お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2015.02.26  更新日:2015.02.26

お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜や告別式に行けない場合の失礼のない対応

この記事は小さなお葬式が書いています

親しい人の通夜・告別式にはできる限り参列したいものですが、
中には都合がつかずに参列できないこともあります。

やむを得ない事情であれば、
参列できなかったからといって咎められることもありません。
しかし、周囲の声とは別に、自分自身に悔やむ思いもあるでしょう。

このような場合、
どうすれば「失礼にならない」かつ「弔意を表す」事が出来るのでしょうか。
そういった疑問に答えるべく、ここでは通夜や告別式に参列できない場合の対応や、
その場合の弔意の伝え方などをご紹介します。

欠席の返事を出す際は簡単に理由を添えて

まず参列できない場合は、当然欠席の返事を出すのがマナーです。

訃報を聞いた時、すでに参列できない日程だとわかっている場合は、
欠席の返事をするといいでしょう。

その際に添える欠席理由についてですが、
決して事細かく理由を伝える事はせず「やむを得ない事情があって」「どうしても都合がつかず」といった言葉を添えるのが良いでしょう。

長々理由を伝える事で、内容によっては遺族の方に失礼となってしまう可能性があるからです。

通夜・告別式に参列できない場合の弔意の伝え方

やむを得ず通夜や告別式に参列できない場合、前述のように必ず欠席の連絡をしなければいけません。
しかし、欠席する場合であっても弔意を伝えたいと思う場合は多いでしょう。
以下に弔意を伝える手段をご紹介します。

■弔電を打つ
弔電は電報によってお悔やみの言葉を送るというもので、NTTを始めとした様々な会社で取り扱っています。
会社によって弔電の文字数やデザインなどが変わるほか、申し込みの方法も電話やインターネットなどいくつかあるため、条件に合ったものを選びましょう。
弔電については「きちんと弔意が伝わる。弔電を送る際におさえておく5つのマナー」のコラムで詳しくご紹介しているので、詳細はこちらをご覧ください。

弔電イメージ
弔電イメージ 写真の出典:【電報サービス】VERY CARD

■香典・供物・供花・お悔やみ状
参列はしなくても香典や葬儀会場に飾る、供物供花を贈ることはできます。
こういったものを贈ることで、弔意を示すこともできます。

香典
香典を贈る場合、現金書留を利用した郵送や、ほかの参列者にあずけておくという方法があります。
香典の金額は、故人が親族であれば10,000円~10万円程度、知人友人などであれば3,000円~10,000円程度が相場とされていますが、故人との関係性によっても変わります。

香典イメージ

供物・供花
供物を贈る場合、故人の信仰していた宗教によって贈るものが変わります。
現在日本で最も一般的な仏教の場合、線香、抹香、ロウソク、果物、菓子、五穀などが利用されます。
供花の場合も、宗教による違いがあり、仏教では百合や菊、カーネーションなどを贈ることが多くあります。
供物も供花も自分で用意することはできますが、葬儀社に依頼して用意してもらうほうがいいでしょう。

供花イメージ

お悔やみ状
前述したものを送るとともに、お悔やみ状も一緒に送るといいでしょう。
お悔やみ状を香典などに同封することで、より深く弔意を伝えることができます。
お悔やみ状には頭語や時候の挨拶などを書かず、遺族を気遣うような言葉を含ませるようにしましょう。

お悔やみ状イメージ

■後日弔問に伺う
どうしても自身で故人にお別れを伝えたいという場合は、後日弔問に伺うという方法もあります。
後日伺う場合には、先方の都合を必ず確認してから伺うようにしましょう。
葬儀後はバタバタと忙しいこともあり、無遠慮に押しかけると迷惑になってしまいます。
そのため、事前に連絡を入れ、都合のいい日を聞いておきましょう。
この弔問の際に香典を渡すこともあります。
もし事前に香典を渡していたとしても、花や線香など少額の供物を持っていくようにしましょう。

参列できない場合でも弔意を表す事はできる

いかがでしたでしょうか。
通夜や告別式に参列できない場合も、前項まででお伝えたした手段を用いれば、
遺族の方に失礼なく弔意を表す事が出来るでしょう。

今回ご紹介したことを念頭に置いて、誠意ある行動を心がけましょう。

この記事は「小さなお葬式」が書いています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨