寺院までのご遺骨の郵送について│納骨・供養のことなら「小さなお葬式の永代供養」

日本一選ばれている定額葬儀ブランド「小さなお葬式」
文字サイズ
  • 小
  • 大
0120-306-335
永代供養

ご遺骨の送り方

ご依頼後のご遺骨の持ち込み方法についてご案内いたします。
永代供養をお申込みいただいた後、ご納骨先の寺院からお客様に、ご遺骨の持ち込み方法(持ち込み/ゆうパックにて郵送)の確認や日程の打ち合わせに関するお電話をいたします。

ゆうパックでの郵送をお選びいただいた場合、以下の手順に沿ってご遺骨を梱包していただき「ゆうパック発払い」で対象の発送先へ郵送して下さい。

  • ※寺院によっては、ご遺骨を郵送でお受け取りできない場合もございます。その場合はお持込のみとなります。
  • ※郵送の場合、送料はお客様負担となります。

ご用意いただくもの

ダンボール箱 骨壷を余裕をもって入れられる大きさのダンボール箱をご用意ください。

ガムテープ 骨壷の蓋やダンボール箱を塞ぐのに使用します。

油性マジック 骨壷に故人様の名前を記入していただくために必要です。

緩衝材(新聞・タオル等) 骨壷とダンボールの隙間に詰めるために必要です。

ご遺骨の梱包方法

1 骨壺の水抜き

お墓や納骨堂に収められていた骨壷の場合、中に雨水などが溜まっている場合がありますので、骨壷を傾けて水抜きをします。
蓋が開いてご遺骨がこぼれないように注意しましょう。
自宅安置されていた場合や、火葬後、間もない場合は必要ありません。

2 蓋をテープで止めます。

骨壷の蓋が開かないように、テープで蓋を止めます。

3 故人様の名前をご記入ください。

骨壷、または、ご遺骨の入れ物に故人様のお名前をご記入ください。
(テープ等にご記入の上、貼っていただいてもかまいません)

4 骨箱もしくはダンボールに入れます。

骨箱があれば、箱に戻します。
骨箱がなければ、そのままダンボールに入れます。

5 箱の底にタオルを敷きます。

お墓や納骨堂から出したご遺骨は、水分が漏れやすいため、水抜きした後でも、必ずタオルや布を骨壷の下に敷いてください。

6 段ボール箱に骨箱を詰めます。

骨箱(骨壷)を入れ、ダンボール箱と骨箱(骨壷)との隙間に緩衝材(新聞やプチプチ)を詰め、隙間がないようにしてください。

7 埋葬許可証または改葬許可証を同梱します。

埋葬許可証または改葬許可証の原本を中に同梱してください。
※こちらは申込み後の必要書類一式となりますので、必ず原本を入れてください。

8 ガムテープで梱包し、発払いで発送します。

ガムテープでしっかり梱包をしてください。ダンボール箱の横に持ち手穴が開いておりましたらそちらもふさいでください。
発送は「ゆうパック」の発払い(送料はお客様負担)で発送してください。

※送付先は、申込用紙の返送と入金完了後に弊社よりご連絡いたします。

ご遺骨の発送方法

「ゆうパック発払い(送料はお客様負担)」での発送をお願いします。
送付状の品名欄には「陶器」とご記入ください。

ご遺骨の発送に関しましては、「ゆうパック発払い(送料はお客様負担)」のご利用をお願いしております。
ご遺骨を「ゆうパック」でお送り頂くこと自体は違法ではございませんのでご安心下さい。

  • ※送付先は申し込み用紙の返送と入金完了後にご連絡いたします。
  • ※発送の送料はお客様負担になります。
  • ※運送業者の不測の事故等には私どもでは責任をとる事ができませんので、何卒ご了承くださいませ。
0120-306-335
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨