葬儀の準備

作成日:2018年09月26日  更新日:2020年01月23日

葬儀代がない時はどうすれば?葬儀費用が払えそうにない場合に知っておくべきポイント

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
葬儀代がない時はどうすれば?葬儀費用が払えそうにない場合に知っておくべきポイント

この記事は小さなお葬式が書いています

家族が亡くなりお葬式をあげるとなると、費用がかかります。最近は葬儀費用の相場は下がりつつあるといいますが、それでも数十万~数百万円近い金額が、急に必要になるのです。

その葬儀代を用意できそうにない場合はどうすればいいのでしょうか。この記事では、葬儀にまつわるお金のやりくりについてご紹介します。

【もくじ】
葬儀代はどのくらいかかる?
葬儀代がない…そんな場合に検討することは
もらえるお金を把握しましょう

葬儀代はどのくらいかかる?

最近の葬儀の費用相場

葬儀にかかる費用の全国平均は、およそ121万円と言われています。(※第11回「葬儀についてのアンケート調査」日本消費者協会調べ)その内訳は、ご遺体の搬送や通夜・告別式、火葬に必要な物品、人件費などです。

葬儀費用の相場「日本消費者協会」調べ
回数 実施年数 葬儀費用 各内訳 項目ごとの金額
第11回 2017年 195.7万円 ①葬儀一式費用
(祭壇・葬儀当日の運営費など)
121.4万円
②飲食接待費
(料理・飲料代など)
30.6万円
③寺院費用
(お布施代)
47.3万円

引用元:葬儀(葬式)費用の平均相場と内訳は?負担額が最も少ない葬儀社2選【2019年】

ごく近しい人たちを中心に小規模に執り行う家族葬が増え、それに伴い葬儀費用の相場も下がりつつあります。ですが、飲食代やお寺へ渡すお布施なども含めると、決して安価にできるとはいえません。

香典と香典返し

香典を受け取る場合は、香典を葬儀費用の支払いの一部に充てることができます。ただ、香典としていただいた金額の半額程度の品を香典返しとしてお返しするのがマナーですので、そのことを頭に入れておきましょう。

家族葬では、遺族が香典を辞退するケースも多いです。香典を受け取らない場合は、葬儀費用をすべて用意することになります。

葬儀代がない…そんな場合に検討することは

平均的な葬儀費用の支払いが困難であれば、比較的安価にお葬式をあげられるところを利用しましょう。必要最低限の弔いを行う葬儀プランを提供している葬儀社もあります。

簡略化したで内容で葬儀を執り行う

通夜式をして葬儀・告別式を行う一般的な内容の葬儀を、簡略化することで葬儀代は安くなります。例えば、通夜を行わない「一日葬」や、通夜や葬儀・告別式を行わず火葬だけを行う「直葬(ちょくそう)・火葬式」などがあり、こうしたプランを選択して、自分たちが十分だと考える見送りを行えば、葬儀代を抑えることができます。

ここでは、「小さなお葬式」で執り行っていただけるセットプランの一部をご紹介します。プランの中にはお葬式に必要なものが含まれているため料金が分かりやすく、安心してご依頼いただけます。

小さなお葬式の一日葬

小さなお葬式のお別れ葬

クレジットカード払いを選ぶ

お寺へのお布施は現金で渡しますが、葬儀費用の支払いをクレジットカード払いに対応している葬儀社が多くなっています。クレジット払いにできれば、高額の現金を持ち歩かなくても済みますし、カードのポイントを貯められます。

事前に手持ちのカードの限度額などを確認して、クレジット払いに備えておきましょう。

「小さなお葬式」は、クレジットカード払いに対応しています。音声通話・メールで24時間いつでもクレジット決済を行うことができます。詳しくは参考ページをご覧ください。

参考:小さなお葬式のクレジットカード払い

市民葬・区民葬を利用する

各自治体には通常、自治体と葬儀社が提携して標準的なお葬式を提供している「市民葬」「区民葬」というものがあります。亡くなられた方や葬儀を執り行う喪主が、その自治体の住民であれば利用することができ、民間の葬儀社で行う場合に比べてやや安い値段で葬儀があげられるようになっています。

ただし、自治体によって規格が様々で、内容が不十分であることが多く、必要なものを追加していくうちに費用が高くなってしまうこともあります。詳細な価格や内容、申し込み方法は自治体により異なりますので、各自治体や自治体提携の業者へ問い合わせる必要があります。

あわせて読みたい 市民葬・区民葬を検討するなら知っておきたいことについて詳しく解説 葬儀を行う方法のひとつとして、市民葬・区民葬があります。市民葬・区民葬とは各自治体と葬儀社が提携して行う葬儀のことです。この記事では、市民葬・区民葬に... 続きを見る

もらえるお金を把握しましょう

お葬式をあげるには少なからず費用がかかりますが、家族が亡くなると受け取れるお金もあります。基本的に、お金の受け取りには申請が必要になりますので、確認して手続きを行うようにしましょう。

給付金など

家族の葬儀を行った場合には、健康保険から費用の補助として「葬祭費(埋葬料)」を受け取ることができます。亡くなった日から2年以内に申請しなければ権利はなくなってしまうので、忘れないうちに手続きをしましょう。また、国民健康保険かそれ以外の健康保険かによって、手続きの窓口や受け取れる金額が異なりますので、きちんと確認してから対応する窓口に出向くようにしましょう。

参考:葬祭費の給付制度について

生命保険、預金など

他にも、生命保険に加入していれば死亡保険金、預貯金があればその預金を遺族は受け取ることができます。生命保険の死亡保険金は比較的スムーズに支払われますが、受け取ることができるのは受取人に指定されている方のみです。また、預金に関しては遺産分割協議が終わらないと引き出させてもらえないこともあります。

あわせて読みたい 死亡後手続き一覧表|大切な家族が亡くなったらするべきことについて詳しく解説 大切な家族との別れは辛いことです。深い悲しみの中でも、遺された家族がやらなければならない手続きや届け出がいくつかあります。この記事では、ご家族が... 続きを見る

葬儀は事前の準備が大切です

その時になって慌てて葬儀社を決めると、結果的に葬儀代の支払いが難しくなってしまうこともあります。葬儀代の支払いに不安がある場合は、できるだけ落ち着いている時期に葬儀社に事前に相談をしたり、資料を取り寄せたりしておくことをおすすめします。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.6/5
評価数(9)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引