葬儀・お葬式の流れ

出棺

出棺の流れ

  • お別れの儀
  • 柩を運ぶ
  • 喪主の挨拶
  • 火葬場へ向かう

※「ひつぎ」という漢字は「棺」と「柩」があります。棺桶そのものを指す場合は「棺」、故人のご遺体が収められている場合は「柩」を使います。「柩」という漢字には箱の中に人が入っているという意味があり、霊柩車も「柩」の漢字が使われます。

お別れの儀

通夜式の席次、席順

祭壇からお棺を下ろし、遺族・親族・関係者による故人との最後のお別れをします。この時、参列者には別室または外で待機してもらいます。 葬儀社・葬儀屋が棺のふたを開け、近づくように促しますので、喪主が最も近づき、関係の深い順に取り囲みます。
祭壇に飾られた花や、供花の花の部分だけを棺の中に入れていきます。これを「別れ花」といいます。 この際、遺品や手紙など一緒に収めてもかまいません。

柩を運ぶ

お別れの儀が終わったら、お棺の蓋を閉め、喪主から血縁の深い順に小石で釘をお棺の蓋に打ちます。 釘打ちは形式的なものなので、2回・3回打つだけでかまいません。
その後、遺族・親族の男性6人くらいで棺を霊柩車まで運びます。 その際、玄関からではなく、裏口や縁側などから運び出すしきたりがあります。 これは、死者の霊が戻ってこないようにという意味があります。

喪主の挨拶

お棺を霊柩車に乗せた後、喪主が参列者にお礼の挨拶をします。遺族が位牌と遺影を参列者に向けて持ち、喪主がお礼を述べます。

火葬場へ向かう

火葬場へと向かいます。位牌を持った喪主が霊柩車に乗ります。僧侶と遺影を持った遺族はハイヤーに乗ります。
マイクロバスに残りの遺族や故人の友人たちが乗ります。 お手伝いの人たちは葬儀場・斎場・自宅に残って、後片付けや火葬場から帰った後の還骨法要、精進落としの準備をします。
火葬場に向かう際には必ず「火葬許可書」を持参します。 火葬許可書がないと、火葬はできません。事前に葬儀社・葬儀屋に預けておくか、喪主が保管しておきましょう。

葬儀・法要のマナーのトップへ

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引