雑学

作成日:2019年12月02日  更新日:2019年12月03日

ペット葬儀で用意する花について押さえておきたい必要なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペット葬儀で用意する花について押さえておきたい必要なポイント

この記事は小さなお葬式が書いています

長年、家族のように連れ添ってきた愛しいペット。愛しいペットとお別れする時がきたら、きれいなお花とともに旅立ちを見送ってあげたいものです。では、ペットの葬儀に適している花、避けた方が良い花はあるのでしょうか。また、人間の葬儀のときと同じように、なにか決まりはあるのでしょうか。

この記事ではペット葬儀で用意する花について、押さえておきたい大切なポイントを説明していきます。

小さなお葬式のペット葬儀


【もくじ】
ペット葬儀で用意する花を選ぶポイント
ペット葬儀においておすすめとされる花
ペット葬儀における花選びの決め手
まとめ

ペット葬儀で用意する花を選ぶポイント

ペットの葬儀に使う花に特に決まりはないので、好きな花を自由に選んでください。ペットとの思い出の中で、記憶に残っているような花で構いません。例えば、一緒に散歩に行ったときに道ばたに咲いていた花や、その子によく似合っていた色の花です。なにかしら縁のある花を選ぶと、きっとその子も喜んでくれるのではないでしょうか。

しかし、実際に花を選ぶ段階になると色々と目移りして迷ってしまうかもしれません。そこで、ペット葬儀の際の花選びに関する注意点を見ていこうと思います。

色の濃い花はNG

ペットの葬儀で花を選ぶ場合、人間の葬儀とは違って白い菊やユリなどの、いわゆる仏花を選ぶ必要はありません。ただし、濃い色の花はご遺骨に色が移ってしまうことがあるので避けた方が良いでしょう。花の色を選ぶのであれば、できるだけ濃い色は避けて淡い色のお花を選ぶようにしましょう。

また、棺の大きさによって中に入れるお花の量が制限されることもあるので、大量の花を入れるのも避けた方が無難でしょう。

造花は避けること

造花の場合、材質によっては棺の中に入れることができないものがあるため、できれば避けた方がいいでしょう。造花の材質によっては、造花の燃えかすがお骨に付着してしまい、きれいな形でお骨が残らない場合があります。ただし、紙製の造花であれば棺の中に入れても大丈夫です。また、棺の中に入れずに飾るだけに使うのであれば問題ありません。

蕾より開花した花

人間の葬儀のとき、棺に入れる花は蕾ではなくきれいに咲いた花です。きれいに咲いた花と一緒に故人を送るという気持ちから、蕾の状態より開花した花の方が良いとされています。また、きれいに開いた花を棺に入れることで、華やかに送り出すこともできます。これは、ペット葬儀のときも同じです。家族の一員だったペットを想って、きれいに咲いた花と一緒にあの世に送ってあげた方が、その子も喜ぶのではないでしょうか。

庭に咲いた花に注意

ペットと過ごした自宅の庭に咲いている花を、最後の見送りの際に飾りたいと思う方も多いと思います。しかし、ペットが亡くなってすぐに火葬ができない場合もあります。

ご自宅でご遺体を安置するときに、庭に咲いている花などを入れると、花についている虫などによってご遺体が痛む可能性があります。火葬まで時間があるときには、庭の花や自然に咲いている花を飾るのは避けましょう。

ペットのサイズにあった花を用意

ペットの葬儀の時に使う花の大きさにも、特に決まりはありません。しかし、棺の大きさにあわせて花の大きさや量を選ばないといけません。

例えば犬の場合、超小型犬から大型犬まで大きさは様々です。ペットの大きさに合わせて棺の大きさも決まりますので、小さな子の棺に大ぶりな花は入らないかもしれません。逆に、大きな子の場合は花の量が少ないとさみしく感じられますので、ペットのサイズに合わせて花の大きさや量を決めるようにしましょう。

ペット葬儀においておすすめとされる花

それでは、ペットの葬儀においておすすめとされる花はなんでしょうか。一番良いのは、その子との思い出がある花だとは思いますが、季節によっては手に入りにくいこともあるでしょう。ここでは、お花屋さんで手に入る花の中で、ペット葬儀によく使われる花とその理由を説明したいと思います。

カーネーション

カーネーションの花ことばは、「無垢で深い愛」です。家族の一員として、皆さんに無垢の愛を注ぎ続けてくれた愛しいペットを見送るのに、まさに最適の花ではないでしょうか。カーネーションは品種改良により、季節を選ばずに入手できます。また、色味は濃くないが、色の種類が多いこともカーネーションが好まれる理由かもしれません。

とくにペット葬儀の時は、カラフルなお花を使われる方が多いようです。

ひまわり

太陽の下で元気よく咲いているイメージのある、あのひまわりです。お葬式にひまわりと聞くと、ちょっと意外に思う方も多いかもしれませんが、明るく元気なイメージのあるひまわりは、ペットの葬儀では人気のある花です。

ひまわりの花ことばは「私はあなただけを見つめる」です。これからもあなたのことをずっと見続け、愛し続けていくことをペットに伝えたい飼い主の方にはもってこいの花ではないでしょうか。

チューリップ

かわいらしく、またカラフルなチューリップは誰もが知っている花です。チューリップの花ことばは「おもいやり」です。飼い主のペットに対する気持ちがこもった花として、ペット葬儀の時にもよく使われます。チューリップは子どもにも好まれる花なので、自分の子どものように愛したペットに贈る花として、選ぶ方も多いのだと思います。

スイートピー

甘い香りが印象的なスイートピーはペットの葬儀にも、またお悔やみの花にも適した花です。スイートピーの花ことばには、「優しい思い出」という意味があります。家族の一員としてペットと過ごした日々が、優しい思い出になるように想いを込めてはいかがでしょうか。カラフルなスイートピーは、他の花とのアレンジメントにも適していますので、ブーケとして用意してあげるのも良いかもしれません。

ガーベラ

ガーベラもまた、様々な色を楽しめる花です。ガーベラの花ことばは、「常に前を向く」「希望」です。ペットを亡くして悲しむのは仕方ありませんが、いつまでも悲しい顔をしていては心残りも多くなってしまいます。残された家族が、私たちは元気だから心配しないで、という気持ちをペットに伝える意味でペット葬儀にふさわしい花かもしれません。

ペット葬儀における花選びの決め手

ペット葬儀における花選びの決め手はなんでしょう。まずは、自分のペットに対する愛情・気持ちを示すことが大切です。それは、これまでのペットとの暮らしや思い出によって、人それぞれ異なることでしょう。

花選びは人間の葬儀よりは自由ですが、最低限葬儀場などで決められたルールを守る必要があります。ペットの最後を見送るときを迎えて、抑えられない気持ちもあるとは思いますがルールをよく確認してください。

花束の見栄え

花選びの自由度は高いですが、花束として供えるときは見栄えを確かめるようにしてください。奇抜すぎるなど、葬儀に合わないような花を選ぶことは避けたほうがいいでしょう。思い入れの強い花があるのであれば、その花を入れた奇抜でない花束を作ると贈られるペットも喜ぶのではないでしょうか。

値段

ペット葬儀の花選びで迷ったら、葬儀に詳しい方のアドバイスを受けるようにすると良いでしょう。ペットの葬儀場も数多くあります。葬儀場によっては決まりごとがあります。せっかく選んだ花を、棺に入れてあげられなかったらさみしいものです。

棺の中には花のほかにも、ペットの写真や愛用していたおもちゃなどを入れることが多いでしょう。そういったものも含めて、棺の中に入れるものについてきちんとアドバイスを受けた方がよいでしょう。

他の方のアドバイス

家族と相談したり分からないことを業者に相談したりしても、ペットの葬儀が初めてという方の中には、あまりイメージできないという方もいるでしょう。人間の葬儀と同じように、ペットの葬儀をしたことのない方にとっては、ペットの葬儀がどのようなものなのか未知の世界です。

そのような場合は、ほかの方が一体どのように葬儀を進めているかを聞いてみるといいでしょう。実際に体験したことのある人や現在進行形の人の話を聞くことで、多少なりともイメージしやすくなることがあります。

あわせて読みたい 今どきのペットの葬儀事情とその問題点について詳しく解説 日本では、ペットの飼育数が子どもの総人口を上回ったというデータもあり、ペットに対するサービスは年々増えています。そして、最近ではペットの葬儀まで... 続きを見る

葬儀の規模

葬儀はかわいいペットの最後の場です。大々的に葬儀をしたいという気持ちが強い方もいらっしゃるでしょう。ペットの葬儀にも人間の時と同様に納骨まで立ち会う立会葬儀から、ペットを預けて火葬を依頼し遺骨を骨壷に収めてもらったうえで返還してもらう個別一任葬儀、ほかのご家族のペットなどと合同で火葬を行う合同葬儀など様々な種類があります。

ご自分がどの葬儀を選ぶかで、葬儀の規模も料金も変わってきます。葬儀の規模に応じて花を選ぶことも大切だということを忘れないでください。

まとめ

現在ではペットを大事にする人達が増え、家族同様の暮らしをしている方も大勢いらっしゃいます。そんな中で、家族の一員だったペットの最後を見送る葬儀の場も、人間の葬儀と同様にきちんと見送りたいと言う方が増えてきています。中には、愛しいペットのためだったら、いくらでもお金を掛けてもいいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ペットへの愛情は葬儀の大きさや、かけるお金で決まるわけではありません。こぢんまりとした葬儀であっても、心がこもっていれば見送られるペットは喜んでくれるでしょう。そういう意味では、思い出のある品や愛着のあるもの、お花などを棺に一緒にいれてあげることは、ペットに対する思いやりや愛情を示すことになるでしょう。

「小さなお葬式」では、大事なペットの葬儀を愛情たっぷりに行うことで、生前のペットを偲びながら安らぎのひと時を演出いたします。ご予算はもちろんのこと、葬儀に関するさまざまなご相談にも対応可能ですので、まずは一度お気軽にお問い合わせくださいませ。

小さなお葬式のペット葬儀


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引