火葬式について分かりやすくご説明します-「小さなお葬式」のご依頼件数は累計10万件

文字サイズ

近年、都市部で流行の火葬式について、
「火葬式とは」「メリットとデメリット」「火葬式のマナー」等を
わかりやすくご紹介しております。

  • 火葬式とは
  • メリット・デメリット
  • 火葬式のマナー

火葬式・直葬とは

火葬式・直葬は、近年増えてきている葬儀スタイルですので、実際にどんな葬儀か理解している方は少なく、どんな葬儀をするのか疑問に思われている方も多いです。ここでは火葬式・直葬の基本的な事を説明します。

火葬式・直葬の説明

火葬式とは、通夜、告別式などの儀式を行わずに、
火葬だけで故人を送る葬儀の事です。

お葬式は本来、通夜・告別式・火葬という流れで執り行われるのが一般的ですが、最近は、葬儀に費用をかけたくない、高齢で亡くなったため呼べる親族・知人がほとんどいない、仏教離れにより儀式としての葬儀の重要性が薄れた、などの理由により、簡素な火葬式・直葬をする方が増えてきております。

火葬式・直葬は、経済的に余裕がない方、残された遺族に負担をかけたくない方にとっても、存在意義のある葬儀スタイルです。

火葬式・直葬であるからといって故人への思いや心がないというわけではなく、火葬式・直葬の際に僧侶にお経を読んでもらうこともできますし、心を込めて故人を送り出すこともできます。

火葬式・直葬は、通常の葬儀に比べて安価ですが、亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。なので、葬儀社への依頼が必要になり、ある程度の費用がかかります。

日本の法律では、死後24時間は火葬することができませんので、少なくとも翌日以降の火葬となります。その間、故人の遺体をどこかに保管しなければなりません。 病院では、ほとんどが翌日まで安置させてもらえないため、自宅や安置施設に搬送する必要があります。 遺族が最初に意思決定しなければならないのが、この安置の場所ですから、事前に考えておくことが必要です。

火葬式・直葬が選ばれる主な理由として、以下のものがあげられます。
  • もう高齢だから葬儀・葬式に呼べる人が少ない
  • 身内のみの少人数で故人を送りたい
  • とにかく葬儀・葬式を安い費用で済ませたい
  • 従来のお葬式の形式にこだわらない

火葬式・直葬の流れと手順

火葬式・直葬とは、通夜、葬儀・告別式などの儀式を行わずに、火葬だけで故人を送る葬儀の事です。
ここでは、火葬式・直葬の流れと手順をご説明します。

  • 臨終
    病院の場合は、指示に従って退院の手続きをします。
  • 葬儀社、菩提寺、もしくは相談機関へ連絡
    死亡したことを葬儀社、菩提寺、相談機関に伝えます。
  • ご遺体の安置
    ご遺体を安置場所に搬送します。寝台車の手配、ドライアイスの処置、宗旨・宗派に応じた枕飾りは、葬儀社がやってくれます。
  • 葬儀業者との打ち合わせ
    火葬式・直葬の具体的な内容を決めます。どこの火葬場にするか、僧侶の手配をどうするか、無宗教にするか等を決めます。
  • 納棺
    ご遺体を整え、着替えを行い棺に納めます。
  • 火葬
    出棺の際は、位牌・骨箱・遺影写真を持っていきます。火葬場に到着したら、火葬許可書を提出して、霊柩車からお棺を出し、炉前に運び火葬します。
  • お骨上げ
    火葬場でのお骨上げの時間まで、休憩したり料理を食べたりして、時間を待ちます。係員の指示に従って、お骨上げを行います。火葬場では骨箱のほかに、埋葬許可証を渡してくれますので、確認して受取ります。
  • 火葬式とは
  • メリット・デメリット
  • 火葬式のマナー

深夜・早朝でもご遠慮なく、疑問や不安の解消にお役立てください

資料請求・事前相談だけでも葬儀費用が5,000円割引!

24時間365日対応・通話無料

無料資料請求はこちら 詳しい資料を郵送やメールでお届け

ご危篤・ご逝去でお急ぎの方 最短30分でお迎えにあがります

コールセンターいいざわ

コールセンターしばやま

エリアから葬儀・葬式の対応地域を探す

東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国・四国地方
九州地方
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • お墓・永代供養・納骨