小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2016年04月27日  更新日:2019年05月29日

葬儀にかかる費用平均121万円!今すぐ用意できますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀にかかる費用平均121万円!今すぐ用意できますか?

この記事は小さなお葬式が書いています

お葬式を執り行うことになった場合、一体いくら必要になるのでしょうか?

日本消費者協会の調査では、葬儀にかかる費用の平均は121万円との結果がでています。もし急に葬儀を行うことになったら、121万円をすぐに用意できるでしょうか?

この記事では、葬儀費用を抑える方法をご紹介します。

【もくじ】
葬儀に対する世間の考え方は?
費用を抑えることができる「家族葬」という選択
家族葬の3つのメリット
どれを選ぶ?家族葬の形式

葬儀に対する世間の考え方は?

Webアンケート調査によると、40代以上・男女の83.6%が「葬儀費用は高い」と感じ、78.4%は「葬儀より思い出作りにお金をかけたい」と回答しています。(※2015年 マクロミル アンケート調べ)

この結果から、たくさんの参列者を招いて大規模な葬儀を行うことよりも、生きているうちに自分自身や家族のためにお金を使いたいと考える方が多いといえます

あわせて読みたい 生前契約で希望の葬儀を。安心して任せられる生前契約について詳しく解説 家族や親族、親しい友人・知人で小規模に行う葬儀形式のことを家族葬(かぞくそう)と呼び、最近では家族葬を選ぶ方が増えています。この記事では、家族葬... 続きを見る

費用を抑えることができる「家族葬」という選択

高額な葬儀費用の支払いに悩む前に、費用自体を安く抑えることを考えましょう。葬儀の費用負担を減らすためには、参列者の人数を抑えた「家族葬」を選ぶという方法があります。

家族葬とは、家族や近しい方のみを招いて、小規模に行う形式の葬儀です。葬儀よりも思い出作りにお金をかけたい方が増えている中、現代人のニーズに合った家族葬の需要が高まっています。

あわせて読みたい 家族葬とは?選ばれている理由や費用、参列基準やマナーについて詳しく解説 家族や親族、親しい友人・知人で小規模に行う葬儀形式のことを家族葬(かぞくそう)と呼び、最近では家族葬を選ぶ方が増えています。この記事では、家族葬... 続きを見る

家族葬の3つのメリット

家族葬が選ばれるようになったのは、次のようなメリットがあるからです。

メリット1 落ち着いて最後のお別れができる

一般的な葬儀では、大勢の参列者への対応に気を配らなければなりません。それに対して、気心の知れた人たちで行う家族葬は、遺族の気持ちの負担を減らすことができます。故人との最期の別れに向き合い、家族でゆっくりと過ごすことができるのです。

メリット2 自由な葬儀ができる

家族葬は親しい方のみで行うため、葬儀の内容を自由に設定しやすくなります。例えば、故人が生前好きだった音楽を、式中に流してお別れをする方もいらっしゃいます。

メリット3 葬儀費用を抑えられる

小規模に行う家族葬であれば、費用を大幅に抑えることができます。なぜなら、飲食費や返礼品費、接待にかかる費用などがほとんどかからないためです。

あわせて読みたい 今すぐできる葬儀の準備!事前に決めておきたい4つの事について詳しく解説 「身近に心配な方がいる」「葬儀を事前に考えておきたい」などの理由から、葬儀を執り行うための準備として、何ができるのか知っておきたいという方も... 続きを見る

どれを選ぶ?家族葬の形式

家族葬を取り扱っている葬儀社によって、葬儀内容とその金額に違いがあります。一般的な葬儀と同様の流れで行う葬儀形式だけでなく、儀式を簡素化した形式もあります。

ここでは、「小さなお葬式」の葬儀プランを例に、家族葬の葬儀についてご紹介します。

一般的な葬儀と同じ流れで行う家族葬

ご家族・ご親族、友人知人を中心に行います。通夜式の翌日に、葬儀・告別式を行ない、火葬をします。

■このような方にお勧めです
・親族や親しい方のみに参列してもらう予定だ
・一般的な葬儀と同じ内容で執り行いたい
小さなお葬式の家族葬

1日で執り行う一日葬

通夜式を行わないで、告別式・火葬・初七日を同日に行います。

■このような方にお勧めです
・儀式はしっかり行いたいが、体力面・金銭面での負担を減らしたい
・高齢者や遠方からの参列者にできるだけ負担をかけたくない
小さなお葬式の一日葬

家族葬なら「小さなお葬式」

「小さなお葬式」は、全国対応・低価格でも安心のセットプランをご用意しています。お葬式に必要な物品・サービスをプラン料金に含んでおり、お葬式についての知識がないという方にも安心してご依頼いただけます。

また、おかげさまで「小さなお葬式」は、葬儀ご依頼件数累計15万件を突破いたしました(2018年3月時点)。もしもの時は、多くの方に選ばれている「小さなお葬式」に、大切なご葬儀をお任せください。

お葬式について分かりやすくまとめた「小さなお葬式」の無料資料をお届けいたしております。資料の送付方法は「メール・郵送」からお選びいただけますので、お気軽に資料請求を。

あわせて読みたい 「生前遺影」で自分らしい遺影写真を残す方法について詳しく解説 「いい写真を選ぶ余裕がなかった・・・」人が亡くなった後、遺族は数々の手続きや手配を短期間に行わなければなりません。そんな状況の中で、遺影写真に... 続きを見る

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.3/5
評価数(11)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大66,000円割引