葬儀費用を安くするための必須知識|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金一切不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2014.07.02  更新日:2017.10.17

葬儀費用を安くするための必須知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀費用を安くするための必須知識

この記事は小さなお葬式が書いています

「葬儀費用は高いと聞くけど、いくらが相場なのか」という声がよく聞かれます。葬儀を手配する経験はめったにありませんから、よく分からないといった方がほとんどかと思います。葬儀を依頼する方の多くは葬儀の知識がないために、次のようなトラブルが起きやすくなっています。

・葬儀社より不必要に盛大な葬儀を提案されて高額になった。
・最初の見積金額では安いと思ったが、葬儀を進める中で次々とオプションを追加された。


葬儀は規模が大きくなればなるほど費用がかかります。葬儀を適正な費用で行うためには、ご自身が希望する葬儀の内容と規模を把握することが大切です。この記事では、葬儀費用の相場やその内訳、主な葬儀形式と費用、葬儀費用を安くするための方法もご紹介します。適正な費用で葬儀を行うために、情報をご活用ください。

葬儀費用の全国平均は195万円

2017年葬儀費用全国平均

日本消費者協会によると、葬儀全体にかかる費用全体の全国平均は195万円と言われています。(2017年葬儀についてのアンケート調査より)
昔は、葬儀社に勧められるままに大きな祭壇や式場を手配して、葬儀費用が膨れ上がっていく、といったことが当たり前のようにありました。今は、葬儀に関する情報をネットで集められるようになり、最適な葬儀内容と費用を把握できるようになりました。納得のいく葬儀を行うために、まずは葬儀費用の内訳について知っておきましょう。

葬儀費用の内訳

葬儀に必要となる費用の内訳を知ることで、予算を立てやすくなります。
2017年葬儀費用内訳

葬儀一式費用

ご遺体の搬送や通夜・告別式、火葬に必要な物品、人件費などが含まれた費用です。一般的に「葬儀プラン」と呼ばれている部分の費用であり、全国平均はおよそ121万円となっています。

飲食接待費用

通夜から葬儀にかけて振る舞う飲食費や人件費で、参加人数が多いほど費用がかかります。葬儀一式の費用とは区別して考えましょう。一般的な形式の葬儀における飲食接待費の全国平均はおよそ30万円となっています。
葬儀社に手配を頼むか、もしくはご自身で飲食店を手配することもできます。おおよその費用は、通夜式後の「通夜ぶるまい」と、火葬後の「精進落とし」の参加人数に、一人前あたり4,000円程度をかけることで予算を立てられます。

寺院費用

お付き合いのある寺院のご僧侶をお呼びし、読経や戒名授与のお礼として渡すお布施の費用です。一般的な形式の葬儀の場合、通夜での読経から、翌日の告別式や火葬時の読経までを依頼します。費用相場はおよそ47万円となっています。お布施は地域や依頼する寺院により幅がありますので、あくまで目安として考えてください。

上記の3つの費用をまとめたものが葬儀費用となります。この中でも「葬儀一式費用」は、葬儀の内容によって、大幅に抑えることができます。

主な葬儀形式と費用

葬儀形式は、

・親しい方のみを招くのか、一般の参列者を招くのか
・宗教的儀式を重視するのか


この2点を軸に決めることができます。葬儀の規模と内容によって、葬儀費用も変動します。例えば、家族や親しい方のみの少人数で葬儀を行うのであれば、飲食接待費用がほとんどかかりません。宗教的な儀式に特にこだわりがないのであれば、儀式を省いた葬儀を行うことで、葬儀一式の費用を抑えられます。

一般的な葬儀形式

一般葬・家族葬の流れ

多くの方が思い浮かべる内容の葬儀です。一般の参列者を招くため、飲食接待費や寺院費用が必要となります。多くの友人・知人に参列していただく予定の方に適しています。

「小さなお葬式」では、一般的な規模と内容の「100名までのお葬式」プランをご用意しています。葬儀一式費用は税込63.8万円(資料請求割引価格)です。

参考:「100名までのお葬式」プラン

「家族葬」形式

家族葬とは、家族や親族、友人・知人など、親しい方に限定して行なう形式の葬儀です。家族葬というと、参列者の人数が30名以内の小規模の葬儀を指します。葬儀の流れは一般的な葬儀と同じように、通夜式や告別式を行います。

ただし、どの葬儀社に頼んでも同じ金額と内容になるわけではありません。中には、葬儀に必要な物品やサービスを基本料金内に含んでおらず、追加料金として請求される場合もあります。家族葬を検討する際には、提示されている金額だけでなく、追加料金が発生するかどうかも確認しましょう。

「小さなお葬式」の家族葬プランは、必要なものをすべて含んでおり、追加料金がかからない内容になっています。小さな家族葬プランの葬儀一式費用は、税込48.8万円(資料請求割引価格)でご案内しています。

参考:「小さな家族葬」プラン

「火葬・直葬」形式

火葬・直葬の流れ

火葬や直葬(ちょくそう)と呼ばれる葬儀では、通夜・告別式の儀式を行わず、火葬のみを行います。親しい方数名で行い、一般参列者は招きません。費用を抑えたい方、お呼びする参列者が少ない方に適しています。

この内容のプランを10万円以内で提示している葬儀社では、火葬料金、ドライアイス、搬送料などが上乗せとなることがほとんどです。総額で確認するとともに、意図的に分かりにくい表示をしている葬儀社へは、あまり依頼をするべきではないでしょう。

「小さなお葬式」の火葬式プランは、追加料金不要の税込18.8万円(資料請求割引価格)です。

参考:「小さな火葬式」プラン

「小さなお葬式」では、葬儀の流れや必要なことを分かりやすくまとめた資料をご用意しております。葬儀をご検討中の方にお役立ていただける内容となっております。ぜひご活用ください。


葬儀費用をさらに安くできる3つの方法

1 葬祭費の補助・扶助制度を利用する

国民健康保険加入者の方であれば、亡くなられてから2年以内に申請することで、1万円から7万円の葬祭費が支給されます。また、社会保険加入者の方は、5万円の埋葬費が受け取ることができます。支給される金額や手続きに関しては、各自治体や保険事務所により異なりますので、葬儀後に問い合わせてみましょう。

生活保護を受給されている方へ

生活保護を受けられていて、葬儀費用の支払いが困難という方であれば、葬祭扶助制度により、自己負担0円で葬儀を行うことができます。 ただし、葬儀の前に手続きが必要となります。
葬祭扶助制度の利用に関する詳しい情報については、無料資料をご請求のうえ、お電話にてご相談ください。必要となるすべてのことをサポートさせていただきます。


2 葬儀の保険やサービスを利用する

葬儀に特化した保険サービスがあります。当コラムでも「葬儀保険は検討すべき?保険の事例と費用を抑える方法」という記事がありますのでご参考にご覧ください。ただし、保険の申込みから保険期間が開始されるまでに数か月かかる場合があり、ご心配な方がいる状況には向いていません。

葬儀保険に近いサービスとして、「小さなお葬式」では、葬儀の「早割」サービスをご用意しています。
お申込み時にたった500円を一度お支払いいただくだけで、お申込の30日後から葬儀費用の割引が適用される安心のサービスです。どなたでもご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

参考:小さなお葬式の「早割」

3 寺院手配サービスを利用する

現在お世話になっているお寺(菩提寺)がないのであれば、葬儀でお勤めいただくご僧侶の手配サービスを利用することで、費用を抑えられます。

「小さなお葬式」の寺院手配サービスは、全国一律定額のお布施でご僧侶をお手配いたします。一般的な規模の葬儀で2日間にわたってお勤めいただいても、お布施は16万円です。ご依頼いただいても、寺院の檀家になる必要はありません。お付き合いのあるお寺がないのであれば、ぜひご検討ください。

参考:小さなお葬式の寺院手配

まとめ

葬儀の費用は安くできる、ということを知っていただけましたでしょうか。万が一に備えて、希望する葬儀の内容を事前に検討をしておくことが大切です。まずは資料を取り寄せ、葬儀費用の見積もりをとっておくことをお勧めします。


この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 法事・法要
  • 仏壇・本位牌
  • 永代供養
  • 海洋散骨