終活

作成日:2020年01月23日  更新日:2020年01月24日

終活の整理整頓を始めよう!断捨離の進め方を徹底解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
終活の整理整頓を始めよう!断捨離の進め方を徹底解説

この記事は小さなお葬式が書いています

自身が亡くなったときに家族の遺品整理や死後の手続きが簡単になるように、終活の整理整頓を行うことは大切です。しかし終活を始めようにも、荷物をスムーズに仕分ける方法がわからず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では終活で後悔なく荷物を片付けたい方のために、整理整頓のポイントについてご紹介します。終活としてものを正しく仕分ける方法を知りましょう。

【もくじ】
終活の整理整頓の基本的なポイント
写真などの思い出の品の整理方法
断捨離した不用品の処分方法
捨てていいものといけないものの判断基準
生前整理をしておくメリット
よくある質問
まとめ

終活の整理整頓の基本的なポイント

終活を始めるといってもやみくもに荷物を分けるだけでは、いらないものをためこんだままになったり、必要なものを誤って捨てたりして生活に不自由することがあります。終活の荷物を正しく仕分けるために、基本的なポイントを押さえておきましょう。

ここでは荷物の分け方手放し方保管ボックスの利用という3点から、終活における荷物整理の心構えを解説します。

あわせて読みたい 終活とは。より良い人生を送るための終活の始め方について詳しく解説 最近よく耳にする、終活(しゅうかつ)という言葉。終活とは、ご自身の人生の最期に向けて、前向きな気持ちで準備を行う活動のことです。… 続きを見る

不要品と必要なものに分ける

荷物の仕分けで最初にすることは、今後の生活で必要なものといらないものを分けることです。部屋のなかに2つの領域を作り、いるものといらないものに仕分けていきましょう。

一気に家全体のものを片付けようと思うと必要以上に体力を要します。1週目はリビング、2週目はキッチンというように、時期ごとに特定の場所を対象としましょう。仕事で1日に限られた時間しか取れない場合は、1度に10個ずつなどと荷物を小分けにしながら整理していくこともおすすめです。

気軽に手放せるものから処分をする

断捨離のポイントは、気軽に捨てられるものから処分していくことです。これにより、確実にものの数を減らせて整理がはかどりやすくなります。1年間使っていないものを見つけた場合は、特段の思い入れがない限り捨ててよいとされます。

家にものが多いと感じたときは、思い入れのないものがたまっているサインです。1日数個程度でもよいので、処分する習慣を身につけましょう。

迷ったときは保管ボックスを利用する

荷物の仕分けに迷ったときの対策として、保管ボックスの利用も考えましょう。ここに一定期間納めてから、改めて今後の生活で必要かを考えることができます。

最近では100円ショップでもフタつきのボックスが気軽に買えるため、それを保管用に使うこともおすすめです。ボックス本体が軽量であり、収納時は積み重ねられるため、仕分けに迷った荷物のキープにも最適でしょう。

写真などの思い出の品の整理方法

写真やアルバムなど思い出の品は、DVDなどにデジタル化するとスペースを省くことができます。家族が写っている写真などは気軽に処分しづらいものですが、保存方法を変えることで整理が可能です。

たとえば最近の写真はスマートフォンやタブレットなどを使い、デジタルアルバムとして残せます。家族が写ったビデオは動画機能つきカメラなどからDVDにデータを保存するとよいでしょう。これによりアルバムやビデオカメラ本体の断捨離につながり、スペースをすっきりしやすくなります。

断捨離した不用品の処分方法

いらなくなったものの捨て方は複数あります。その方法を知ることで処分することへの迷いが消えたり、それまで考えていたやり方よりも効率のよいものを選択できたりします。有効活用することでローコストでの処分を実現したり、臨時収入を得られたりするかもしれません。

ここでは、4つの処分方法を解説します。それぞれを知り、自身の生活状況から理想のやり方を選択しましょう。

自治体回収を利用する

自治体回収で断捨離したものを処分することで、余計なお金をかけずに家のスペースをすっきりさせられます。回収の日程に合わせて燃えるもの、燃えないものなどと分別しながら指定の場所に出しましょう。あとは業者に回収してもらうだけで終了します。

地域によっては専用のゴミ袋を買い求める必要もありますが、捨てるための費用の一部は税金でまかなわれていることもあり、ローコストでの処分が可能です。

使えるものは知人に譲る

断捨離したものがまだ使える場合は、知人などに譲ることもひとつの方法です。親族や友人、知り合いなどに声をかけ、必要かどうかを聞いてみましょう。

近年はものを譲るためのマッチングサイトが話題になるなど、処分方法が多様化しています。不用品を譲渡すればゴミを出す手間も省け、環境保全にもつながるでしょう。

リサイクルショップに売る

まだ使えそうなものを売ってお金を確実にもらうなら、リサイクルショップという選択肢もあります。とくに価値が高いものや見た目が新品に近いものは、積極的にショップで査定してもらいましょう。

なかには、出張買い取りサービスを展開しているリサイクルショップもあります。売りたい荷物が多くて店舗に持ちこむことが面倒であれば、業者の自宅訪問を依頼して荷物を引き取ってもらいましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用すれば、ゴミ収集日の日程を問わず処分可能です。自治体回収業者よりもコストを要しますが、一度に大量の不用品を片づけてもらえるメリットがあります。

断捨離したもののなかには、粗大ゴミにあたるなどの理由で自治体では引き取ってもらえないものもあるかもしれません。通常のゴミは自治体に回収してもらい、それ以外は不用品回収業者に頼むというように使い分けてもよいでしょう。

捨てていいものといけないものの判断基準

捨てるものと捨てないものの判断基準は、今必要かどうかが基本です。スペースを作るためだけにものを捨ててしまうと生活で不便を強いられる可能性もあります。また、大切なものを捨ててしまうと親族などとトラブルになることもあるため注意しましょう。

自身の部屋を見渡し、最近使ったことがあったりこの先も使う可能性が高かったりするものならば残しておきましょう。いつか使うかもしれないと思っていても、何年も使った記憶がない場合はいらないものである可能性が高いです。

必要に思えるものでも自身の生活にあまり役立っていなかったり、ほかで代用できたりする場合は、今後は不要になると考えられます。このように一定の基準を設けながら、捨てるものと捨てないものを見分けましょう。

生前整理をしておくメリット

終活の一環として、自身の意思で荷物を仕分けることを生前整理と呼びます。これを済ませておくことで、今後の生活がしやすくなるだけでなく、親族のためにもなります。

ここでは、生前整理のメリット2つ紹介します。ポイントを押さえておけば、面倒に思える生前整理を積極的に行うモチベーションにもつながるでしょう。

遺される家族の負担を減らせる

生前整理を済ませておくことで、自身が亡くなったあとに遺品整理をする家族が楽になります。多くの場合、残された家族にも仕事や日常生活があり、遺品整理にあてられる時間は限られています。自身があらかじめ断捨離などで荷物を減らしておけば、家族の負担を減らすことができます。

日々の生活で長らく使わないものに気づいたらすぐに処分するなど、ものをためこまない習慣が大切です。これは老後の生活環境をきれいにするだけでなく、家族による後処理を簡単にするためでもあります。

自分の財産の状況を把握できる

生前整理はものの仕分けの一種になるため、進めていくと自身の財産や本当に必要なものが確かめやすくなります。財産状況を正確に把握するためにも生活範囲の見直しが重要です。

財産を整理しておけば、遺言状やエンディングノートにまとめる内容もわかりやすくなります。とくに相続にかかわることをまとめておくことは、遺族のトラブルを避けるためにも大切です。財布や銀行口座だけでなく、家や株など資産価値を持つものを取りこぼしなく確かめ、リストにまとめておくとよいでしょう。

よくある質問

Q:生前整理を始めるタイミングはいつがいい?

A:生前整理は遅くとも50代から始めることをおすすめします。50代なら体力が残っている可能性が高いからです。もっと若い年代であっても終活時の荷物整理が楽になるように、普段からものをためこまず不要なものは捨てる習慣を身につけるとよいでしょう。

荷物整理は、家にものが多いほど時間がかかります。毎日少しずつでも仕分けをして生活環境をすっきりさせましょう。これにより家族の遺品整理による負担も軽くなります。


Q:終活で捨ててはいけない具体的なものは何?

A:家族が遺品として残したい思い出のものや、毎日使うような生活用品は捨てないようにしましょう。荷物が多いからといってやみくもに処分してしまうと、後々の生活で不便を強いられるかもしれません。思い出の品がなくなったことで、家族との関係に影響が出る可能性もあります。

生前整理を始めるなら、家族にその内容を連絡して残しておきたいものを聞き出しておきましょう。自身だけでなく家族も望むような形で荷物を仕分けることが大切です。


Q:ものがまったく捨てられない場合はどうすればいい?

A:捨てられるものが見つけられない場合は、整理の基準を少しずつ厳しくしていきましょう。一定の期間を決めて、その間に使わないものは積極的に捨てていくこともひとつの方法です。

家族や専門家に相談してアドバイスをもらうことも、捨てるべきものの基準がわかりやすくなります。ひとりで整理しきれないときは、他人の助けを借りることも検討してみましょう。


Q:どれくらいまでものを減らせばいい?

A:生活環境は人によって違うため、一概にはいえません。しかし、ものの量が少なければ少ないほど、自身が亡くなったあとの家族による遺品整理は楽になるといえます。

毎日使わないものをひとつずつ捨てていけば、最終的には家に必要なものだけが残り、ものを減らせる限界の量がわかります。家族や専門家などのアドバイスも聞きながら、いるものといらないものを分けていきましょう。


Q:生前整理は終活アドバイザーに相談したほうが良い?

A:終活アドバイザーへの相談は必須ではなく、ケースバイケースといえます。しかし整理時にどこから手をつければよいかわからなかったり、捨てるべきか悩むものが多かったりした場合は、アドバイザーへの依頼も考えてみましょう。

生前整理も含めた終活の相談先は葬儀社遺品整理ライフエンディングサポート業者など複数の選択肢が考えられます。 小さなお葬式でも終活全般のサポートをしていますので、お気軽にご相談ください。


Q:ものの整理以外に始めておいたほうがよいことは?

A:ものの整理のほかにも、エンディングノートで自身の思いや財産状況、死後の遺族などへの希望、葬儀の段取りなどをまとめましょう。遺言状による相続先の決定なども考えてみるとよいでしょう。

正しく準備を進めることで、遺された家族も本人の思いを知ることができ、希望通りに物事を運んでもらいやすくなります。とくにエンディングノート遺言状は家族に思いを伝える最後の手段とされるため、積極的に活用しましょう。

▶ 参考:遺言書の種類と家族に遺言を残す上で知っておきたいポイントについて


まとめ

生前整理とは、自身が生きているうちに家にあるものや財産を整えておくことをいいます。これにより、亡くなったあとの家族による遺品整理も楽になります。

ものの整理の仕方は普段の断捨離とあまり変わりません。一定期間を決めてその間使わないものは捨てる習慣を身につけるなど、日頃から荷物を整理するくせをつけておくことがポイントです。自身の生活環境や家族のためにも、体が動くうちに生前整理を進めましょう。

小さなお葬式では、お葬式や終活を行いたい方たちの多様なニーズにお応えしています。生前整理や終活に関するご相談がある方は、ぜひ小さなお葬式までお問い合わせください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引