お仏壇の最適な向きが分かる!宗派や部屋に合った方角の決め方
供養

作成日:2014年11月25日  更新日:2020年09月01日

お仏壇の最適な向きが分かる!宗派や部屋に合った方角の決め方

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

新しく仏壇を購入したとき、どの向きで置くかを考える必要があります。実は、仏壇の向きはそれぞれの宗派によって決まっていて、それにはきちんとした理由があるのです。

宗派による正しい向きとその理由を知れば、よりよい供養にもつながることでしょう。

この記事では、仏壇の向きが持つ意味、宗派ごとの適切な仏壇の向き、置き場所を決める時に注意することなどをご紹介します。

【もくじ】
仏壇の向きが持つ意味
宗派ごとの仏壇の向き
置き場所を決めるときに注意すること
仏壇への供物にも正しい向きがある
まとめ

仏壇の向きが持つ意味

宗教によって仏壇を置く方向が変わるのは、宗教の歴史上の意味があるためです。仏教では、あらゆる方角に仏がいるという考え方があり、仏壇を置く向きに吉凶はありませんが、北に向けて置くことは避けられます。

ここでは仏壇の向きとして主である「東」と「南」の理由をお伝えします。

東向き(東面西座説)

東向きの東面西座説は、インドの慣習からきており、東は日の出の方角で立身出世の象徴とされています。そのため、インドでは主人は東向きに座るのが良いといわれています。これが日本にも伝わり、仏壇を東向きに置くようになりました。

また、極楽浄土は西方浄土とも呼ばれ、西にあるとされています。その極楽浄土の方角を向いて祈るために、仏壇は東向きになっているという説もあります。これを西方浄土説といいます。

南向き(南面北座説)

仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれています。王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため、家来は北を向いて座ります。

古代中国ではこれが一般的で、日本でもこれに倣って敬う人は南向きに座るようになりました。それ故に、敬うべき仏も南を向くのです。

あわせて読みたい 位牌の価格相場と購入時に確認しておくことについて詳しく解説 位牌(いはい)の価格は位牌の種類ごとに相場が異なり、彫刻の細かさや漆を塗り重ねる回数などの加工内容によって価格が高くなっていきます。位牌は故人の魂... 続きを見る

宗派ごとの仏壇の向き

各宗派では、どの向きに置かれているのでしょうか。

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗と臨済宗では、仏壇を南向きに置くことが多いです。これには、先ほど紹介した中国の習慣とは別に、釈迦が説法をするときに南向きに座っていたといわれていることも関係しています。曹洞宗では実際に、場所条件さえ合えば南向きに置くことを推奨しています。

浄土真宗・浄土宗・天台宗

浄土真宗、浄土宗、天台宗の3つの宗派は、仏壇を東向きに置くことが多いです。この3つの宗派は、本尊として阿弥陀如来を祀っています。阿弥陀如来は西方浄土にいるとされているため、その方角に向かって祈るために仏壇は東向きになっています。

真言宗

真言宗は、ここまででご紹介した説に当てはまらない、本山中心説です。本山中心説とは、拝む方向の延長線上に総本山がくるように仏壇を置くため、方角が決まっているわけではありません。仏壇を置く部屋と本山との位置関係により、方角は変わるのです。

日蓮宗

日蓮宗では、特別どの方角に向けて置くというものはありません。そういったことは気にせず、自由に置いても良いとされています。しかし、それでも他の宗派の話などを聞くと、仏壇を置く向きについて気になることもあるでしょう。そういった場合は、祈祷によって置く方角を占ってもらうこともできます。

置き場所を決めるときに注意すること

仏壇を置く方角は、宗派によりある程度決まっていますが、置く場所によってはいくつか気を付けなければならないことがあります。

直射日光などの環境に注意

これは特に、本山中心説の場合に注意が必要です。太陽は東からのぼるため、東側に窓がある部屋では直射日光が差し込みます。そのような環境で、西側に本山があるからと東側に仏壇をおいては、仏壇が直射日光を浴びてしまうことになります。ほかには多湿など、仏壇を置くのに適さないこともあります。このような場合、置く部屋や向きを変える必要があります。

神棚と向かい合わせにしない

神棚と仏壇が同じ部屋にある家も珍しくはありません。日本では神仏習合(しんぶつしゅうごう)によって、神道と仏教が同一視された時期があったためです。しかし、同じ部屋にあること自体には問題がないものの、向かい合わせに置かれていればそれは問題となります。

向かい合わせに置いた場合、神棚に祈っているときは仏壇に、仏壇に祈っているときは神棚にお尻を向けてしまうことになります。神仏両方にとって大変失礼なことですので、向かい合わせにしないようにしましょう。

床の間と向かい合わせにしない

向かい合わせについては、床の間と仏壇を向かい合わせにすることもいけないとされています。床の間は、その家でも最高の上座になります。そのため、これに向かい合うように置かれた仏壇は、下座の扱いとなってしまいます。逆に、床の間に仏壇を置くことは最上であるともいわれているので、床の間に仏壇を置くのは良い事とされています。

現代の住宅事情に合った仏壇

置き場所の注意点をお伝えしましたが、マンションやアパートに住んでいる方は、スペースが手狭で置きたい場所に仏壇を置けない場合もあるでしょう。現代の住宅事情に合った、どのお部屋のインテリアにも合わせられる、小型の仏壇もございます。

木の家ライト

参考:小さなお仏壇 木の家

仏壇への供物にも正しい向きがある

仏壇にお供え物をするとき、そのお供え物に掛紙や包み紙がついていることがあります。お供え物には名前などが書かれていますが、その文字が自分たちに向くように置くのが良いとされています。

仏にお供えするものであるから仏に向けるべきだという意見もありますが、お供え物は仏に差し上げるという意味ではなく、仏から下されたものだと受け止めます。受け取るのが自分たちであるため、文字も自分たちの方を向くようにして置くのです。

あわせて読みたい 故人としっかり対話するための仏壇へのお参り作法について詳しく解説 日本では、昔から日々仏壇をまつり、お参りをしてきましたが、現在では、法要など特別な日を除けば、お参りをする機会というのも減ってきています。また、仏壇... 続きを見る

まとめ

仏壇やそれに関係するものは、置くときの向きについても理由があり、決められています。必ずその通りにしなければいけないわけではありませんが、より深い信仰と供養をするために、考慮して決めるようにしましょう。

「小さなお葬式」では、どのお部屋にも合うコンパクトな仏壇を、低価格でご用意いたしております。和室にも洋室にもマッチする仏壇や、伝統的で本格的な作りの仏壇など、お手頃価格で購入いただけます。



葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.8/5
評価数(23)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事