お布施の渡し方-「小さなお葬式」の葬儀・葬式の実績は年間24,000件

文字サイズ

お布施の渡し方

お布施の表書き

お布施は、「お布施」など書かれた白い封筒に現金を入れて事前に準備しておきます。仏式、神式、キリスト教など宗教によってお布施の表書きは異なります。
お相手の方にご不幸事がある際、あまりの悲しみで力が入らないという意味や、悲しみの涙が硯に落ちて薄くなってしまったという意味から、御香典には薄墨を用います。しかし、お布施など宗教者へ包む場合には表書きに薄墨は使いません。
お布施を入れる封筒は、郵便番号欄や水引の無い、市販の白い無地のもの用います。二重封筒は「不幸ごとが重なる」といわれますので避けましょう。

仏式の場合

不祝儀袋は白無地のものか、白い封筒を使用しましょう。
下段には喪主のフルネームを書きます。初めてお付きする僧侶の場合は裏に住所・電話番号を記入します。
表書きに〇〇家と書いた場合は裏面にフルネームを書きます。
※金額は記入しません。

【仏式の表書き】お布施、御礼、読経料、御回向料(ごえこうりょう)

仏式の表書き

神式の場合

不祝儀袋は白無地のものか、白い封筒を使用しましょう。 下段には喪主のフルネームを書きます。初めてお付きする神官の場合は裏に住所・電話番号を記入します。
表書きに〇〇家と書いた場合は裏面にフルネームを書きます。
※金額は記入しません。

【神式の表書き】御祭祀料(おんさいしりょう)、御礼(おれい)、御神饌料(おんしんせんりょう)、御榊料(おんさかきりょう)

神式の表書き

キリスト教式の場合

不祝儀袋は白無地のものか、白い封筒を使用しましょう。 下段には喪主のフルネームを書きます。初めてお付きする神父・牧師の場合は裏に住所・電話番号を記入します。
表書きに〇〇家と書いた場合は裏面にフルネームを書きます。
※金額は記入しません。

【キリスト教式の表書き】献金、御礼

キリスト教式の表書き

僧侶にお布施をお渡しするタイミング

僧侶へのお布施は、読経終了後に挨拶やお礼を一言添えてお渡しください。
僧侶が法要後の会食(お齋)に同席される場合には会食の後にお渡します。

【挨拶例】
「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きありがとうございました。
おかげさまで無事葬儀を執り行うことができました。
些少ではございますが、お礼です。どうぞお納めくださいませ。」

お布施

お布施の渡し方

お布施は直接手渡すのではなく、切手盆と呼ばれる小さなお盆にのせるか、ふくさの上に置いて渡します。
渡す際は宗教者から見て正面になるように上下逆向きでお出しします。
自宅の場合はお盆の用意もできますが、他の場所で葬儀・葬式をする場合は、ふくさを使用します。

お布施の渡し方

ふくさのお布施の包み方

僧侶にお布施をお渡しする前に、ふくさで包んでおきます。 紫色のふくさを1つ用意しておけば、慶弔どちらにも使えます。
最近は、ケースタイプのふくさが主流となってきています。包む必要がなく、すぐに封筒を取り出せるという利点があります。

左側につめがくるようにふくさを開き、中央に不祝儀袋を置きます。
ふくさの右側を折ります。
ふくさの下を折ります。
ふくさの上を折ります。
残った左側を折って包み、つめをさして止めます。

式を行わず火葬のみ

小さな火葬式
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

通夜式を行いません

小さな一日葬
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

通夜式・告別式を行います

小さな家族葬
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

一般的なお葬式を行います

100名までのお葬式
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨