一日葬について分かりやすくご説明します-「小さなお葬式」のご依頼件数は累計10万件

文字サイズ

最近、都市部で注目されている一日葬について、
「一日葬とは」「メリットとデメリット」「一日葬のマナー」等を
わかりやすくご紹介しております。

  • 一日葬とは
  • メリット・デメリット
  • 一日葬のマナー

一日葬とは

一日葬は、近年増えてきている葬儀スタイルですので、実際にどんな葬儀か理解している方は少なく、どんな葬儀をするのか疑問に思われている方も多いです。ここでは一日葬の基本的な事を説明します。

一日葬の説明

一日葬とは、通夜を行わず1日だけで告別式と火葬を行う、新しいお葬式のスタイルです。

通常、お葬式は通夜から葬儀・告別式まで2日間かけて行われますが、一日葬は、これを1日で済ませてしまおうという葬儀スタイルです。「ワンデーセレモニー」「一日葬儀」などと呼ばれることもあり、都市部を中心に行われる方が増えてきています。

お通夜を行わないので一般のお葬式よりも葬儀費用を抑えられ、喪主やご家族の体力的な負担の軽減や時間の短縮が可能です。

一日葬が最近人気を集めている大きな理由は、お通夜を省略することです。従来は通夜・告別式と2度行なっていた式が、一日葬では告別式のみとなるため、遺族への負担が軽減されます。

一日葬が選ばれる主な理由として、以下のものがあげられます。
  • 最低限の葬儀をなるべく費用をかけず済ませたい
  • 一般の葬儀では、スケジュールや体力的に難しい
  • 呼べる人は少ないが身内だけで葬儀は行いたい

一日葬の流れと手順

一日葬は遺族への身体的、精神的、経済的な負担が軽減されるという意味でも今後ますます注目される葬儀スタイルといえるでしょう。
ここでは、一日葬(ワンデーセレモニー)の流れと手順をご紹介します。

  • 臨終
    病院の場合は、指示に従って退院の手続きをします。
  • 葬儀社、菩提寺、もしくは相談機関へ連絡
    死亡したことを葬儀社、菩提寺、相談機関に伝えます。
  • ご遺体の安置
    ご遺体を安置場所に搬送します。寝台車の手配、ドライアイスの処置、宗旨・宗派に応じた枕飾りは、葬儀社がやってくれます。
  • 葬儀業者との打ち合わせ
    一日葬の具体的な内容を決めます。葬儀の時間を決めて、どこの火葬場にするか、僧侶の手配をどうするか、無宗教にするか等を決めます。
  • 告別式日程の連絡
    近親者、菩提寺、知人・友人に、告別式の日程を連絡します。
  • 納棺
    ご遺体を整え、着替えを行い棺に納めます。
  • 葬儀・告別式
    宗旨・宗派に沿った宗教儀礼を行います。
  • 式中初七日法要
    本来はご逝去日から数えて7日目に行う法要です。近年は再度ご親戚の皆様が集まるのが困難との理由から、葬儀終了後に行う事が多くなっています。(地域によっては火葬後に行う場合もあり、状況によって行わない事もあります。)
  • 火葬
    出棺の際は、位牌・骨箱・遺影写真を持っていきます。火葬場に到着したら、火葬許可書を提出して、霊柩車からお棺を出し、炉前に運びます。
  • お骨上げ
    火葬場でのお骨上げの時間まで、休憩したり料理を食べたりして、時間を待ちます。係員の指示に従って、お骨上げを行います。火葬場では骨箱のほかに、埋葬許可証を渡してくれますので、確認して受取ります。
  • 一日葬とは
  • メリット・デメリット
  • 一日葬のマナー

エリアから葬儀・葬式の対応地域を探す

東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国・四国地方
九州地方
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨