小さなお葬式のコラム

雑学のコラム

雑学

作成日:2015年07月21日  更新日:2019年05月31日

シニア世代におすすめ!ウォーキングの魅力と正しい歩き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シニア世代におすすめ!ウォーキングの魅力と正しい歩き方

この記事は小さなお葬式が書いています

近年は健康志向が高まっていることから、運動に目を向ける方も多く、その中でもウォーキングはシニア世代の趣味として人気を集めています

ウォーキングは有酸素運動のひとつで、血液の循環を促したり基礎代謝を高めたりする効果がありますが、身体への負担は軽く、手軽に始められることからシニア世代にはぴったりの運動であり、これからを健康で元気に過ごしていくためにも、何か始めたいという方におすすめです。

今回はウォーキングを趣味にしている50代・60代の生の声を交え、シニア世代のウォーキング事情や楽しくウォーキングを行うためのポイントなどをご紹介します。新しく趣味を探している・ウォーキング仲間を増やしたい方などは是非参考にしてみてくださいね!

【もくじ】
アンケートから見るシニア世代のウォーキング事情
最適なウォーキンググッズ
ウォーキングを楽しむための工夫
ウォーミングアップの仕方
第二の人生を健康に過ごすために

アンケートから見るシニア世代のウォーキング事情

実際にウォーキングを趣味にしているシニア世代の方は、どのくらいの頻度で、どのようなところに魅力を感じて行っているのでしょうか?この項では、ソフトブレーン・フィールド株式会社が独自に調査を行った「ウォーキングに関する6,600人アンケート」から50代・60代の方の結果を抽出し、シニア世代のウォーキング事情についてまとめたいと思います。

週に数回、気が向いたときに行うのが人気

ウォーキングを行う頻度としては、毎週1回以上行っているという人が42%ほどと一番多い結果となりました。

そのなかでも最も多かったのは、週に2~3日行っているという人たちです。次に多かったのが毎日行っているという人で20%ほど、月に1回以上という人は18%ほどでした。

ウォーキングは気が向いたときに気軽にできることも魅力なので、きっちり毎日やるという人は少ないようです。

1時間までが一般的。特に多いのは30分程度

1回のウォーキングにどれくらいの時間をかけるのかについては、16~30分という回答が最も多く、全体の25%ほどでした。次いで31~45分、45~60分がそれぞれ19%ほど。

この結果から、ウォーキングにかける時間は1時間までというのが一般的なようです。あまり長く歩くと身体への負担にもなりますし、飽きずに続けるためには適度な時間で切り上げるのがいいといえます

健康維持が一番の魅力!

ウォーキングのどんなところに魅力を感じるかという質問では、「健康や体力維持ができる」が全体の28%を占め、次点である「お金がかからない」の2倍ほどという結果になりました。「1人でできる」が3番手につけるなど、やはり気軽・手軽に健康維持を図れるところが魅力なようです。

このほかには、季節の移り変わりを感じることができる、近所の人とコミュニケーションができる、といった意見もありました。ウォーキングそのものだけではなく、ウォーキングを通して感じること、得られるものにも魅力があるようです。

アンケート参考:~ウォーキングに関する6,600人アンケート~
調査:ソフトブレーン・フィールド株式会社

最適なウォーキンググッズ

ウォーキングは動きやすい服と靴があれば誰でもすぐに始めることができます

しかし、身体への負担や健康への配慮という点を考えれば、ウォーキングにより適したウェアやシューズを用意するほうがいいでしょう。このほか、できれば用意しておいたほうがいいものもいくつかあるため、合わせてご紹介します。

ウェア

ウォーキングをする際には、市販されているジャージやトレーニングウェアなどを着用するのがおすすめです。こういったウェアは動きやすいのはもちろんのこと、吸湿性・放湿性に優れていたり機能性が高かったりと、運動に必要な機能が揃っています。

シャツとパンツはそれぞれ5,000円~10,000円とやや幅が広く、機能性などによって変わります。

シューズ

始めは一般的な運動靴でも構いませんが、ウォーキングを続けると決めたならウォーキングシューズを用意するといいでしょう。

中でもシニア向けのウォーキングシューズは、膝への負担を分散させる・つま先が引っ掛かりにくい等、より安定した歩行ができるような構造になっており、体に負担をかけずに歩くことができます。5,000円~8,000円程度のものが多く、専門店にいけばオーダーメイドで作ることもできます。

帽子

ウォーキングをする際には、季節に関わらずできるだけ帽子を着用するようにしましょう。夏場に日差しを防ぐのはもちろんのこと、冬場は体温が失われるのを防ぐことができます。通気性がよいものや、つばが広めのものを選ぶのがおすすめです。

歩数計

歩数計は直接ウォーキングの快適さに影響するわけではありませんが、目標値を設定したり自分がどれだけ歩いたのかを実感することで、より意欲的にウォーキングに臨めることもあります。

近年はより正確にカウントでき、消費エネルギーなどが表示されるものも販売されています。1,000円程度のものから10,000円を超えるものまでさまざまで、高機能なほど高額になります。

ウォーキングを楽しむための工夫

ウォーキングは手軽ではあるものの、飽きずに続けられるか不安だという人もいるかと思います。そういった人のために、ウォーキングを楽しむための工夫をご紹介しましょう。

好きな音楽を聞きながら

近年は携帯用音楽プレイヤーの発展やスマートフォンの登場などにより、外で音楽を聞くことが非常に簡単になっています。そういった携帯用の音楽プレイヤーで好きな音楽を聞きながらであれば、ウォーキングも楽しくなるでしょう。ただし、イヤホンは片耳だけのものや、オープンエア型のものを使うなど、周囲の音が聞こえるようにはしておきましょう。

「何かのついで」をうまく活用する

ただウォーキングをするだけでは飽きるというのであれば、何かのついでにウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。最も簡単なのは、買い物のついでに歩くというものです。普段自転車や車を利用している買い物も、歩いていけば立派なウォーキングになります。美味しいお店を探しながら歩いてみる、というのもいいかもしれませんね。

定期的にコースをかえてみる

見える景色に飽きてくると、ウォーキングそのものに飽きてしまうこともあります。こういったことを防ぐためには、定期的に歩くコースを変えてみるといいでしょう。普段歩かない道であれば新鮮さもありますし、またもとのコースに戻った時に新しい発見があるかもしれません。自分が暮らしている街を知るいい機会にもなるのではないでしょうか。

ウォーミングアップの仕方

ウォーキングは、正しい歩き方をすればより高い効果を得ることができます。始める前のウォーミングアップが紹介されている動画をご紹介します。

【始める前の効果的なウォーミングアップ】
ウォーキング前のウォーミングアップを紹介している動画です。しっかりと準備することが大切ですが、無理のない範囲で行うようにしましょう。

参考:「ウォーキングを始める前の効果的なウォーミングアップ」の動画が見れない方は →こちら

第二の人生を健康に過ごすために

ウォーキングは手軽に始められて負担もそれほど大きくないため、まさにシニア世代におすすめの運動です。

これからも健康に過ごしたい、活発に動ける自分でいたいと思っている人は、ぜひウォーキングを試してみてください。

あわせて読みたい 終活とは。より良い人生を送るための終活の始め方について詳しく解説 最近よく耳にする、終活(しゅうかつ)という言葉。終活とは、ご自身の人生の最期に向けて、前向きな気持ちで準備を行う活動のことで... 続きを見る
5/5
評価数(1)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引