葬式で渡す香典の金額相場と表書き|仏式・神式・キリスト教式|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2014.03.03  更新日:2017.10.19

葬式で渡す香典の金額相場と表書き|仏式・神式・キリスト教式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬式で渡す香典の金額相場と表書き|仏式・神式・キリスト教式

この記事は小さなお葬式が書いています

香典には、故人への供養と、葬儀という急な出費に対する助け合いの意味があります。香典の表書きは、各宗教や宗派の考え方によって異なる部分があります。この記事では、香典の金額相場と、仏式・神式・キリスト教式の宗教ごとの香典の表書き・不祝儀袋の選び方やマナーについてご紹介します。

香典の金額相場

香典の金額は、故人との関係性や、ご自身の年齢・立場などによって変わります。一定の相場はあるため、機会の多いものについて一覧で紹介します。ただし、あくまでも目安であって、地域によって異なります。

▼職場関係者の場合
職場関係者の香典相場

▼親族の場合
親族の関係者の香典金額相場

▼知人等の場合
知人等の香典金額相場

また、複数人が合同で出す場合は事前によく相談しておくとよいでしょう。

各宗教の香典の表書き

香典の表書きは、どの宗教・宗派でも、不祝儀袋の水引(みずひき)の上に書き、送り主の氏名は水引の下に薄墨の筆ペンで記載します。薄墨で書くのは、涙が墨で薄くなるという意味があります。

水引は「結び切り」または「あわじ結び」のものを選びます。表書きはそれぞれの宗教によって異なるため、仏式・神式・キリスト教式・無宗教や分からない場合の書き方をご紹介します。

仏式の表書き

仏式の香典では、無地の熨斗(のし)袋に白黒の水引がかかっているもの、または蓮の花の絵が描かれた熨斗袋に、表書きは「御霊前」「御香典」「御香料」などと書きます。ただし、「御霊前」が使えるのは四十九日前までであり、それ以後の法事の際(四十九日、新盆、一周忌など)は「御佛前」「御仏前」を使用します。これは、故人が四十九日の後に仏の元に向かうという、仏教の教えによるものです。

浄土真宗だけは「御霊前」という言葉は使用せず、葬儀の際は「御佛前」「御仏前」と書きます。浄土真宗の教えでは、亡くなったと同時に仏になるものであり、仏様の前に供えると考えるためです。

仏式の葬儀・法事の表書き例

神式の表書き

神式の香典では、無地の熨斗袋に白黒あるいは双銀の水引がかかっているものを選び、表書きは、「御玉串料」「御榊料」と書きます。神式では葬儀後の法事として五十日祭や式年祭などを行いますが、その場合も上記と同じ表書きで問題ありません。

玉串とは参拝者や神職が神前に捧げるもので、榊(さかき)などの常緑樹の枝に紙垂(かみしで)を付けたものになります。神式の場合も宗派は多くありますが、それによって表書きが変わることはありません。

神式の葬儀・法事の表書き例

キリスト教式の表書き

キリスト教式では、ユリの花や十字架が描かれた熨斗袋、または無地の白い封筒を選び、表書きは「御花料」と書きます。キリスト教ではお香を供えるという概念がなく、香典という考え方がないため、弔慰金(ちょういきん)という名前で呼ばれます。葬儀後の法事として追悼ミサや記念集会を行いますが、その場合も同様に、表書きは「御花料」を使います。

また上記の表書きの他に、カトリックでは「御霊前」の表記が認められていますが、プロテスタントではこれを認めていないため、キリスト教でも宗派が分からない場合は、「御花料」と書いておくといいでしょう。

キリスト教の葬儀・法事の表書き例

無宗教・宗教が分からない場合

宗教者を招かない無宗教葬を行う場合や、故人の宗教・宗派が分からない場合は、無地の熨斗袋、または無地の熨斗袋に白黒の水引がかかっているものを選び、表書きは「御霊前」と書きます。

香典は、喪家の宗教や宗派に合わせて用意するのが丁寧とされているため、できれば参列前に喪家の宗教・宗派を確認し、どうしてもわからない場合のみ「御霊前」と書くとよいでしょう。

不祝儀袋の選び方

不祝儀袋は、包む香典の金額によって選ぶと丁寧です。目安は次の通りです。

・5千円以下:水引が印刷されている略式の袋。
・1~2万円:黒白、または双銀(水引が7~10本)の水引の袋。
・3~5万円:双銀の水引(10本以上)の袋。
・10万円以上:大判でひだ折りのある、高級和紙が使われている袋。


また、香典を包んだ際、裏側は上の折りを下の折りに被せるようにし、水引をかけるようにしましょう。

香典のマナーを知っておきましょう

香典は故人の供養・遺族への援助というふたつの意味を持つ、大切なものです。ただし、金額については、香典返しで遺族に負担をかけることもあるため、多ければいいというものではありません。

また、香典を渡す際に袱紗(ふくさ)で包んで渡す事がありますが、袱紗の種類は包む香典の金額によって最適なものがあるため、併せて袱紗の正しい包み方と手渡し方の記事をご一読ください。
香典を辞退された場合の対応についての記事もありますので、参考にご覧ください。

この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • お墓・永代供養・納骨