いざという時に恥をかかない焼香のやり方|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

全国対応・追加料金不要のお葬式

小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2014.01.24  更新日:2018.07.05

いざという時に恥をかかない焼香のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざという時に恥をかかない焼香のやり方

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀での正しい焼香の作法をご存知でしょうか。

葬儀は経験する回数も少なく、「焼香は前の人と同じように行おう」と考えられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、いざご自身が一番手で焼香をすることになってしまったら、正しいやり方を知っておかなければ困ってしまいますね。

この記事では、焼香の正しいやり方と基本的なマナーについて、分かりやすく解説している動画を交えてご紹介します。

【もくじ】
焼香とは
焼香のやり方
宗派による回数の違い

焼香とは

焼香とは、仏や死者に向けて香を焚いて拝むことを言います。お葬式や法要などで、細かくした香を香炉に落として焚きます。心と身体の穢れ(けがれ)を取り除いて清浄な心でお参りするための作法で、一般的に左手に数珠を掛けて右手で焼香を行います。

線香焼香というものもありますが、これは日常のお参りに用いられるもので、「線香を上げる」と言われます。あまり焼香というイメージはないようですね。

焼香のやり方

基本的には右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香(まっこう)をつまみ、目の高さまで持ち上げます。この動作を「おしいただく」といいます。そして指をこすりながら香炉の中に落とします。これを1~3回行います。

焼香には「立礼焼香(りつれいしょうこう)」「座礼焼香(ざれいしょうこう)」「回し焼香(まわししょうこう)」の3種類があります。葬儀式場の規模や様式によって、焼香のやり方が異なります。

立礼焼香

立礼焼香は、椅子席の式場で行われることが多いです。一般参列者の方は、下記の動画を参考にしてみてください。

参考動画:<参列者/一般>葬儀における立礼焼香の作法(やり方)【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

また、「喪主の方はこちらの動画」を、「親族の方はこちらの動画」をご覧ください。

①焼香の順番がきたら、祭壇に進み、遺族に一礼します。
②焼香台の一歩手前まで歩き、遺族や祭壇を見て一礼(または合掌)します。
③宗派ごとの作法に従って、抹香(まっこう)をつまみます。
④抹香を香炉の中へ落とします。
⑤宗派ごとの作法に従って、1~3回繰り返します。
⑥改めて遺影に向かって合掌し、一礼します。
⑦遺影の方を向いたまま、二、三歩下がり遺族に一礼し、席に戻ります。

座礼焼香

座礼焼香は、畳敷きの式場で行われることが多いです。基本的な順序は立礼焼香と同じですが、まっすぐ立たず、移動の際は腰を落とし、焼香の際は正座します。

参考動画:座礼焼香の作法(やり方)・マナー【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

①焼香の順番が来たら前に進み、焼香台の手前で座って、遺族に一礼します。
②仏壇(祭壇)の遺影に向かって一礼します。
③その後、立ち上がらずに膝で焼香台まで寄り合掌します。
④宗派ごとの作法に従って、抹香をつまみます。
⑤抹香を香炉の中へ落とします。
⑥宗派ごとの作法に従って、1~3回繰り返します。
⑦焼香が済んだら合掌をします。
⑧仏壇(祭壇)前から下がり、遺族に一礼してから立ち上がって戻ります。

回し焼香

回し焼香は、会場が狭い場合などに行われます。自分で向かうのではなく焼香炉を回し、受け取った焼香炉を自分の前に置き、焼香が終われば隣の人に回します。

参考動画:回し焼香の作法(やり方)・マナー【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

①香炉が回ってきたら、軽く礼をして受け取ります。
②香炉を自分の前に置き、仏壇(祭壇)に向かって合掌します。
③宗派ごとの作法に従って、抹香をつまみます。
④宗派ごとの作法に従って、1~3回繰り返します。
⑤合掌してから一礼します。
⑥次の人に香炉を回します。


椅子席の場合は自分の膝の上にのせましょう。

宗派による回数の違い

大抵の宗派では、1回あるいは3回焼香をします。つまみ、おしいただき、落とすという基本的な作法があり、行う回数は宗派によって違いがあります。

相手の宗派に沿って行うというほうが丁寧ではありますが、ご自身の信仰している宗派があるなら、その宗派に沿ったやり方でも問題ありません。

回数はそれほど重要なものではなく、相手の宗派も自分の宗派もわからなかったりする場合には、1回で問題ありません。ただし、時間調整などで回数が指定される場合があるので、そのときは従うようにしましょう。

真言宗おしいただき、3回行う。
日蓮宗おしいただき、1回(または3回)行う。
日蓮正宗おしいただき、3回(または1回)行う。
臨済宗おしいただき、1回行う。※おしいただなくても良い
浄土真宗おしいただかず、1回行う。
曹洞宗2回行うが、1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない。
浄土宗回数の定めは特になし。
天台宗回数や作法の定めは特になし。おしいただくかどうかも自由。

作法を知ってしっかりとお見送りを

「焼香は故人のことを想って行えばそれでいい」というのはご僧侶がよく口にする言葉です。故人と宗派が違った場合であっても、ご自身の宗派に合わせれば問題はありません。

ご自身の宗派の作法を覚えた上で、余裕があれば相手の宗派の作法についても知っておくと、互いにとって心おだやかな葬儀となるのではないでしょうか。

4.7/5
評価数(86)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓