葬祭費・埋葬費の給付制度-「小さなお葬式」の葬儀・葬式の実績は年間24,000件

文字サイズ

2年以内に申請すると給付金が貰えます。

給付金の対象者

・各種保険に加入している方が亡くなった場合、葬儀を行った人(施主)に支払われます。
・保険の加入者であればどなたでも受け取ることは可能です。

故人様が国民健康保険に加入している場合

国民健康保険または後期高齢者医療制度の加入者が亡くなられた場合、葬儀を行った方に1万~7万円が支給されます。

国民健康保険加入の方 10,000~70000円(自治体により異なる)
後期高齢者保険加入の方 10,000~70000円(自治体により異なる)
問い合わせ先 故人の住民票のある市区町村役場の国民健康保険課
申請期限 亡くなられた日から2年以内

故人様が社会保険に加入している場合

社会保険の被保険者が亡くなった場合、埋葬を行う方に対し埋葬料または埋葬費が給付されます。

被保険者の家族が埋葬した場合 50,000円
被保険者の家族以外が埋葬した場合 50,000円を上限に埋葬にかかった実費分
被扶養者が死亡し埋葬した場合 50,000円
問い合わせ先 加入している所管の保険事務所
申請期限 亡くなられた日から2年以内

故人様が国家公務員共済組合に加入している場合

国家公務員共済組合の被保険者が亡くなった場合、埋葬を行った方に対し葬祭費が給付されます。

国家公務員共済組合加入の方 各組合により異なる
問い合わせ先 加入している各共済組合
申請期限 亡くなられた日から2年以内

給付金支給の流れ

給付金支給の流れ

葬祭の費用は安いものではありません。詳しくは各申請先の窓口にお問い合わせください。ご不明な点がありましたら、小さなお葬式の葬儀・葬式の専門スタッフがお答えしますので、無料ご相談窓口までご連絡ください。葬儀費用のご負担軽減の為にも申請を忘れないようにしてください(請求手続きをしないと受給できません)

エリアから葬儀・葬式の対応地域を探す

東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国・四国地方
九州地方
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨