極端な小規模化に「待った」 コロナ禍における葬儀・法要 2020年・2021年エンディングの実態を「小さなお葬式」が公開
雑学

作成日:2021年10月05日  更新日:2021年10月18日

極端な小規模化に「待った」 コロナ禍における葬儀・法要 2020年・2021年エンディングの実態を「小さなお葬式」が公開

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

2020年4月~2021年9月までの「小さなお葬式」における葬儀・法要受注に関するデータをお伝えします。
――――――――――――――

インターネットで全国一律料金の葬儀「小さなお葬式」https://www.osohshiki.jp/ を運営する株式会社ユニクエスト(大阪市西区/代表取締役:重野心平)は、コロナ禍でのライフエンディング事情について最新の実態を多くの方に知っていただくために、2020年4月~2021年9月までの「小さなお葬式」における葬儀・法要受注に関するデータを公開いたします。

【もくじ】
レポート公開の背景
レポートのポイント
 ┗ 葬儀の極端な小規模化に歯止め
 ┗ 一日葬を選ぶケースが増えている
 ┗ 供養の機会を大切にする動き
広報担当者から

レポート公開の背景

新型コロナウイルスにおいては新たな変異株も確認されるなど、状況がめまぐるしく変わる中で、葬儀のあり方も変化を続けています。弊社が運営する「小さなお葬式」は葬儀受注件数が業界最多であり、日々100件以上の葬儀ご相談を受けています。そこで今回、2020年4月~2021年9月までの一年半を振り返り、変化を続ける葬儀の実態をお伝えします。

レポートのポイント

・葬儀の極端な小規模化に歯止め
・一日葬を選ぶケースが増えている
・供養の機会を大切にする動き

<用語説明>
■式のある葬儀:通夜や告別式が執り行われる
■直葬:通夜や告別式を行わず、火葬のみ行う

葬儀の極端な小規模化に歯止め

葬儀形式の構成比推移

「小さなお葬式」でご依頼を受けた葬儀における、葬儀形式の構成比率を示しています。2020年4月・5月は直葬が51%~53%、式のある葬儀が47%~49%と、直葬が式のある葬儀を上回る異例の事態(※)となりましたが、2020年9月以降には従来の比率に回帰しました。一時的に直葬が増えた時期(2021年1月)もありながら、その後の比率は逆転せず推移していることがわかります。新規陽性者数の状況がかつてないほど悪化した2021年8月においては、これまでの傾向から直葬が増えると予想していましたが、実際には若干の影響にとどまり、大きな反応はみられませんでした。「陽性者が増えていて感染リスクが心配。大勢で集まれないので直葬にする」というような、極端な葬儀の小規模化の動きに歯止めがかかっていることが伺えます。

※2021年1月26日リリース「コロナ禍における葬儀・法要の実態を調査。初めて "直葬" が過半数に。【小さなお葬式】」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000054819.html

※新規陽性者数のデータ引用元 NHK「特設サイト 新型コロナウイルス」https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/

一日葬を選ぶケースが増えている

葬儀プランの構成比率

「小さなお葬式」でご依頼を受けた葬儀における、5つの葬儀プラン(※)の構成比率を示しています。2020年と2021年の4月を比較した結果、この一年で直葬プランである「小さなお別れ葬」「小さな火葬式」の比率が下がり、式を行う「小さな一日葬」の比率が上がっていました。「小さな一日葬」とは、通夜は行わず告別式のみ行うプランです。二日間におよぶ従来の葬儀とは異なり、葬儀が一日で完結します。一日葬のメリットは、遠方から参列する人の宿泊が不要になること、遺族の精神的・経済的負担が軽減されること、また人との接触機会が減ることです。密を避けつつ、しっかりとお別れの時間をとりたいという遺族の想いから、こうしたプランが検討されるようになったと考えられます。

※5つの葬儀プラン
小さなお別れ葬 https://www.osohshiki.jp/plan/owakaresoh/
小さな火葬式 https://www.osohshiki.jp/plan/kasousiki/
小さな一日葬 https://www.osohshiki.jp/plan/ichinichisoh/
小さな家族葬 https://www.osohshiki.jp/plan/kazokusoh/
小さな一般葬 https://www.osohshiki.jp/plan/osohshiki100/

供養の機会を大切にする動き

法要の実施率

「小さなお葬式」の寺院手配サービス「てらくる」(※)における、各種法要の実施率を示しています。一周忌法要以外は、安定して推移しています。四十九日法要は基本的に行われることが多いため、社会情勢を受けにくかったと考えられます。三回忌法要も、2020年4月・5月の実施率は低かったものの、その後は回復し安定して推移しています。いずれの法要も2020年12月は大きく落ち込みましたが、その後は上昇傾向に転じています。注目すべきは、感染状況が悪化している時期においても、実施率が上がっているということです。徐々に感染対策が浸透したことで、配慮をしながら供養の機会を大切にしたいという遺族の心の動きが伺えます。

※「てらくる」https://www.osohshiki.jp/terakuru/

広報担当者から

コロナ禍の葬儀・法要は、新たな転換点を迎えているように感じます。この一年半で、社会全体がウィルスへの理解を深め、感染対策を実践してきました。今回のレポートでは、コロナを正しく恐れながら、日常を取り戻しつつある様子が伺えました。大切な人を弔う時間が、一刻も早く元の状態に戻ることを切に願っています。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事