葬儀の知識不足を理由に最後の別れを台無しにしないために

葬儀と喪主

2019年10月16日 21時55分

匿名希望

群馬県

葬儀前|ご挨拶文例

匿名希望

葬儀のときに喪主はどんな立場の人がするものなのか

1件の回答があります

たかはし

小さなお葬式

喪主を選ぶ方法がいくつかございます。

【遺言がある場合】
最たる影響力を持つのは故人様の遺言があるケースです。

【一般的な習慣で選ぶ場合】
また、一般的な習慣によって選ぶケースもございます。
その場合は、故人様の配偶者の方が喪主になる事が多いです。

【血縁関係から選ぶ場合】
次に配偶者の方が高齢であったり喪主を務めることが困難な場合は、血縁関係の深い方が優先されるケースもございます。
①長男②次男以降直系の男子③長女④長女以降直系の女子⑤故人の両親⑥故人の兄弟姉妹という優先順位になります。

【配偶者や血縁者がいない場合】
故人に配偶者や血縁者がいないのであれば、知人・友人や入所していた介護施設の代表者などが喪主を務めることもあります。

【喪主を一人に決められない場合】
喪主を1人に決められない場合、喪主を1人とする必要はありません。喪主は複数でも問題ありません。

最終的にはご遺族のお考えが重宝されることになると思います。

2019年10月16日 23時12分

この回答が役立った場合クリックしてください→

0

当サイトから無料のプレゼント
無料EBOOKをダウンロードする

キーワードから質問を検索する

質問する

同じカテゴリの質問一覧

ご遺族の方

葬儀と喪主

2019年10月16日

葬儀前|ご挨拶文例

1

0

ご遺族の方

挨拶

2006年09月20日

葬儀前|ご挨拶文例

4

6

「小さなお葬式の知恵袋」関連サービス

質問する

Q&Aカテゴリ検索

葬儀・法要の基礎知識

葬儀の知識

挨拶文例集

葬儀の用語集

関連サービス

当サイトはSSLを採用しており、送信される内容はすべて暗号化されます。詳しい情報はセキュアシールをクリックしてご確認ください。

プライバシーマーク
プライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。