法事にお供え物は持参するべき?最適な品物とマナー|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

法事・法要のコラム

法事・法要

作成日:2014.10.10  更新日:2017.11.16

法事にお供え物は持参するべき?最適な品物とマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法事にお供え物は持参するべき?最適な品物とマナー

この記事は小さなお葬式が書いています

法事に出席する際、お供え物は必要かどうか、また用意するなら何が良いのかと悩みませんか?法事は親族が集まる機会ですから、マナーをおさえて失礼のないようにしたいところですね。この記事では、法事の際にはお供え物が必要なのか、最適な品物や渡す際のマナーについてご紹介します。

お供え物が必要かどうかは地域の慣習によって異なる

法事に参加する時、お供え物は必ずしも必要ということはありません。最近では品物ではなく、御供物料(おくもつりょう)として現金を包むことが一般的になっています。

地域や慣習、故人との関係によって異なりますが、目安として5千円~2万円程度で、1万円を包む方が多いようです。ただし、地域によっては供養の一つとして、お供え物を持ち寄り、最後に出席者全員で分け合うなど、出席する際にお供え物が必要なところもあります。出席する際には事前に周りの親族に確認しておくとよいでしょう。

最適なお供え物

お供え物には、かさばらないものが向いています。持ち運びがしやすく、お供え物を分けて持って帰りやすいためです。重たいものは避けたほうが無難です。

また、分配しやすいものも適しています。最初から小分け包装されているものであれば分けやすく便利です。食べ物ならば日持ちするものが最適です。

お供え物の例

一般的には食べ物がよく用いられます。酒類は飲まない方もいるので、選ぶ際には注意が必要です。また、肉や魚などの殺生を連想させるもの、バラなどの棘がある植物などは避けましょう。

●食べ物(果物・焼き菓子・かまぼこ・佃煮)
●消耗品(線香・ロウソク)
●飲み物(酒・お茶)
●花(胡蝶蘭やユリなどが一般的)

お供え物を渡す際のマナー

包装

お供え物を持参するときには、のし紙で包装します。四十九日前までは黒白の水引がプリントされているものを、四十九日後は双銀の結び切りの水引がプリントされたものを選びます。 表書きは「御供」や「粗供養」などとし、下段にご自身の名前を記します。購入時にお店で用意してもらえることもあります。

渡し方

お供え物をいきなり仏壇に供えることは避けましょう。まずは施主(遺族の代表者)に渡します。渡す際には「御仏前にお供えしてください」など一言声をかけるようにしましょう。

現金を包む場合

「御供物料」として現金を包む際、仏式であれば表書きは「御供物料」や「御仏前」とします。四十九日前であれば、「御仏前」ではなく「御霊前」を使います。ただし、浄土真宗ではどのような場合でも「御仏前」とします。水引は四十九日までは黒白、それ以降は黄白となります。

この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • お墓・永代供養・納骨