四十九日法要のよくある質問詳細-「てらくる」は法事・法要の寺院手配が50,000円!全国対応、追加料金不要、宗派指定無料

日本一選ばれている葬儀ブランド「小さなお葬式」
文字サイズ
  • 小
  • 大
0120-968-091
てらくる

四十九日法要のよくある質問

四十九日の意味は何ですか?
人が亡くなって命日を基準として7日ごとに行う中陰法要の始めの7日目を初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)と続いて、七七日が中陰法要の最後の法要、すなわち四十九日にあたります。 この49日間に残された遺族の別れの悲しみが癒され、落ち着いて亡くなった人の死と向き合える期間なのです。 また、仏教には「四有」という考え方があります。 「生有」…人が生まれる事 「本有」…生まれてから死ぬまでの間 「死有」…人が死ぬ事 「中有」(中陰)…死んでから次の生に向かうまでの間 この「中有」にあたるのが四十九日です。

四十九日法要に関するその他の質問

recole-リコレ-

  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓