禅宗の葬儀-「小さなお葬式」の葬儀・葬式の実績は年間24,000件

文字サイズ

禅宗のご葬儀はお任せください

授戒と引導が中心の葬儀
臨済宗と曹洞宗は儀礼の細部に違いがありますが、どちらも授戒と引導が中心と考えられています。

「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」の葬儀の特徴

禅宗の葬儀では、故人に戎を授け正式の仏弟子にするための「授戒」と、仏の世界に導き入れる「引導」に中心が置かれています。禅宗の葬儀は行と徳を積んで深い境地に達した僧「尊宿」の葬儀法と、修行中に亡くなり尊宿までに至らなかった「亡僧」の葬儀法の2種に分けられ、在家は後者の葬儀法に準じています。臨済宗と曹洞宗は儀礼の細部に違いがあり、地方ごとの習俗でも違ってきます。

「禅宗」仏壇の掛け軸
左から 常済大師、釈迦如来、承陽大師

「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」の葬儀プラン

ご希望の葬儀スタイルやご予算に応じて最適なプランをお選びいただけます。
追加料金一切不要・全国対応・ご葬儀に必要なものは全て含みます

式を行わず火葬のみ

小さな火葬式
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

ご安置のあと、通夜式や告別式等の式を行わず火葬のみを行います。ご自宅安置すれば、ゆっくり最後のお別れができます。

通夜式を行いません

小さな一日葬
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

通夜式を行わず告別式と火葬を一日で行います。故人の趣向により、告別式を自由なお別れ会としてお葬式ができます。

通夜式・告別式を行います

小さな家族葬
無料資料請求で
総額円
追加料金一切不要
通常価格円
分割払い

通常のお葬式同様、通夜式と告別式を行います。通夜式と告別式の2回に渡り、自由なお別れ会をすることができます。

お呼びする「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」の寺院がない場合は寺院手配も承っております

菩提寺がない。寺院との付き合いが疎遠等など、お呼びする寺院がない場合には、寺院の手配も承っております。
全国で「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」の寺院を手配いたします。

  • 小さな火葬式 寺院手配
  • 小さな一日葬 寺院手配
  • 小さな家族葬

小さなお葬式の「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」葬儀のメリット

葬儀に必要なものを全て含み追加料金一切不要
小さなお葬式の葬儀プランは葬儀場・斎場の利用料金など、ご葬儀に必要な物品やサービスも全て含んだ総額料金です。
経験豊かなスタッフがサポート 葬儀実績 年間24,000件
経験豊かな専門スタッフが細かな気遣いでしっかりサポートいたしますので、ご安心ください。
日本全国の葬儀場と提携 全国3,000ヵ所以上
小さなお葬式は全国3,000カ所以上の葬儀場と提携し、お電話一本ですぐに最適な葬儀場・斎場をご案内します。
専門スタッフが深夜・早朝も24時間365日対応
24時間365日、コールセンタースタッフが常駐しております。ご相談やご質問だけでもお気軽にお電話ください。

「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」の特徴

禅宗といえば、すぐに「座禅」を思い浮かべるほど、日本で定着しています。
禅宗には大きく臨済宗と曹洞宗の二大宗派があり、座禅で悟りを開くことと、師から弟子へと教えが伝わることを重要視している点は共通しています。
異なる点は「座禅」の仕方が違います。

臨済宗

臨済宗の教えは、人間が生まれながらに、誰もが供えている尊厳で純粋な人間性を自ら悟ることによって、仏と寸分も違わぬ人間の尊さを把握するところにあります。
臨済宗の禅は、「看話禅」(かんなぜん)と呼ばれ、師匠が「公案」という問題を出します。弟子はこれを頭だけで理論的に考えるのではなく、身体全体で、理論を越えたところに答えを見いだします。
そして、この結果を検証するのが参禅です。師匠と二人きりで対面した弟子が、見解を提示し、これを師匠が確かめるのです。
そうして弟子は身体全体で取り組み、悟りを開くというものです。建長寺と円覚寺は現在に至るまで、禅の道場として有名です。
臨済宗は師から弟子へと伝えていくことを重んじますので、それぞれの寺院が独自の流派をもっています。 妙心寺(京都市)、建長寺(鎌倉市)、円覚寺(鎌倉市)、南禅寺(京都市)などが臨済宗として有名な寺院です。 本尊は釈迦如来です。
特定の経典は定めていませんが、教化には金剛般若経、観音経、般若心経、大悲呪、座禅和讃などを用いています。「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」と唱えます。

曹洞宗

臨済宗と同じ禅宗でも違いは座禅の仕方ですが、曹洞宗では壁に向かって座って座禅をします。
「黙照禅(もくしょうぜん)」といって、余念を交えずただひたすら座禅に徹することをそのまま悟りとする教えです。
坐禅の実践によって得る身と心のやすらぎが、そのまま「仏の姿」であると自覚することにあります。
そして坐禅の精神による行住坐臥(ぎょうじゅうざが)(「行」とは歩くこと、「住」とはとどまること、「坐」とは坐ること、「臥」とは寝ることで、生活すべてを指します。)の生活に安住し、
お互いに安らかで穏やかな日々を送ることに、人間として生まれてきたこの世に価値を見いだしていこうというのです。
この教えを広めたのが高祖・承陽大師道元です。
現在、日本最大の寺院数を誇る巨大教団で、本山は永平寺と総持寺(横浜市)です。
本尊は釈迦如来です。
経典として用いるのは、法華経、金剛経、般若心経などと、道元が著した正法眼蔵です。
「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」と唱えます。

他の宗派の葬儀のご案内(下記以外の仏教各宗派のお葬式にも対応いたします)

宗教一覧へ戻る >>

エリアから葬儀・葬式の対応地域を探す

東北地方
関東地方
中部地方
関西地方
中国・四国地方
九州地方
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨