死亡後手続きまとめ|大切な家族が亡くなったらするべきこと|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2017.09.04  更新日:2017.10.26

死亡後手続きまとめ|大切な家族が亡くなったらするべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡後手続きまとめ|大切な家族が亡くなったらするべきこと

この記事は小さなお葬式が書いています

大切な家族との別れは辛いことです。深い悲しみの中でも、遺された家族がやらなければならない手続きや届け出がいくつかあります。この記事では、ご家族が亡くなった時、遺族が行う基本的な事務手続きについてご紹介します。

臨終後ただちに行わなければならない手続き

死亡診断書の受け取り

ご家族が亡くなったら、まず医師から死亡診断書を受け取ります。死亡診断書は今後の様々な手続きに必要となる書類です。決して無くさないように、できれば何枚かコピーを取りましょう。

なお、病院で亡くなった場合には、その場で死亡診断書が発行されますが、ご自宅など病院以外の場所で亡くなった場合には、すぐに書類を受け取ることができません。検視など、死因特定に必要な手続きを経て、死亡診断書に代わる死体検案書が発行されます。

死亡届と埋火葬許可申請

死亡診断書を受け取り、ご遺体を安置場所へ搬送したら行わなければならないのは、死亡届と埋火葬許可申請の提出です。
この2つは通常同時に手続きするもので、どちらも提出期限は7日以内です。しかし、埋火葬許可証がないと埋葬・火葬を行うことができません。葬儀後ご遺体を火葬場に運び、火葬する流れになりますので、死亡届と埋火葬許可申請書の提出は、実質的に葬儀前に済ませておかなければならない手続きであることを頭に入れておきましょう。

提出先は、故人が死亡した場所、故人の本籍地、届出人の所在地のいずれかの市区町村役場窓口です。届出人の署名は親族が行う必要がありますが、提出は必ずしも親族でなくて構いません。葬儀社が提出の代行をしてくれるケースが多いです。

ちなみに、埋火葬許可書は厳密には、火葬を行うためのものが「火葬許可証」、埋葬(土葬)を行うためのものが「埋葬許可証」ですが、現代の日本においては99%以上が火葬です。火葬許可証は、火葬を行う際に必要になります。火葬が終わると執行したことを証明する印が押され、遺骨と一緒に渡されます。その用紙は遺骨をお墓に埋蔵するとき必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

死亡後必要な手続き

なるべく早く行うべき公的手続き

死亡届の提出以外にも、葬儀後、年金や健康保険関係など、役所や会社を通してやらなければならない公的手続きがいくつかあります。主なものを下記に挙げましたので、確認して該当する手続きを行ってください。

●年金受給停止の手続き(国民年金は14日以内)
●介護保険資格喪失届(14日以内)
●住民票の抹消届(14日以内)
●世帯主の変更届(14日以内、故人が世帯主であった場合)
●雇用保険受給資格者証の返還(1ヶ月以内、故人が雇用保険を受給していた場合)
●所得税準確定申告・納税(4ヶ月以内、故人が自営業または年収2,000万以上の給与所得者の場合)
●相続税の申告・納税(死亡日の翌日から10ヶ月以内、相続財産が基礎控除額以上の場合)
●国民年金の死亡一時金請求(2年以内)
●埋葬料請求(2年以内、健康保険加入者の場合)
●葬祭料・家族葬祭料請求(葬儀から2年以内、船員保険加入者の場合)
●葬祭費請求(葬儀から2年以内、国民健康保険加入者の場合)
●高額医療費の申請(対象の医療費支払いから2年以内、70歳未満の方で医療費の自己負担額が高額の場合)
遺族年金の請求(5年以内)

生命保険・名義変更・相続など

公的手続き以外にも、各種名義変更や民間の保険関係などの手続きがあります。相続については、遺産分割が難航しそうな場合、相続税申告の期限までタイトなスケジュールとなりますので、先延ばしにせず取り掛かりましょう。

●遺言書の検認(遺言書が公正証書でない場合)
●相続放棄(3ヶ月以内、相続財産をすべて放棄する場合)
●生命保険金の請求(2年以内、生命保険に加入していた場合)
●不動産の名義変更(相続確定後)
●預貯金の名義変更(相続確定後)
●株式の名義変更(相続確定後)
●自動車所有権の移転(相続から15日以内)
●電話の名義変更または解約
●公共料金の名義変更または解約
●クレジットカードの解約(相続確定後)
●運転免許証の返納(死亡後速やかに)
●パスポートの失効手続き(死亡後速やかに)

葬儀について

通夜・葬儀など、故人を見送るための儀式も、ご遺族が行わなくてはならないことのひとつです。「葬儀」には、盛大にする場合から身内だけで見送るケースまで、様々な形があります。ご家族の希望する式が行えるよう、段取りを進めましょう。

葬儀関連で決めること

まずは、葬儀社を決めるところからです。葬儀社が決まれば、葬儀の日程、会場、式の規模、予算、参列者の数、案内状のこと、ご僧侶のことなど、葬儀社のサポートに従って決めていきましょう。

亡くなる前に葬儀社を決めて相談をしておけば、慌てることなくご遺体の搬送や安置場所についても前もって打ち合わせ、任せることができます。最近では、「お葬式に呼ぶ方が少ない」「家族でゆっくり見送りたい」といった理由で、お身内で小規模に執り行う「家族葬」を選ぶ方が増えています。

「小さなお葬式」では、ご家族や友人・知人で行う「家族葬」の葬儀プランをご用意しております。プラン料金には必要なものをすべて含んでおり、追加の費用がかからないためご安心いただけます。ここでは、小さなお葬式の葬儀プランの一例をご紹介します。

「小さな家族葬プラン」は、税込48.8万円(資料請求割引価格)でご案内しています。参列が30名以内程度のご葬儀を予定されている場合にお勧めです。葬儀の流れは、一般的な葬儀と同じように通夜式・告別式を行います。

小さなお葬式の家族葬

参考:小さな家族葬プラン

また、通夜式・告別式を行わない、火葬式直葬(ちょくそう)と呼ばれる形式の葬儀も選ばれています。

「小さな火葬式プラン」は、税込18.8万円(資料請求割引価格)でご案内しています。なるべく費用を抑えたい、お呼びする方が少ないといった場合にお勧めです。

小さなお葬式の火葬式

参考:小さな火葬式プラン

「小さなお葬式」では、葬儀の流れや必要なことを分かりやすくまとめた資料をご用意しております。ご葬儀を検討されている方にとって役立つ内容となっておりますので、ご活用ください。


葬儀社を決めるタイミング

臨終時に葬儀社が決まっているか決まっていないかで、その後の段取りが大きく変わってきます。実際に亡くなられた後は想像以上に慌ただしく、冷静に物事を判断するのが難しくなります。死亡後だけのことを考えるなら、事前に葬儀社を決定し、ある程度のことを決めておくのが理想です。

しかし、人の死は突然訪れることもあります。病気療養中であっても、何より、まだ生きているのに葬儀のことを考えるなど、不謹慎と思われる気持ちもあるでしょう。葬儀社を決めるタイミングは、大変難しい問題ではありますが、現在の状況とその後のことを考え、いざというときに落ち着いて行動できる準備をしておかれることをお勧めします。

「小さなお葬式」では、どんな些細なことでも事前相談に応じています。葬儀を検討されている状況でしたら、お電話で24時間365日受け付けておりますので、いつでもご相談ください。資料は下記よりお取り寄せいただけます。


まとめ

身内が亡くなった後は、さまざまな手続きを行うため、役所に通ったり、関係各所へ連絡したりしなければいけません。家族で協力しながら、ひとつずつ進めていくようにしましょう。

この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • お墓・永代供養・納骨