日本の常識は世界の非常識!?日本の火葬率は世界No.1
雑学

作成日:2013年11月08日  更新日:2020年09月01日

日本の常識は世界の非常識!?日本の火葬率は世界No.1

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

人が亡くなると、火葬をして、お骨をお墓に納めるのが常識…
でも、これって日本だけの風習だそうだ。

生まれてこの方、火葬のお葬式しか知らないけど日本がむしろ珍しいの!?
世界の葬儀の傾向を調査してみた。

【もくじ】
お隣の国々、中国と韓国は土葬と火葬がほぼ半々
アメリカやヨーロッパは土葬の方が多い
まとめ

お隣の国々、中国と韓国は土葬と火葬がほぼ半々

まず日本と隣り合った中国や韓国はどうなっているのか。

中国や韓国は、葬儀に関して、儒教の2つの考え方が影響しているそうだ。
一つは親に従い、孝行するという儒教の「孝」という考え方。
もう一つは、儒教の死後は魂が二つに分かれ、
ひとつは天に、ひとつは地に還るという考え方。

この二つの考え方からすると、火葬というのは親の体を焼いて破壊し、
魂の還る場所をなくしてしまう重大な親不孝になってしまう。
そのため、中国や韓国では土葬が主流だった。
ただ、人口の多い中国と国土の狭い韓国。どちらの国も、
多種多様な考え方が広がり始め、若者中心に儒教の教えが薄らいできているようで、
じわじわと火葬が増えてきているそうだ…。

そのため、現在では中国は全体の約67%が火葬、
韓国の火葬は49%と、火葬と土葬の比率はおよそ半分となっている。

アメリカやヨーロッパは土葬の方が多い

では欧米諸国ではどうなのか、
アメリカやヨーロッパの主流は火葬ではなく土葬である。
その理由として、欧米ではキリスト教徒が多く、死後の復活が信じられている。
「遺体を焼く=復活できない」という考え方がある為、土葬が主流となっている。

フランスでは 特に伝統的なカトリックの信者が多く、
遺体を焼くことに抵抗がある人が多いため、火葬率は30%と低い水準である。

ただ、キリスト教徒の多い国は一律に土葬が主流かというと、
イギリスは異例で火葬率が73%と高い。
合理的と言われるプロテスタントが多い為、考え方もややドライ。
そんな考え方が影響して火葬が受け入れられたのかとも考えられるが、
実は土地不足の問題が多分に影響しているようだ。

その証拠にアメリカもプロテスタントの多い国だが、
広い土地があるため、火葬率は40%とイギリスと比較すると低い水準である。

キリスト教徒にとっての火葬は、やむにやまれずといったところなのだろう…。

まとめ

こうした世界の葬儀と日本の葬儀を見比べて見ると、
他国で火葬率が50%を下回る国が多い中、日本の火葬率は99.9%。
なんと日本は世界一の“火葬先進国”なのだ!

しかし、そんな日本も、火葬が普及してから70年程度しか経っておらず、
特に明治時代までは、日本の火葬率は10%にも満たなかったというのだ。
戦後、日本がどんどん発展していく中で、少ない土地を有効利用でき、
衛生面でも安心な火葬が広まっていったのだそうだ。

日本からすると土地問題も、衛生面の問題も解消できる合理的な火葬。
浅い歴史ではあるものの、いまの日本で
火葬にそれほど疑問を覚えている人はいないのではないだろうか…。

しかし、世界に目をやると、
「遺体を焼いてしまうなんて、とんでもない!」という反応が主流のようだ。

人口は増えてくが、地球の土地は有限。
わずか70年で火葬が主流になった日本のように、100年後には世界も日本も、
葬儀の当たり前が大きく変わっているかもしれない。

<データ出典元>:「ファロス」2011年冬号、イギリス火葬教会発行


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.2/5
評価数(11)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事