小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2015年06月22日  更新日:2019年05月17日

お葬式での数珠の使い方と宗派ごとの数珠の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お葬式での数珠の使い方と宗派ごとの数珠の種類

この記事は小さなお葬式が書いています

仏式のお葬式に参列する際、必要な持ち物の一つに数珠がありますが、どんな数珠を用意するとよいのでしょうか。

一口に数珠とはいっても種類は様々で、宗派によって色や形が異なります。新しく用意するのであれば、自分の宗派に合ったものを選びたいものです。

この記事では、お葬式に参列する際の正しい数珠の使い方、宗派ごとの数珠の種類、取り扱いの注意点などをご紹介します。

【もくじ】
通夜・葬式での正しい数珠の使い方
お葬式では自身の宗派に合わせた数珠を用意
宗派ごとの数珠の種類
数珠に関する注意点
数珠は信仰に合わせて相応しいものを

通夜・葬式での正しい数珠の使い方

ここでは、一般的な数珠の持ち方を分かりやすくまとめた動画を参考にご覧ください。(動画は48秒です)

参考動画:<浄土真宗本願寺派>葬儀の際の数珠の持ち方【小さなお葬式 公式】 の動画が見られない場合はこちら

葬儀の最中は、基本的に数珠を出しておきます。焼香のときにカバンから取り出す方もいますが、これは正しい作法とはいえません。

数珠の持ち方としては、左手に掛け、輪の中に右手を入れ、合掌します。座って読経などを聞いている時は左手首にかけ、焼香などで歩く必要がある時は房を下にして左手で持ちます。左手で持つのは、左手が仏の清浄な世界を、右手が我々の世界を指しているからです。

焼香の際には、宗派によって持ち方が変わりますが、基本的には合掌し、親指と人差し指の間に数珠をかけます。長い数珠を一連のままで使う場合は、中指に掛け渡して手を合わせます。

あわせて読みたい いざという時に恥をかかない焼香のやり方について詳しく解説 葬儀での正しい焼香の作法をご存知でしょうか。葬儀は経験する回数も少なく、「焼香は前の人と同じように行おう」と考えられる方もいらっしゃる... 続きを見る

お葬式では自身の宗派に合わせた数珠を用意

数珠は本来、僧侶が読経を唱える数を数えるために使っていた仏具です。そのため、仏式ではないキリスト教神道の葬式の場合は、数珠を用意する必要はありません

仏式の葬式に参列する際は、自身の信仰する宗派に合わせた数珠を用意します。また、信仰する宗派が決まってない場合は、宗派に関わらず使用できる略式の数珠を用意すれば問題ありません。

宗派ごとの数珠の種類

■浄土宗の本式の数珠

浄土宗の本式の数珠
イメージ写真の出典:遊禅スタイル

浄土宗では、二連の輪違いの数珠を使います。2つの数珠を組み合わせた構成になっており、金属製の二連の輪に房がついているのが特徴です。一連が27玉、もう一連が20あるいは40玉です。二連の輪違いになっているのは、念仏の数を沢山数えるためだとされています。玉の数自体はほかの宗派の定番である108個よりも少ないですが、2つの数珠の組み合わせで数を数えることができるため、結果的に数えられる数ははるかに多くなるのです。

■浄土真宗の本式の数珠

浄土真宗の本式の数珠
イメージ写真の出典:お数珠ねっと

浄土真宗は煩悩具足(煩悩をもとから身に備え持っていること)のままで救われるという教えであるため、数珠を繰って煩悩を消す必要がありません。そのため、片方の房が「蓮如結び」という形式で結ばれていて、数取りができないようになっています。もう片方の房には、20個の弟子玉がついています。

■真言宗の本式の数珠

真言宗の本式の数珠
イメージ写真の出典:数珠・念珠の専門店亀屋

真言宗の数珠は、表裏2本ずつの房が付いています。親玉から数えて7個目と21個目に四天という小さい玉がついているのも特徴です。これは、お経を7回、21回、54回、108回と唱える修法にもとづいているとされています。振分数珠(ふりわけじゅず)とも呼ばれます。

■天台宗の本式の数珠

天台宗の本式の数珠
イメージ写真の出典:数珠・念珠の専門店亀屋

天台宗では、主玉に丸玉ではなく平玉が使われることが多くあります。このことから、玉を繰りやすくなっています。また、親玉からは20個の平玉の弟子玉と10個の丸玉の弟子玉が下がっていて、これらを用いるとおよそ3万回のお経を数えることができます。

■日蓮宗の本式の数珠

日蓮宗の本式の数珠
イメージ写真の出典:お数珠ねっと

日蓮宗の数珠は2個の親玉に房がついていますが、片方には2本、もう片方には3本ついているのが特徴です。3本のうち1本には10個の弟子玉がついていて、これでお経の数を数えます。また、全部で5本の房には様々な説があり、それぞれが人体を表しているともされています。

■臨済宗・曹洞宗の本式の数珠

臨済宗・曹洞宗の本式の数珠<
イメージ写真の出典:臨済宗の数珠│お数珠ドットコム
曹洞宗の数珠│お数珠ドットコム

臨済宗と曹洞宗の数珠は、非常によく似ています。曹洞宗だけの特徴としては、数珠に金属の輪が通っています。一連の数珠に、1本あるいは2本の房がついているシンプルな形です。また、臨済宗と曹洞宗は禅宗であるため、お経をあげる機会が他宗派に比べて少ないといえます。そのため、檀家であっても正式の数珠を持っている人は多くありません。

■宗派に関わらず利用できる略式念珠

宗派に関わらず利用できる略式念珠
イメージ写真の出典:和ごころ念珠堂

どの宗派でも利用できる略式念珠は基本的に片手用の一連タイプで、各宗派の本式の数珠に比べて小さいものがほとんどです。玉の色は黒ですが数は特に決まりはなく、20~40個程度であることが多いようです。略式念珠は自由度が高く、種類が豊富であるため、表示をよく見て購入するようにしましょう。

数珠に関する注意点

数珠の貸し借りはしない

数珠を忘れて知人に借りた、または家族で共有しているなど、ひとつの数珠を複数人で扱うことがしばしばあります。しかし、数珠は「念珠」とも呼ばれ、持ち主のお守りのような役割もあるため、人に貸したり借りたり、共有したりするものではありません。数珠は必ず必要というものではないため、忘れた場合は数珠なしで参列しましょう。

パワーストーンやブレスレット式の数珠は使わない

近年パワーストーンが流行したことから、これを使った数珠が販売されています。また、アクセサリーの一環として、ブレスレットタイプになっているものもあります。こういった数珠は日頃身につける分には問題ありませんが、通夜や葬式の場では相応しいとはいえません。こういったものとは別に、きちんとした数珠も用意しましょう。

数珠は信仰に合わせて相応しいものを

宗派によって数珠の種類が違うことはお分かりいただけましたでしょうか。略式でも構いませんが、信仰している宗派が決まっているのであれば、本式のものを用意しておくといいでしょう。 また、数珠の使い方を守り、正しい参列マナーを心がけましょう。

あわせて読みたい 葬儀前にまとめてチェック!葬儀の際に必要なものリストについて詳しく解説 葬儀は突然決まるものですが、忘れてはいけない必要なものがたくさんあります。遠方から参列する場合は特にバタバタと準備をしなくてはなり... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.4/5
評価数(22)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引