遺影加工とはどんなもの?加工の方法や流れを徹底解説!

遺影加工とはどんなもの?加工の方法や流れを徹底解説!

近年、デジタル技術の普及によって簡単に写真の加工ができるようになりました。携帯のアプリやパソコンの加工ソフトを活用して、服装や背景を変更したり不要な部分を削除したりすることができます。

手元にある写真を遺影として使いたい場合は、遺影用の加工を施してから使うことが一般的です。

では、遺影用の写真はどのように加工するのでしょうか。この記事では、遺影写真の加工方法や流れについて解説します。

こんな人におすすめ

遺影加工とは何かを知りたい方

遺影写真を加工する3つの方法を知りたい方

遺影写真を加工する際の流れを知りたい方

このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント

遺影加工の意味とは?

遺影加工とは、写真のデジタル画像データを加工して遺影を作成する作業のことです。画像編集アプリやソフトを活用して、写真の色調や明度、彩度を調整することで遺影に適した写真に加工できます。

トリミングや背景など不要な部分を削除することで、故人の写り方も調整可能です。最近では編集技術の向上により、希望の服装に合成したり視線など表情を調整したりすることも可能です。

今までは写真をスキャンで読み取ってデータに変換する方法が一般的でしたが、デジタル化に伴い、故人や遺族が写真データを準備する事例が増えています。

遺影写真を加工する3つの方法

写りや色合いに違和感がある写真でも、加工や修正をすることで遺影に合うような写り方に整えられます。

写真をきれいに加工することで、故人の遺影は華やかなものになります。ここからは、遺影写真を加工する方法を3つ紹介します。

葬儀社に依頼する

遺影写真の加工や作成が含まれている葬儀プランを設けている葬儀社もあります。写真加工を依頼したい場合は、葬儀の打ち合わせの際に通夜や葬儀と合わせて依頼するとスムーズです。

事前に使用したい写真や画像のデータを準備しておけば、遺影の準備を滞りなく進められます。写真の状態やデータの形式によっては加工できない可能性もあるので、サイズや写りの違う写真をいくつか用意しておくと安心です。

遺影加工サービスを利用する

遺影加工サービスは、写真を遺影に適した状態に加工編集するサービスで、店舗やインターネットから依頼可能です。インターネットで注文する場合は、写真の郵送や画像データを送る必要があります。

依頼から受け取りまでに時間を要することもあるので、急ぎの場合は早めに仕上がるプランなどを活用するとよいでしょう。

遺影加工サービスは、実店舗やインターネット店舗など業者によって提供しているサービスが異なります。依頼する際は、サービス内容や料金、納期などを比較検討することをおすすめします。

画像編集ソフトやアプリで加工する

遺影写真の加工は、画像編集ソフトやアプリを使用して自分で行うこともできます。無料で利用できるソフトやアプリもあるので、写真加工にかかる費用を抑えられます

また、自分の好みに編集ができて、納得がいくまで何度も修正できる点も遺影を自作するメリットです。ただし、画像加工の経験がない場合はソフトを使いこなすまでに時間がかかるので、急ぎの際は不向きな方法です。

最近では初心者でも使いやすい画像編集ソフトやアプリもあるので、葬儀まで時間に余裕のある方は挑戦してみてもよいでしょう。

遺影写真用の素材の選び方

遺影写真に使用する素材は、故人が正面を向いていて高画質でピントが合っているものを選びましょう。もともとの素材がきれいだと、編集にかかる時間を減らすことができます。

素材のサイズが極端に小さかったり低画質だったりすると、遺影写真がぼやける原因になります。遺影写真は拡大して額縁に入れることが多いので、小さい状態ではきれいでも大きくすると印象が変わってしまうことがあります。元のサイズや画質にも注意して選ぶことを意識しましょう。

遺影写真を加工する際の流れ

ここからは、遺影写真を加工する流れを紹介します。加工手順を把握しておけば、仕上がりまでの工程をイメージしやすいでしょう。

1. 素材写真のデータ化
最初に、編集するために素材写真をスキャンしてデータ化します。画像データを準備している場合は、スキャンは不要です。遺影の額縁に収める部分をきめて、余分な箇所を切り取ります。

2. 背景・服装の変更
背景を変更する場合は、故人の写っている部分を残して不要な箇所を消して好みの背景に差し替えます。服装は、着物やスーツなど希望の衣服を合成することで変更可能です。

3. 不足部分の補填
写真によっては、故人が他の被写体と被ってきれいに切り取れず一部かけてしまうことがあります。その際は、合成加工をすることで足りない部分を修正することができます。

4. 色味や写りの補正
背景や服装などを整えて、故人の写りの修正が終わったあとは色味や写りの補正を行います。色褪せた部分を鮮やかにしたり、カラーを白黒にしたりできます。

5. 美肌加工
シミやシワなどを消して肌を明るくすることで、故人の写りをさらにきれいなものに仕上げます。

このような工程を経て加工された写真が遺影として使用されます。

自分で遺影写真の加工をする際のポイント

デジタル化に伴い、昔に比べて個人で対応できることが増えました。そのため、自分で遺影写真を加工する方も多くなっています。

遺影写真の加工もその中の1つといえるでしょう。ここからは、自分で遺影写真を加工する際の注意点と押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

故人らしさが伝わる背景を選ぶ

遺影写真の背景にきまりはないので、遺影にしたい写真を編集して好みの背景と合成する方法が一般的です。また、写真に写っている背景をそのまま使用することもできます

合成する背景は、ブルー系やモノトーン系の単色や風景のデザインなどが人気です。ブルー系の背景は爽やかな印象をもたせたいときに使用するとよいでしょう。

昔から遺影写真の背景として使用されているモノトーン系の背景は、落ち着きのある印象を与えます。風景のデザインは個性的な印象になるので、遺影も華やかになります。写真の背景は、故人らしさや雰囲気にあったものを選ぶことをおすすめします。

故人らしい服装にする

遺影写真の服装といえば、着物など和装を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、時代とともに葬儀に対する考え方も変化しています。そのため、遺影の服装も故人らしさが伝わるものを選んで合成する方も増えています。

どのような服装にするか迷った場合は、故人の印象を想像してイメージに合った衣服を選ぶとよいでしょう。

過度な加工はしない

技術の進歩により、顔の輪郭やシミ、傷跡を消すなど細かい部分まで編集ができるようになりました。自分で加工する場合は、写りを良くしたいために必要以上の加工を施してしまうこともあります。

遺影写真と本人の姿が違いすぎると違和感が出てしまうので、もともとの姿と大きく異なるような加工は避けましょう。肌や唇の色合いは、鮮やかにし過ぎず自然な加工を施しましょう。

色の見え方には個人差があるため、完成した遺影写真を家族や友人に見てもらってもよいでしょう。第三者から見て違和感のない加工に留めることが大切です。

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ情報が満載です。

いざというときの事前準備にぜひご活用ください。

喪主が必ず読む本

全員に「喪主が必ず読む本」プレゼント 無料資料請求はこちら

「小さなお葬式」で葬儀場・斎場をさがす

小さなお葬式は全国4,000ヶ所以上の葬儀場と提携しており、葬儀の規模や施設の設備などお近くの地域でご希望に応じた葬儀場をお選びいただけます。

まとめ

遺影加工とは、画像データを編集して遺影を作成する作業のことです。加工方法は主に3つあり、葬儀社に通夜や葬儀と合わせて依頼する方法、遺影加工サービスに依頼する方法、画像編集ソフトやアプリを使って自分で加工する方法があります。

遺影写真の素材は、写り具合やサイズに注意をして加工可能な写真を選ぶ必要があります。通夜や葬儀に適した遺影を作成するために、事前に遺影写真の加工の流れを知っておきましょう。

小さなお葬式では、遺影加工サービスの「nocos(ノコス)」を提供しています。遺影の準備や葬儀に関するお悩みをお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

監修
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)
信長 洋輔(小さなお葬式 コラム編集長)

株式会社ユニクエスト社員
「小さなお葬式のコラム」の編集長。
葬儀葬式・法事法要だけでなく、終活・老後資金などFP関連の知識にも精通。
葬祭ディレクター1級の資格取得に向けて学習中。
葬儀業界最大級の、合計2000記事以上を管理。
運営会社についてはこちら

このままWEBで調べたい方
小さなお葬式についてもっと知る
このままWEBで調べたい方小さなお葬式についてもっと知る
事前準備をすすめたい方 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求する(無料)
事前準備をすすめたい方喪主が必ず読む本プレゼント!無料でお届けいたします。資料請求する
小さなお葬式LINE公式アカウント
小さなお葬式LINE公式アカウント

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
基礎知識・マナーを徹底的に解説 葬儀・葬式の流れ