鳥が遺体を食べる葬儀!?チベットの「鳥葬(ちょうそう)」とは?|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

雑学のコラム

雑学

作成日:  更新日:2013.12.03

鳥が遺体を食べる葬儀!?チベットの「鳥葬(ちょうそう)」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥が遺体を食べる葬儀!?チベットの「鳥葬(ちょうそう)」とは?

この記事は小さなお葬式が書いています

by:lylevincent

今年11月にチベットの国家元首であり、
チベット仏教の最高指導者とされるダライ・ラマ14世が来日されたのをご存知だろうか。

チベット仏教の教えでは、すべての生きものは輪廻転生すると考えられており、
「ダライ・ラマ法王制度」も先代が没すると、
次の生まれ変わり(化身)を探す「輪廻転生制度」によって選定される。

ダライ・ラマ14世も2歳のときにダライ・ラマ13世の転生者として認定されたそうだ。

ちなみに生まれ変わりかどうかは、
先代の遺言、遺体の状況、聖なる湖の観察、
そして転生の候補者が先代の遺品を認識できるかどうかなどで判別するという。

そんな不思議な「転生」の国、チベットの葬儀について調べてみた。

ポピュラーな葬儀「鳥葬(ちょうそう)」とは

チベットで最もポピュラーな葬儀は鳥葬である。

11世紀にインドから伝わったこの鳥葬は、
多くの生命を奪ってそれを食べることによって生きてきた人間が、
死後の魂が抜け出た肉体を他の生命ハゲタカに布施として与えることで、
前世の罪を洗い流し天に還ることができるとされている。

その手順は、
①人が亡くなると、僧侶が来て読経し、死者から魂を抜き取る。
②遺体を街はずれの山かげにある鳥葬台に運ぶ。
③専門の鳥葬師により細かく裁断され、骨も石で細かく砕く。
④鳥が余すところなく食べつくす。

うーん、なんとも野性溢れる葬儀。
人工的な暮らしをしている我々日本人には伺い知れない世界だ。
ちなみに家族は葬儀の場には出向かないそうで、少し安心した。

チベットで鳥葬が一般的になった理由には気候条件がある。

火葬をしようにも、大きな木がほとんど生えないチベット高地では薪の確保が困難であり、
また、土葬にしようにも寒冷なため、微生物による分解が完全に行われない。

最も理にかなった方法が鳥葬というわけだ。

高僧は「塔葬」でミイラに

一方、ダライ・ラマなど特別な高僧は鳥葬ではなく、
「塔葬」というまた別の方法で葬られる。いわゆるミイラだ。

その手順は、
①まず死体によく塩をこすりつけ乾燥させる。
②それから大量の香料や貴重な薬物をぬる。
③霊塔のなかで僧の身体である法体(ほったい)を保存する。

ちなみにダライ・ラマ13世が亡くなった時、
塔葬によってミイラにすべく準備をしていると、
次に生まれ変わる場所を示す兆候が現れたという。

なんと南向きに安置してあったはずの顔が、
東向きに変っているのが二度も発見されたというのだ。

続いて首都ラサの東北側の柱に、星の形をした大きなキノコが突然出現。

瞬く間に「13世の転生者は、ポタラ宮殿の東側から現れる」という噂がラサの町中に流れた。
その後、捜索隊一行によって見つけられたラモ少年が今のダライ・ラマ14世である。

次期指導者を決める有力情報が「キノコ」であったとは。

星の形をしたキノコってどんなものだろう、一度見てみたい。

まとめ

我々日本人はとかく常識でものを考えがちであるが、
世界には全くもって我々とは異なる常識による文化があり、
グローバルスタンダードなどと叫ばれるいまなお、脈々と続いている。

その一端を「葬儀」という、
その土地の文化や気候との密接な関わりの中で成立した儀式を通して考えてみるのも、
なかなか興味深い。

ただし、鳥葬の画像検索をすることはおススメできない…

この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨