終活

作成日:2017年07月13日  更新日:2019年09月17日

「生前遺影」で自分らしい遺影写真を残す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「生前遺影」で自分らしい遺影写真を残す方法

この記事は小さなお葬式が書いています

いい写真を選ぶ余裕がなかった・・・

人が亡くなった後、遺族は数々の手続きや手配を短期間に行わなければなりません。そんな状況の中で、遺影写真に使う写真を探して1枚を選び出すのは大変です。

その結果、あの写真で良かったのか他にもっと故人らしい写真があったのではないか、と振り返る遺族は多いです。

そういった経験から、最近ではご自身で生前遺影を準備する方が増えています。

小さなお葬式

【もくじ】
生前にすべき準備はいろいろあるが・・
生前遺影を準備するメリット
生前遺影の料金と準備する方法
まとめ

生前にすべき準備はいろいろあるが・・

生前に準備できることは多々あります。お墓を準備することはイメージしやすく、実際に準備している人も多いことでしょう。それに比べて、遺影写真を準備している人は少ないです。

2012年に経済産業省が発表している「安心と信頼のある『ライフエンディング・ステージ』の創出に向けた普及啓発に関する研究会報告書」によると、「遺影写真を撮影しておくこと」について「既に準備している」「現在準備中である」と回答したのは4.6%しかいません。

一方で、「準備すべきと感じるが、準備していない」と回答したのは46.8%にものぼりました。この調査結果からも、遺影写真の準備は後回しにする人が多く、遺影写真が必要になってしまったときには遺族が慌ただしい中で写真を探すケースが多いと想像できます。

あわせて読みたい 終活とは。より良い人生を送るための終活の始め方について詳しく解説 最近よく耳にする、終活(しゅうかつ)という言葉。終活とは、ご自身の人生の最期に向けて、前向きな気持ちで準備を行う活動のことで... 続きを見る

生前遺影を準備するメリット

生前遺影を準備するメリットは、2つあります。

1つ目は、葬儀の準備に追われる中でゆとりができることです。写真を探して、葬儀担当者に渡して、遺影加工についての打ち合わせをして・・という時間が短縮されるため、他の準備に充てられます。ひいては、家族に自分のことを偲ぶ時間の余裕を持ってもらうことができます。

2つ目は、自分自身で、自分が残したい姿を選べることです。火葬が終わり、納骨を済ませると、家族のもとに残るのは写真だけです。従来であれば、冒頭の方のように心残りになってしまうケースも少なくありません。生前に準備しておくことで、自分も家族も納得する写真を残すことができます。

生前遺影の料金と準備する方法

生前遺影を準備するには、

・生前に遺影写真を撮影する(料金は15,000円~20,000円程度)
・写真から遺影写真の作成を依頼する(料金は6,000円~15,000円程度)

といった方法があります。額も従来の黒額だけでなく、柔らかくあたたかい印象のカラー額も取り扱っている場合が多くなってきました。遺影写真の用意の仕方についての記事もありますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい 遺影写真の用意のしかたについて詳しく解説 遺影写真は故人の最後の記録であるため、記憶に残るようないい写真を用意したいもの。後悔しない遺影写真を用意するには、どうすればよい... 続きを見る

まとめ

これまでの遺影写真のイメージは、「白黒」「喪服」「堅い表情」で、亡くなってから用意するものでした。しかし、現在の葬儀事情からすれば、その形は少しずつ変わってきています。生前遺影を用意しておくことは、自分だけでなく、家族のためにもなります。

「小さなお葬式」は、高品質で低価格の遺影写真加工サービス『nocos』(ノコス)をご提供しています。

自分が思う、最も自分らしい姿をのこしませんか?


4.6/5
評価数(18)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引