永代供養の費用は?永代供養検討時に知っておきたいこと|小さなお葬式のコラム

キャンペーンコードから早割を申込む
文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

供養のコラム

供養

作成日:2016.07.06  更新日:2017.12.11

永代供養の費用は?永代供養検討時に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永代供養の費用は?永代供養検討時に知っておきたいこと

この記事は小さなお葬式が書いています

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について、考えたことはありますか?

先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年では永代供養(えいたいくよう)を選ぶ方が増えてきています。家族の形や生活スタイル、考え方が多様化しているためといえます。

ただし、かかる費用は依頼先によって様々ですので、安心して任せられる供養先を比較検討する必要があります。この記事では、永代供養を選ぶ方が増えている理由や費用例、すぐに依頼できる永代供養サービスについてご紹介します。

なぜ永代供養の利用者が増えている?

永代供養とは、永代供養墓を設置した寺院や自治体などが、家族や子孫に代わって故人の遺骨を管理する供養方法です。永代供養が選ばれている理由として考えられるのは、下記の2点です。

理由1・高額な費用をかけてお墓を建てなくて良い

お墓を新しく建てるには、墓石(全国平均134万円)と永代使用料(全国平均77万円)など、高額な費用がかります。永代供養ならお墓を用意する必要がなく、費用を抑えることができます。

理由2・お墓を管理する家族や子孫がいなくても任せられる

将来お墓の管理を頼める親族がいない方が増えています。また、遠方に住んでいる場合など、親族に管理の負担をさせたくない方も多くいます。お寺に任せられる安心感が、永代供養の需要を高めているのです。

永代供養にかかる費用は預け先によって様々

永代供養にかかる費用は、基本的な料金が10万~150万円、中にはそれ以上と、預け先により様々です。基本料金が50万円未満のところも多いようですが、追加費用がかかる場合もあります。

ここでは、東京都内の50万円未満で永代供養を受け入れている寺院をご紹介します。

【西福寺(熟柿庵)】(東京都荒川区)
永代供養 1名 420,000円

三十三回忌までは遺骨を熟柿庵にて安置。
その後は西福院寺の本院に当たる西福寺納骨堂(滋賀県彦根市)にて永代納骨。
希望によっては京都本願寺の大谷本廟へ合葬することも可能。

参考:http://www.jyukushian.com/noukotsudou.html

【大悲山 観音寺】(東京都新宿区)
永代供養 1名 390,000円

供養は毎日行い、春秋のお彼岸と夏のお盆には合同で供養の儀を行う。
13回忌後は、茨城県潮来市にある普門院(住職が兼務)にて合祀。

参考:http://nokotudo-support.com/jiin/kannonji.html

【清水寺 和光苑】(東京都台東区)
個人永代供養墓 1霊位 300,000円

骨壇に安置し13回忌後に共同合祀し、永代に渡り供養。

参考:http://www.seisui-ji.or.jp/bochi.html

【龍善寺 早稲田永代供養墓】(東京都新宿区)
永代供養一般お預かり型 1名 330,000円
※年間管理費 預かり期間中5,000円

最長33回忌まで個別安置、以降合葬し永代に渡り供養。

参考:http://www.waseda-boryo.jp/memorial/cost.html

【OHAKO-おはこ-】(全国対応)
永代供養 1名 55,000円

全国の提携している寺院の中から、個別安置期限や収蔵可能霊位数など希望に合わせてプランを選べる。

参考:https://ohako.osohshiki.jp/

このように、値段や内容は様々です。永代供養を考えるなら、直接問い合わせるなどして金額や内容を確認する必要があります。

このコラムを書いている「小さなお葬式」は、永代供養はもちろん納骨先探しのお手伝いをするサービス「OHAKO-おはこ-」をご用意しております。永代供養など、葬儀前~葬儀後のことまですべてお任せいただけます。


「OHAKO-おはこ-」の永代供養とは

OHAKO-おはこ-の永代供養は、提携している寺院がご遺族の代わりに故人のご遺骨を管理し供養を行います。

「OHAKO-おはこ-」永代供養の特徴

日本全国から寺院を選べる

近くの寺院から選ぶことができます。実際に足を運び、各寺院の見学が可能です。

安置方法や個別安置期間が選べる

個別、集合型、合祀などの安置方法や個別安置を行う期間など、様々なプランからお選びいただけます。

宗教・宗派は不問

主要八宗含む、キリスト教、新興宗教にも対応しています。

「OHAKO-おはこ-」永代供養の依頼の流れ

ご依頼までの手続きはとても簡単です。

1 お問合せ
お電話でのご相談後、寺院の資料を送付します。希望の場合は寺院の見学が可能です。
2 お申し込み
書類に記入し、返送します。
3 お支払い
指定の口座に銀行振り込みで支払います。
4 寺院に納骨 
遺骨を持参・またはゆうパックで発送します。

気を付けていただきたいこと

菩提寺のある方(檀家になられている方)は、トラブルを避けるため事前に菩提寺にご相談ください。また、上記でお伝えした料金や内容でご依頼いただくためには、小さなお葬式のコールセンターにを通してご連絡とお申込みをしていただく必要があります。

永代供養を検討するならしておきたいこと

遺骨の供養は永代にわたることなので、ご自身や大切な家族のことを考え、しっかり検討しましょう。電話で問い合わせをし、資料を取り寄せることで、不安に思うことや疑問点を解消できます。また、直接見学が可能な場合は、ご自身の目で確かめることをお勧めします。

「小さなお葬式」では、永代供養などの様々な納骨や、お葬式に関して分かりやすくまとめた資料をご用意しております。


4.5/5
評価数(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • お墓・永代供養・納骨
  • 相続