過去帳とは?用意する前に知っておきたいポイント|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

供養のコラム

供養

作成日:2017.10.17  更新日:2017.10.23

過去帳とは?用意する前に知っておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去帳とは?用意する前に知っておきたいポイント

この記事は小さなお葬式が書いています

仏式の葬儀が一般的な日本では、葬儀の後も仏壇を祀ることが多いです。しかし仏教の儀式に使用する用具は見慣れないものばかりで、戸惑うこともあるでしょう。その中で、過去帳(かこちょう)について詳しくご紹介します。

過去帳とは…仏壇に保管しておく家族の系譜

過去帳とは、仏教の儀式で使用される道具のひとつです。代々の、亡くなった方の戒名や俗名、死亡年月日、享年などを記しておく系譜帳が過去帳です。浄土真宗では、位牌に魂が宿るとする考え方がないため位牌を祀らず、過去帳を仏壇に飾ります。

江戸時代には、民衆はいずれかの寺院の檀家になることが義務けられた檀家制度ができ、戸籍のような役目を担う台帳として、檀家それぞれの過去帳が作成され、寺院でも保管されるようになりました。現在の過去帳は、形として残っているその頃の風習です。

ただし、各家の先祖代々の家系図が一目でわかってしまうため、現在では個人情報保護の観点から、保管はされていても閲覧できないようにしている寺院が多いようです。

過去帳の保管とその中身

過去帳は、各家庭では仏壇の引き出しにしまわれていて、月命日になると見台に飾られるのが一般的です。

中身については、日付無しのものと日付ありのものがあります。日付があるものは1日から31日までページがあり、亡くなった日のページに、それぞれの人の情報が記されています。毎日めくることで、故人の命日を確認し、供養を行います。日付無しのものは、死亡順に記入していく年表式になっています。記録簿としての意味合いが強く、寺院で用いられるものはこの形が多いと言われています。

本位牌との違い

過去帳と同じ内容が記されるものとして、本位牌(ほんいはい)があります。位牌とは、過去帳と同様に故人の戒名や俗名、死亡年月日、享年を記した木の札のことです。葬儀から四十九日までの間に使用する白木の位牌(野位牌)は仮のもので、四十九日の忌明けまでに、漆塗りの正式な位牌として本位牌を用意します。

本位牌

記す内容は同じ、意味合いが異なる

本位牌と過去帳では、同じ内容が記されますが、捉えられ方が異なります。本位牌は、その人の魂が込められている故人そのものと考えられ、仏壇に祀られます。一方、過去帳は家系図の意味合いが強く、普段はしまわれていることが多いものです。

長期的な保管の違い

位牌は数が増えると仏壇に置ききれなくなってしまうため、三十三回忌や五十回忌など節目の法要の際にお寺に処分してもらい、過去帳にまとめられることが多いです。過去帳は永続的に残され、保管されます。

過去帳の記入について

過去帳には表紙を付け、表紙に記入するタイプの場合は「〇〇家過去帳」「過去帳」などと書きます。中には、戒名や法名、亡くなった年月日などを記しますが、宗派によってやや書き方が異なります。記入の際にはお寺に相談されると良いでしょう。

過去帳は誰が書いても良い

過去帳は誰が書くという決まりはありません。用意した本人が書いても良いですし、過去帳のはじめに記載する故人と一番縁の深い方に書いてもらうのも良いです。しかし、過去帳へ記載する内容は、普段馴染みのないことばかりなので、実際はお寺の方に頼んで書いてもらうのが一般的です。

お寺に依頼する際のお布施相場は5千~1万円

戒名や法名を、お寺の住職に付けてもらった場合は、過去帳の記入も同時に頼めば引き受けてもらえるので、法要のお布施と一緒で問題ないでしょう。

過去帳の記入だけを法要と関係なく依頼する場合は、お布施を包むようにしましょう。お布施の額は住職に直接相談して失礼にはなりません。はっきり答えてもらえない場合、過去帳の記入は5,000円~1万円辺りが相場のようです。

過去帳の購入について

過去帳は、仏壇店などで購入することができます。どんな種類があり、どのようなものを選ぶべきなのかを見てみましょう。

過去帳の種類

過去帳には様々な種類があります。まず形が大きく、和本と折本の2つに分かれます。表紙の素材でも種類が分かれ、金襴(きんらん)・緞子(どんす)などの布地のもの、黒檀(こくたん)・紫檀(したん)などの唐木のもの、蒔絵(まきえ)と呼ばれる漆を使ったものなどがあります。

金襴とは、糸に巻き付けたり細く切ったりした金箔を織り込み、紋様を表した布地のことです。比較的安価で見栄えが良いのが特徴です。ただし、布なので時間が経つと擦り切れたり汚れてしまったりするので、代々残すことを考えるのであれば、唐木表紙のものを選ぶのもひとつです。黒檀や紫檀の唐木表紙は重厚感があります。

日本らしい上品な図柄を好む場合は、蒔絵のものもお勧めです。蒔絵とは、漆器の表面に漆で図を描き、乾かないうちに漆を接着剤として金や銀を蒔くことで、図を定着させたものです。蒔絵であれば様々な図柄があるので、好みに合うものを選ぶことができるでしょう。

紙の素材は、和紙の一種である鳥の子紙のものと、洋紙製のものがあります。中の形式は、上記でも紹介した通り、日付ありのものと無しのものがあります。

購入する前に知っておきたいこと

和本形式の過去帳は寺院で用いられることが多く、家庭用(在家)の場合は折本形式が一般的です。また、家庭用では主に日付ありのタイプを用います。仏壇用に購入する場合は、折本形式で日付ありのものを選ぶのが望ましいでしょう。

過去帳を購入するときには、過去帳を開いて固定するための見台(けんだい)を合わせて用意します。見台は、ページを開いておくための「押さえ」が付いていて、見やすい角度になっているものが通常です。

デザインは過去帳と同じく、様々な種類があります。大切なのは、ご自身が選んだ過去帳の色や大きさに合ったものを選ぶことです。見台は過去帳よりひと回り小さいサイズがバランス的に良いとされています。実際に置いた状態をイメージして購入しましょう。

まとめ

過去帳を通して、家系が代々繋がってきた歴史を感じ、月命日には故人への供養の気持ちを表すようにしましょう。

この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • お墓・永代供養・納骨