で葬儀を行うためのスペースを確保する必要があります。昔は間取りの広い平屋が多かったため、自宅で葬儀を行う十分なスペースがありましたが、現代の住宅では、手狭で自宅葬を行えない場合もあります。

お布団と枕飾りが置ける、6畳ほどのスペースがあれば葬儀が可能とされています。ただし、祭壇の有無やそのサイズ、人数により、必要なスペースは異なります。

布団と枕飾りを置いたイメージ

また、マンションにお住まいの方は、エレベーターに棺を乗せられるか確認しておきましょう。 一見、棺が乗せられないように見えるエレベーターでも、奥側に扉がついていて、長さのあるものも乗せられるようになっていることがあります。乗せられない場合には、自宅葬は難しいかもしれません。

近隣環境への考慮

自宅で葬儀を行う場合、近所への配慮も必要です。棺や参列者が出入りするため、事前にご近所の方へお声がけをしておいたほうが無難です。また、参列者が多い場合には、駐車場を用意できるかなど、自宅周辺の環境も配慮しておきましょう。

様々な準備・作業に対する負担

自宅葬を行うと、一般的な葬儀場などで行う場合と比べてご自身で行わなければならない作業が増えます。

特に葬儀社を介さず、ご自身で自宅葬を行う場合には、準備や式の進行・片付けといったものは全て自分たちで行う必要があり、事前に十分な準備をしていなければ難しいでしょう。 その場合の準備内容については、次の項でご紹介しています。

葬儀社に依頼をする場合でも、自宅を会場にすることから準備と片付けは必要であり、葬儀場などで行う場合よりも多少の負担はあります。 これらを踏まえたうえで、自宅で葬儀を執り行うかどうかを検討しましょう。

ご自身で準備して自宅葬を行うなら

注意点のところでもご説明しましたが、自分たちで準備するとなると、かなりの手間と時間が必要となるため、終活という形で予め進めておかなければ現実的には難しいでしょう。
ただし、葬儀式場の利用料や葬儀社スタッフの人件費など、費用を節減できる部分は多く、一般的な葬儀と比べれば費用は安くなるでしょう。

葬儀社に依頼しない場合に必要な作業としては、

ご遺体の搬送(病院から自宅、自宅から火葬場までの2回)
死亡届の提出
・火葬場の予約、手続き
・安置用のドライアイス、防水シーツ
・棺の準備
・骨つぼの準備
・納棺
遺影写真の準備

など、ざっと挙げるだけでもたくさんあります。
あくまで無宗教葬の場合を想定したものであり、僧侶をお呼びして経を読んでもらうのであれば、枕飾りなどの物品も必要となります。お亡くなりになってから、上記の物品を揃えるのは大変ですので、予め用意しておく必要があるでしょう。

さらに、棺のスペースの確保や、ご遺体の保全を十分に行えるかなどの問題がありますので、自身で準備する方法はあまりおすすめできません。

葬儀社に依頼して自宅葬を行うなら

自宅葬を執り行う際には、葬儀社に依頼して行うことで、様々な手続きや作業を任せられるため時間の節約や心身の負担を抑えることができます。葬儀社に自宅葬を希望する旨を伝えると、ほとんどの場合で対応してもらえます。

上記でも触れましたが、希望する葬儀の規模や内容と、部屋のスペースが合わないなどの理由で自宅葬が難しい場合があることを覚えておきましょう。

依頼することが決まったら、次に葬儀内容も併せて検討します。自宅葬と言っても様々な形式が考えられます。例えば、葬儀内容は一般的なもので場所が自宅という場合や、自宅にご遺体を安置して火葬のみを行う場合などです。

このコラムを書いている「小さなお葬式」では、自宅葬として各葬儀プランをご依頼いただくことが可能です。多くの方が自宅葬に選ばれている2つの葬儀プランの説明と共に、どのような方に適しているのかをご紹介しますので参考になさってください。

もちろん、葬儀に必要となる様々な準備は「小さなお葬式」が行いますので、故人を見送ることに専念していただくことができます。

家族葬プラン

家族葬とは、家族や親しい方を中心に執り行う葬儀で、一般的な葬儀と同じく通夜式や告別式、火葬を行います。
儀礼的な弔問などをなくし、一般的な葬儀を小規模にした内容であるため、自宅葬に適した葬儀プランであると言えるでしょう。各儀式で必要となる物品やサービスを含んでいます。

■このような方に適しています
・一般的な葬儀を自宅で行いたい
・親しい方のみをお呼びする予定だ
・自宅や駐車場のスペースを確保できる


小さなお葬式の家族葬

火葬式プラン

通夜式や告別式などの儀式を執り行わず、火葬のみ行います。お亡くなりになった後、出棺までご自宅で安置します。上記の家族葬プランに比べて、必要な物品やサービスが少ないため費用を抑えることができます。

■このような方に適しています
・故人が高齢で呼べる方が少ない
・なるべく費用を抑えたい
・宗教儀式にあまりこだわらない


小さなお葬式の火葬式

「小さなお葬式」は、従来の分かりにくい「葬儀」の価格と内容を見直した、定額・低価格の葬儀プランをご提供しております。

「葬儀の経験や知識がなくて不安…」「対応品質の高い葬儀社に任せたい」とお考えであれば、他社に葬儀をご依頼済みの方、病院で葬儀社を紹介された方も、「小さなお葬式」にご相談ください。全国どちらの地域でも対応しております。

お葬式について分かりやすくまとめた、「小さなお葬式」の無料資料をご用意しています。資料の送付方法は、メール・郵送からお選びいただけます。

4.6/5
評価数(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 永代・散骨・お墓
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 香典の後返し