無料ご相談窓口

スタッフ紹介-いむら

「哀しみ」の解消を考える

いむら

いむら

「お客様の「哀しみ」の解消を考える」私の人生に影響を与えている言葉です。

例えば、〇〇へ行きたいけど適切な交通手段がない…最近、お肌に張りがなくなったわ…など「困ったな」と思うことがお客様の「哀しみ」であり、それを解消することがサービスを提供する側の使命だと考えます。

「小さなお葬式」へのお電話は葬儀のご相談やご依頼ですから、大切な方を亡くされた哀しみにも直結します。

しかし、ご相談をお受けしている中で感じるのは、他の人から見れば「そんな些細なこと?!」と思われがちな心の中の気がかりがお客様の中では、大きな哀しみ=気がかりになってしまうということです。

後悔のない大切な方のお見送りになる様に、今日もお電話の前でお待ちしています。

「最期を考えること」と「生きること」

近年、ご葬儀に対する考えが大きく変化していることを実感します。

家族が亡くなることを事前に考えるなんて!と私の子供の頃にはタブーだったことが、昨今は、自分の家族だけでなく自分自身の最期を考える時代になりました。

葬儀の仕事に関わりながら自身の家族のことを現実的に考えた時、驚く程に動揺した自分がいました。恐らく、どんなに準備をしても哀しみや心の動揺はゼロにはなりません。

しかし、最期を考えた時に見える、生き方や家族への想いがあることを実感しています。

ご葬儀の相談をお受けすることで、「生きる」ことにつながるお手伝いができれば…と思っています。

事前相談でもお気軽にお電話ください。終活に便利なエンディングノートをプレゼントします!
24時間 365日 通話料 無料

スタッフのご紹介

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください!

その他、日頃寄せられるお葬式に関する
質問をまとめております。

よくある質問

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引