エンディングノートの正しい書き方をご紹介。もれなくエンディングノートをプレゼント!|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

終活のコラム

終活

作成日:2016.02.19  更新日:2017.10.03

エンディングノートの正しい書き方をご紹介。もれなくエンディングノートをプレゼント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンディングノートの正しい書き方をご紹介。もれなくエンディングノートをプレゼント!

この記事は小さなお葬式が書いています

エンディングノートとは、ご自身の終末期や死後に、家族が様々な判断や手続きを進める際に必要な情報を書き残すためのノートです。

例えば、資産や葬儀に関することなどの、ご自身の希望が主なものです。ただし、遺言書のように法的効力は持たないため、遺産や相続に関することを記述する場合には注意が必要です。この記事では、終活の定番となったエンディングノートに書き留める内容、メリットや注意点を交えながら詳しくご紹介します。

記事の最後にはエンディングノートの無料プレゼントもあります。ぜひ最後までご覧ください。


<目次>
・エンディングノートの正しい書き方
・エンディングノートに書き留めること一覧
├ 自分のこと
├ 資産のこと
├ 身の回りのこと
├ 家族・親族のこと
├ 友人・知人のこと
├ 医療・介護のこと
├ 葬儀・供養のこと
└ 遺言のこと
・エンディングノートの無料プレゼント

エンディングノートの正しい書き方

エンディングノートを書いておくことで、残された家族は様々な決め事や手続きを進めやすくなります。資産のことや葬儀内容をはじめ、解約しなければならないサービスのことや、供養方法、家族へのメッセージなど、記入することは様々です。

エンディングノートは、亡くなる前後に役立つだけでなく、家族にとっては大切な形見にもなります。これから紹介する項目のほかにも、ご自身で自由に追加・変更することもできます。

エンディングノートの全ての項目を埋めるのは大変ですので、ご自身が必要と感じるものから書き込んでいくのがおすすめです。

エンディングノートに書き留めること一覧

エンディングノートへ書き残しておくことを、カテゴリーごとにいくつかご紹介します。 ご自身が分かっていても、家族が把握できていないことも多くありますので、その点を意識しながらご覧ください。

自分のこと

・本籍地
・運転免許証
・健康保険証やパスポートの保管場所
・住民票コード
・マイナンバー

資産のこと

預貯金

・銀行名や口座番号、ネットバンキング用のIDなど
・公共料金やクレジットカードなどの自動引き落としの情報

年金

・基礎年金番号や加入した年金の種類などの公的年金に関すること
・企業年金や個人年金などの私的年金に関すること

資産

・有価証券やその他の金融資産
・不動産に関すること
・骨とう品や貴金属などの資産価値があるもの
・貸金庫やトランクルームなどの有無
・貸しているお金

借入金・ローン

・借入先名や返済方法、担保の有無など
・借金の保証人などの保証債務

クレジットカード

・カード名称やホームページ用ID、紛失時の連絡先
・電子マネーやポイントカード

保険

・加入している保険会社名と種類、商品名

☞ポイント
資産に関することを記入する際には、くれぐれもエンディングノートの紛失を想定したうえで記入しましょう。
例えば、銀行口座の暗証番号、クレジットカード番号などを全て記入すると、不正利用の恐れがあります。あくまで、家族に存在を伝えられる範囲の情報としましょう。

身の回りのこと

携帯電話・パソコン

・携帯電話の契約終了時等の連絡先
・パソコンのプロバイダ名、メールアドレス
・ホームページのID

☞ポイント
インターネットのサービスについてはログイン情報だけでなく、アカウントを残すか退会するのか、投稿してほしいメッセージなども付け加えておくとよいでしょう。

家族・親族のこと

家族・親族の一覧

・現在の家族や自身の親や兄弟の続柄、連絡先
・同居していない家族や養子の有無など
・相続の際に使用する親族表

友人・知人の一覧

・学生時代や職場の方の連絡先
・葬儀への参列希望の有無

☞ポイント
作成する機会の少ない親族表ですが、万が一の際のスムーズな連絡や、相続人と相続順位の把握に役立ちます。また、古い友人への連絡先が現在も有効であるか、この機会に確認しておきましょう。

医療・介護のこと

病院やお薬

・かかりつけの病院名や電話番号
・常用している薬
・持病やアレルギーの有無

告知・延命処置

・重病を患った際の治療方針の決定者
・病名の告知について
・回復が見込めず死期が迫った場合の延命措置について
・臓器提供や献体登録の有無

介護

・希望する介護施設や内容
・介護内容の方針の決定者
・自分で財産の管理ができなくなった時にお願いしたい人

☞ポイント
告知や延命処置、介護の希望する内容については、いざという時にご自身と家族の意見が異なることがないよう、一人で決めずに家族や親しい方に相談のうえ記載するようにしましょう。

葬儀・納骨のこと

葬儀

・希望する葬儀内容
菩提寺の名前や連絡先、宗派
・喪主になってほしい人
・葬儀に呼んでほしい人
遺影写真に使ってほしい写真

納骨

・希望する納骨方法
・お墓の所在地や連絡先、墓地の使用権者
・お墓を継承してほしい人

☞ポイント
葬儀の内容については、家族だけで行ってほしいという希望や、できる限り費用を抑えて他のことに使ってほしい旨などを記入します。
葬儀の知識があまりないという方は、「小さなお葬式」のパンフレットに葬儀の流れや必要なものなど、詳しい説明を記載していますので参考にご覧ください。
ご遺骨の供養方法については、お墓だけでなく、海洋散骨や永代供養など様々な方法があります。それらの内容についても、エンディングノートと併せてお送りするパンフレットでご確認いただけます。



遺言のこと

遺言書

遺言書作成の有無
・遺言書の保管場所と遺言書の種類(自筆証書、公正証書、秘密証書)
・遺言書作成時に相談した専門家の連絡先

相続

・誰に何を相続させるか

☞ポイント
遺言書の有無は、遺産分割協議を行うかどうかを決める重要な情報となりますので、しっかりと明記しましょう。

エンディングノートには遺言書としての法的な効力はありません。エンディングノートへ記載するのは、「家族が参考にするためのもの」と認識したうえで記載しましょう。法にのっとった遺産相続を希望するのであれば必ず、遺言相続を行いましょう。

『相続の窓ぐち』では、遺言書だけではなく、残された家族が円滑に相続をできるようにその分野の専門家がサポートいたします。

エンディングノートへ記載しておきたい項目を一気にご紹介しましたが、これらを一通り書くことができれば、家族の負担を減らせるだけでなく、ご自身のこれまでの人生を振り返る良い機会にもなることでしょう。

エンディングノートの無料プレゼント

「小さなお葬式」は、全国対応・追加料金不要の家族葬プランを提供しています。おかげさまで、お葬式ご依頼実績累計10万件を突破いたしました(2017年3月)。

小さなお葬式の無料資料をご請求いただいた方全員にエンディングノートをプレゼントしています。ご自身に合った葬儀プランをご検討いただくとともに、エンディングノートをご活用ください。


この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨