通夜式-「小さなお葬式」の葬儀・葬式のご依頼件数は累計10万件

キャンペーンコードから早割を申込む
文字サイズ

葬儀・お葬式の流れ

【一般的なお葬式の流れ】

通夜式

通夜式の流れ

通夜式の流れ

通夜式の席次、席順

祭壇を中心として、右側が喪主、遺族、親族の席になります。祭壇に近い上座ほど故人様と縁が深かった人が座ります。
逆の左側は、世話役代表が最も祭壇寄りの上座となり、その後、友人→知人→職場関係の人が順に座ります。
一般弔問客の場合は末席に座ります。

通夜式の席次、席順

弔問客の受付

弔問の受付は通夜式開始の30分くらい前から開始します。
受付を始めたら、香典を受け取り記帳をお願いします。香典を即日返しにする場合は、引換券等を渡します。
受付時間より早めに来られた弔問客には葬儀場・斎場か、控え室があればそこで待っていただきます。

僧侶を案内する

僧侶が到着したらまず控え室に案内します。お茶と茶菓子を出しましょう。
通夜式の始まる前に、喪主と世話係は僧侶に挨拶します。その際、葬儀社・葬儀屋も交え、進行の打ち合せをします。

僧侶読経

通夜式開始の時間になったら僧侶に読経をお願いします。
葬儀場・斎場に案内されて僧侶は入席し、祭壇前に座って読経を始めます。通常30~40分ほど読経をしていただきます。読経後には僧侶が説教法話をすることもあります。

焼香を行う

読経が終わると、僧侶がまず焼香をします。その後、僧侶から [ご焼香をどうぞ」と合図がありますので、喪主→遺族→近親者→友人→知人→一般弔問客と、故人様と縁が深い順に焼香をしていきます。
自宅で祭壇の間が狭かったり、参列者が多くて仏前への出入りに無理がある場合には、「回し焼香」にします。社葬など特別な場合は葬儀委員長から始めます。
また、読経が長いときや参列者が多いときは、読経の途中で焼香が行われることもあります。

僧侶の退場

焼香と法話が終わると、僧侶が控え室に退場して通夜式は終わりです。

喪主の挨拶

僧侶が退場した後、喪主は遺族を代表して弔問客に通夜に参加いただいたことのお礼、故人様に対する生前の厚諠(こうぎ)を感謝し、手短に挨拶します。
その後、喪主は僧侶の控え室に行き、御礼の挨拶をし、明日の葬儀・葬式の時間などの確認をして、僧侶を通夜振る舞いの席に案内します。
僧侶が出席できない場合は、お布施とは別に「お膳料」を渡します。寺院で通夜を行う場合は、僧侶へのもてなしは必要ありません。

通夜振る舞い

弔問客に対する感謝のしるしの飲食接待です。弔問客は、よほどの事がない限り箸をつけなければなりません。通夜振る舞いの食事の時間は、せいぜい1時間程度で、適当な潮時だと思ったら、喪主か世話役がお開きの挨拶をします。
弔問客が帰る時には、遺族は席を立たずに黙礼し、見送ることはしません。
僧侶が出席する場合は、僧侶を一番上座に案内します。遺族・親族は末席に座ります。
弔問客が帰る時には、受付係は会葬礼状・返礼品を手渡しますが、香典を即日返しする場合には、その品物を渡します。

深夜・早朝でもご遠慮なく、疑問や不安の解消にお役立てください

資料請求・事前相談だけでも葬儀費用が5,000円割引!

24時間365日対応・通話無料

無料資料請求はこちら 詳しい資料を郵送やメールでお届け

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方 最短30分でお迎えにあがります

コールセンターいいざわ

コールセンターしばやま

エリアから葬儀・葬式の対応地域を探す

東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国・四国地方
九州地方
  • お葬式
  • 永代・散骨・お墓
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 相続