小さなお葬式のコラム

雑学のコラム

雑学

作成日:2015年02月10日  更新日:2019年06月12日

お酒は飲んでも飲まれるな。キリスト教の食事に関する制限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒は飲んでも飲まれるな。キリスト教の食事に関する制限

この記事は小さなお葬式が書いています

信者数が最も多いキリスト教は、数ある宗教の中でも比較的、食事に関する規律はゆるやかというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

絶対に肉を食べないなどの決まりはないものの、実はお酒を制限するルールや断食も存在する宗教なのです。

今回は、実は厳しい(?)キリスト教の食事に関する制限の話や、キリスト教と食事にまつわるいくつかの興味深いエピソードをご紹介したいと思います。

【もくじ】
キリスト教の食事制限
パンとワインを食べる理由
禁断のメニュー「ヤンソンさんの誘惑」
キリスト教の友人がいたら

キリスト教の食事制限

イスラム教やヒンズー教など、世界の宗教には厳格な食事制限がなされている宗教もあります。そういった宗教に比べて、キリスト教の食事制限はそれほど厳しくなく、絶対に禁止という食べ物はありません

そんな中にもいくつか存在する食事に関する制限をご紹介します。

お酒ではなく「酩酊(めいてい)」の禁止

キリスト教の一部の宗派でアルコールの摂取を禁止していますが、キリスト教全体ではアルコールの摂取に関して禁止されてはいません。ただし、お酒で泥酔してしまうようなことは禁止されています。

キリスト教の経典である聖書には、アルコールを肯定する記述があるのとともに、酩酊するのは禁止する記述がたびたび登場します。

たとえば...

・「神がクリスチャンに酒に酔ってはいけないと命令している」
・「酔うこととその影響を罪としている」
・「自分の身体をどんなものにも支配されないように命令している」

などがあげられます。

キリスト教の断食「大斎」「小斎」

キリスト教には、四旬節に断食をする習慣があります。四旬節という期間は、キリスト教においてもっとも重要な復活祭というものの46日前の水曜日から、復活祭前日までの期間をさします。

キリストが荒れ野で40日間断食したことに倣って行われるようになりました。なぜキリストと同じ40日間ではないかというと、日曜日は断食をしないという習慣があるためであり、日曜日を含めると46日間となるのです。

現在の断食は完全に食事を断つわけではなく、十分な食事を控えるという方法がとられていて、食事を抑える行為を「大斎」「小斎」と呼び、以下のような日程・ルールで行われています。

ただし、大斎と小斎は、病気や妊娠などの場合には免除されます。

大斎 小斎
日程 灰の水曜日、聖金曜日 灰の水曜日、毎週金曜日(祭日除く)
ルール 1日1回の十分な食事の他、朝ともう1回のわずかな食事を摂ることができる。満18歳以上満60歳以下の信者が行う。 肉類を食べない。ただし、愛徳のわざや信心業など、他の償いをもって代えることができる。満14歳以上の信者が行う。

※灰の水曜日…最初の水曜日、聖金曜日…復活祭直前の金曜日。

パンとワインを食べる理由

キリスト教では聖餐(せいさん)という儀式が行われていて、カトリックでは聖体拝領や聖体の秘跡と呼ばれています。一般的には御体(おんからだ)と呼ばれるパンだけを拝領しますが、御血(おんち)と呼ばれるワインを拝領することもあります。

これはキリストが最後の晩餐でパンとワインを食したことに由来しているのですが、では何故キリストはそれを食したのでしょうか?

キリスト教のもとになっている古代ユダヤ教には、生贄の風習があります。旧約聖書にも「生贄を捧げて穢れのない子羊の血を振りまく」という記述があり、これによって罪を贖うことができるとされています。

キリストは、この生贄の風習を再現したのです。最後の晩餐の席でキリストは、パンは自分の身体であり、ワインは自分の血だと言いました。

キリストは神の子羊とも呼ばれていたため、自分を生贄に見立てることで信者たちの罪を贖おうと考えたのです。

これが、最後の晩餐でパンとワインを食した理由です。

あわせて読みたい ユダヤ教の食事はステーキはよくてハンバーグNG!?厳しい食の規律について詳しく解説 世界三大宗教として知られているキリスト教とイスラム教は、ユダヤ教を元にしていることをご存知ですか?ユダヤ教では禁じられている食ベ物や食べ合わせ... 続きを見る

禁断のメニュー「ヤンソンさんの誘惑」

ヤンソンさんの誘惑という料理を聞いたことがありますか?

料理であることすらわからないような名前ですが、スウェーデンの伝統料理のひとつです。何故このような名前がついているのかですが、一般的な説では19世紀に実在したエリク・ヤンソンという宗教家が由来とされています。

ヤンソンさんは徹底的なベジタリアンで、肉や魚を一切口にしませんでした。そんな厳格なベジタリアンであるヤンソンさんが我慢できず、アンチョビ入りのこの料理を食べてしまったことから、「ヤンソンさんの誘惑」という名前がつけられました。

一言でいうと、ヤンソンさんの誘惑は、アンチョビとジャガイモのグラタンです。以下に、そのレシピを紹介します。

ヤンソンさんの誘惑料理
イメージ写真の出典:「女の子の食卓」(志村志保子)のヤンソンの誘惑

①材料はジャガイモ、アンチョビ、タマネギ、生クリーム
②ジャガイモは5mm程度の細切りにし、下茹でする
③タマネギは薄切りにして、バターで薄く透き通るくらいまで炒める
④耐熱皿に薄くバターを塗り、ジャガイモ・タマネギ・アンチョビ・胡椒の順に重ねる(このとき、重ねる分量は半分ずつにして二重にします)
⑤重ねたあとはちぎったバターを数個置き、パン粉や粉チーズをかけてオーブンで焼けば完成

キリスト教の友人がいたら

キリスト教には酩酊の禁止以外に食べ物を制限するというものは特別なく、食事を控えるべき日があるくらいです。もしキリスト教の友人とお酒の飲む機会があれば、ほどほどに止めてあげましょう。

最後に、キリスト教の食前の祈りの言葉で締めくくりたいと思います。

父よ、あなたのいつくしみに感謝してこの食事をいただきます。
ここに用意されたものを祝福し、わたしたちの心と体を支える糧としてください。
わたしたちの主イエスキリストによって。
アーメン。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.4/5
評価数(5)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引