葬式の追加料金について-「小さなお葬式」の葬儀・葬式の実績は年間24,000件

文字サイズ

葬式が不透明だと言われる理由

今までの葬儀業界は一生に数回という事実を背景に、お葬式の価格設定は非常に不透明なものにしてきました。
この葬儀業界特有のシステムが「パック料金」です。よくホームページやチラシなどに、「お葬式50万円プラン」などと書かれていますが、ほとんどの場合この金額で葬儀・葬式ができることはありません

例:火葬10万円プラン

これだけでお葬式ができるって思いますよね?

これで葬儀[直葬]ができるようなイメージになっていますが、実態は記載のあるプラン料金(10万円)の倍以上もかかるプランになっており、設定された葬儀費用10万円からどんどん追加料金が加算されていってしまいます。

  • 寝台/霊柩車 1運行20kmとありますが、病院~安置所・安置所~火葬場と必ず2回の運行が必要です
  • 棺はあるけどご遺体はパジャマで棺に入れるのでしょうか。仏着とお布団は必要です
  • 遺体は腐敗(通常ドライアイスで腐敗の防止)する為、ドライアイスが必要です
  • 火葬費用は実際いくらかかるのでしょうか
  • 火葬場の予約、火葬を行う為の役所手続きは自分で行うのでしょうか?
  • お別れ用花束は自分で用意するのでしょうか?
  • 自宅で安置ができない場合は、どうすればいいのでしょうか?

葬儀・葬式に関する知識がなければ、このような疑問をもつことはないと思います。こういったことから葬祭のサービスはよくわからない、不透明だ、葬儀費用が不安だと言われる理由となっています。

■直葬のプランを例にしたサービス内容と金額の比較表をご確認ください

直葬プラン比較

実際比較表にしてみると「小さな火葬式」以外の葬儀社・葬儀屋は直葬プランに必要な物品・サービスが不足していることがよくわかりますね。これでは必ず追加料金が発生してしまいます。

では「小さな火葬式」プランのように直葬を行うに当たって本当に必要な物品・サービスを追加した場合の金額を見てみましょう。

直葬プランお値段シミュレーション

表記金額とは全然違う金額になってしまいました。これは本当に必要な物品・サービスを削り値段を安くみせかけてお客様を獲得しようという方法です。プラン内容と金額を明確にしているか、会員になる必要があるのかなどの確認はとても大切なことです。あとから「追加料金」が発生して見積金額が跳ね上がってしまっては大変です。大切な方がなくなり、心に余裕が持てない状態で、かつ時間がない時にこうなってはどうしようもありません。

小さなお葬式はどのプランも葬儀に必要な物品・サービスは全て含まれており、プラン内容は全て明記しております。追加料金は一切発生しませんのでご安心ください。

小さなお葬式は全て追加料金0円の総額料金となっております。

式を行わず火葬のみ

小さな火葬式
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

通夜式を行いません

小さな一日葬
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

通夜式・告別式を行います

小さな家族葬
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

一般的なお葬式を行います

100名までのお葬式
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

早割

エリアから葬儀・葬式の対応地域を探す

東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国・四国地方
九州地方

直葬であれば火葬場の利用料、一日葬・家族葬・一般葬であれば斎場の利用料金、全体的には通夜式・告別式開始までのご安置料金などを複数の葬儀社・葬儀屋と比較するようにしてください。大切な方の葬祭を後から後悔することにならないように、事前に十分な比較検討が必要です。

  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨