小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法事の知識

■目次

法事とは

法事とは、亡くなった方を供養するために行われる読経などの「法要」と、その法要の後に行われる会食であるお斎(おとき)までを含めた一連の行事を意味します。
しかし最近では、法事も法要も同じように使われています。
法要は、故人の魂が極楽浄土へと成仏できるように願ったり、故人を偲ぶための機会として行われています。

法事の種類

法事には、日単位で区切られた中陰法要と、年単位で区切られた年忌法要があります。
亡くなられてから四十九日までの間は、七日おきに法要が存在しますが、現在ではあまり行われなくなった法要も数多くあります。
現在でも一般的によく行われている法要をいくつか種類を紹介してみましょう。

主要な法事・法要

初七日法要

本来は亡くなってから七日目に行われる法事でしたが、最近ではより多くの方に参加してもらえるようにと、葬儀の日と同日に行われるようになりました。
初七日法要の日に故人が三途の川に辿り着くとされていて、無事に渡れるよう供養する意味があります。

四十九日法要

四十九日目は、故人が極楽浄土へいけるかどうかが決まる日とされています。
この日に合わせて、位牌への魂を入れたりお墓へ納骨されることも多く、非常に重要な法要のひとつです。
ただし、宗派によっては故人が亡くなった瞬間に極楽浄土にいけるとされていて故人を偲ぶための法要となります。

一周忌法要、三回忌法要、七回忌法要、三十三回忌法要など

四故人の命日に行う年忌法要では、これらが一般的によく行われます。
年数が小さいほど、多くの方を呼んで行う傾向にあります。
年忌法要を行うタイミングは、亡くなってから満一年の一周忌、それ以降は数え年となり、三回忌であれば亡くなってから満二年となります。

弔い上げについて

故人の供養を終了とする弔い上げは、三十三回法要をもって区切りをつけることが一般的です。 場合によっては、五十回忌の場合もあります。

法事の施主・家族の方が準備、知っておくこと

僧侶の手配

法事の準備で、まず必要となるのが僧侶の手配です。
他の法事と重なってしまった場合、予定していた日から変更しなければならない可能性があります。
菩提寺がない場合には、僧侶の派遣サービスを利用するとスムーズに手配が進められるでしょう。

案内状

法事への案内状は、多くの方に参加していただくためにも、会食の手配を進めるためにもなるべく早めに出すようにしましょう。
目安としては、一か月前には案内状を送るようにしましょう。

お斎、精進落とし

こちらも案内状と同様に、人数が確定次第なるべく早めに予約を入れるようしましょう。
法事で利用するお店を調べるときには、飲食店検索サイトで「法要」や「仏事」と検索すると容易に見つけることができます。

引き出物(引き物)

参列していただいた方からの香典のお礼に、引き出物を用意しなければなりません。
一般的には、金額は4,000円程度で、消耗品である石鹸やお茶などが引き出物として用意します。

お布施

読経していただいた僧侶にお布施の用意が必要です。
相場では30,000円程度ですが、そのほかお車代やお膳料も必要となることがあります。
また、お布施を包む封筒への表書きには「お布施」、「読経料」と書くのが一般的です。

四十九日の法事で必要なこと

四十九日法要では読経のほか、位牌や仏壇、お墓に関する手配なども必要となります。
それぞれの手配、準備には時間を要するので、こちらも早めに進めましょう。
また、お墓への納骨以外にも、海や山への散骨や永代供養などの供養方法もありますので、一度目を通しておくとよいでしょう。

法事の流れ

多くの法要に当てはまる法事の流れをご紹介します。

  1. お寺や自宅などの法要を行う場所へ集まる
  2. 着席後、僧侶による読経
  3. 焼香を行う
  4. 僧侶による法話など
  5. お斎とその前後に施主の挨拶
  6. 参列者に引き出物を渡す
  7. 解散

四十九日の場合には、「4」と「5」の間に納骨を行います。

法事の参列者の方が準備すること

香典

法事の際には香典という形で現金を包みます。
金額は故人との関係性により異なりますが、親族であれば30,000~10,0000円。
知人や仕事関係であれば5,000円~10,000円が相場
です。
香典袋の表書きは、宗教や宗派によって異なります。

供物

上記の香典以外にくわえ、供物とよばれるお供えする物も贈ることもあります。
宗教によって持っていくべきものが変わりますが、仏教であれば、
線香やろうそく、果物などが一般的です。

法事での服装

男性の服装

着用する物のうち、ワイシャツのみが白で、他の喪服のスーツやネクタイ、靴下、靴は黒色となります。
ベルトなどの小物では、革製品や目立つようなものは着用しないようにしましょう。

女性の服装

着用する物は全て基本的には黒色で、喪服のワンピースやスーツを着用しましょう。
小物も黒で統一し、アクセサリーは結婚指輪やパール、オニキスであれば身に付けても問題ありません。

子供の場合

基本的には学校指定の制服であれば失礼とはなりません。
制服がない場合は、黒や紺などの落ち着いた服装を心がけます。

施主側と参列者側の服装の違い

施主側も参列者側も基本的には喪服を着用しますが、施主側は七回忌、参列者側は三回忌をもって、喪服ではなく平服(ダークスーツ)でも問題ないとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引