葬儀の準備

作成日:2019年10月08日  更新日:2019年10月08日

葬儀費用は分割払いが便利!支払い方法や補助制度、相場を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
葬儀費用は分割払いが便利!支払い方法や補助制度、相場を徹底解説

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀を執り行うには少ない額で済む費用では収まりません。なかには分割で支払うことを希望する方もいるのではないでしょうか。一括で費用を捻出するのが難しい場合でも、分割払いでなら自分のペースに合った支払いが可能になります。

そこで、この記事では葬儀費用の分割払いについてご紹介します。支払い方法の解説や葬儀費用の相場についても詳しく解説しますので、葬儀費用のことでお困りの方はぜひご一読ください。支払い方法の多様性を知ることで、不安なく葬儀の準備ができるでしょう。

小さなお葬式

【もくじ】
葬儀費用の分割払いとは
葬儀費用は分割払い可能?
葬儀費用の相場をチェック
葬儀費用の支払いに困ったときは補助制度が便利!
まとめ

葬儀費用の分割払いとは

かつては、葬儀費用の支払い方法は現金の一括払いが主流でした。しかし葬儀費用は多額の現金が必要となるため、まとまった額を一度に用意する現金一括払いは喪主の大きな負担となっていました。

昨今では金銭の取引が多様化しているため、葬儀費用の支払いも分割払いに対応した葬儀社も増えてきています。これにより一度に多額の現金を用意しなくてもよくなり、喪主の経済的な負担も軽減しています。支払い方法の多様性が増して必ずしも現金を用意する必要がなくなれば、希望に沿った葬儀にすることができるため丁寧に故人を見送ることにもつながります。

葬儀費用は分割払い可能?

葬儀費用の分割払いが可能な葬儀社は増えていますが、全ての葬儀社が対応しているわけではありません。分割払いを希望する際は、事前に葬儀社に支払い方法を確認することを忘れないようにしましょう。

また、葬儀費用の支払いの方法にはさまざまなバリエーションが見られます。代表的な4つの支払い方法をご紹介しますので、参考にご覧ください。

分割払い可能な葬儀ローンが便利

急なことで葬儀費用をすぐに用意できない場合は、葬儀ローンのご利用が便利です。信販会社と提携している葬儀社であれば葬儀用のローンプランが用意されており、簡単な手続きでスピーディーな契約が可能となります。

ローンは支払い回数を選べることも魅力となっており、各自のご事情に沿ったペースで無理なく支払いを行えるのが大きな特徴です。支払い回数は多いところでは84回払いに対応しています。毎月の返済額を調整できるのも嬉しいポイントです。

あわせて読みたい 葬儀費用のローン支払いを検討するなら|手続きと分割手数料(金利)の目安について解説 葬儀が必要な時は突然やってきます。そして、葬儀には多くの場合、高額な費用がかかります。葬儀一式にかかる費用は全国平均で121万円と言われており、その他にも… 続きを見る

現金一括での支払いが一般的

最近ではさまざまな支払い方が増えていますが、現在でも現金一括での支払いが一般的です。現金一括払いは即座に支払いを済ませられるので、精算が長引きません。ローンを利用すると発生する金利もありませんので、余分な費用がかからないのもメリットとなります。

まとまった現金を用意する必要はありますが、可能であれば現金一括で支払いを済ませてしまうのがスマートな支払い方法でしょう。どこの葬儀社も現金払いには対応しているため、葬儀社を選ばないで済む方法でもあります。

クレジットカード払いも可能

手元に多額のお金を置くのが不安な方には、クレジットカード払いが便利です。JCBやVISAなど主要な国際ブランドで支払いが可能なため、手元に現金を用意する手間をかけずにお支払いいただけます。

クレジットカードでも分割払いは可能ですので、葬儀ローンの審査を通らなかった方にも無理のない支払い方法としてお使いいただけます。またクレジットカードで葬儀費用を払うと、多量のポイントが獲得できますのでポイントを貯めたい方にもおすすめです。

葬儀費用は後払いが一般的

葬儀費用の支払いは、葬儀が終わった後で支払う「後払い」が一般的となっています。葬儀費用は弔問客の数によって最終的な金額が上下するので、終わってからでなければはっきりとした費用はわかりません。このことから正確な費用を請求できる後払いを採用している葬儀社が多いようです。

なかには葬儀プランの基本料金を前払いして、不確定部分を後払いで請求する葬儀社もあります。ご利用の葬儀社の支払いタイミングがいつに設定されているのか忘れずに確認するようにしましょう。

葬儀費用の相場をチェック

葬儀は多額の費用がかかる」という印象をお持ちの方が多く見受けられます。しかし、実際の費用相場はどの程度なのでしょうか。近年ではさまざまな形態の葬儀が行われており、形態ごとに異なる相場が形成されています。

「直葬」「一日葬」「家族葬」「一般葬」の4種の葬儀形態の費用相場をご紹介しますので、経済的に無理のないよう適した形態を選ぶようにしましょう。

直葬は相場が一番安い

最も費用がかからない葬儀形態は「直葬」です。直葬はお通夜や告別式を行わない略式の葬儀で、火葬のみを行う形となっています。式場を借りる必要がなく、接待費もかからないため安価で葬儀を行うことができます。

直葬の費用相場は10万円~30万円となっており、ほかの形態と比較するとかなり費用を抑えられます。費用面だけではなく、日程的・精神的にも喪主に負担がかからないシンプルな形態となっています。

あわせて読みたい 直葬を行う前に知っておきたいことについて詳しく解説 最近では、大規模で豪華な葬儀ではなく「直葬(ちょくそう)」の葬儀を選ばれる方が増えています。ある葬儀社の調査では、葬儀社が執り行う葬儀の6件に1件は直葬であるという調査結果… 続きを見る

一日葬の相場は安め

一日葬はお通夜を行わず、告別式と火葬を1日で行う形態です。火葬だけで葬儀を終えるのは寂しい、故人とのお別れの時間が欲しい方に適した形態となっています。費用や時間は抑えつつもしっかりとお見送りがしたい方におすすめです。

一日葬にかかる費用相場は60万円~80万円程です。式場をレンタルすることや僧侶を招くことから直葬よりも相場は上がっていますが、1日で日程が終了するのでご高齢の方にもご負担をおかけすることなく参列していただけます。

家族葬の相場範囲は広め

家族葬は、親族や親しい友人のみを招いて行う葬儀です。お通夜や告別式はしっかり行うので丁寧に故人を見送ることができ、親しい間柄の方達だけでゆっくりとした時間をお過ごしいただけます。

家族葬は、規模を縮小した一般葬とも言い換えることができます。略式ではないので相場範囲は広くなり100万円~150万円です。式場や戒名のグレードによって費用が変わってくるため、予算に合わせた式を行えます。

あわせて読みたい 家族葬とは?選ばれている理由や費用、参列基準やマナーについて詳しく解説 家族や親族、親しい友人・知人で小規模に行う葬儀形式のことを家族葬(かぞくそう)と呼び、最近では家族葬を選ぶ方が増えています。この記事では、家族葬について、選ばれている理由や… 続きを見る

一般葬の相場は一番高い

一般葬の相場は、ご紹介した中で最も高くなっています。近年では葬儀の形態は多様性を増してきていますが、現在でも最も割合が高いのは一般葬です。広い式場を用いた一般弔問客を招いて行う伝統的な葬儀は、今もなお主流であり続けています。

一般葬の費用相場は、200万円前後になります。一般葬は参列者が多く、もてなし費用が多くかかるので相場が高くなる傾向です。たくさんの人で故人を見送る社会的な意味から、大きい形式になっています。

葬儀費用の支払いに困ったときは補助制度が便利!

葬儀費用を支払うのが経済的に難しい場合は「補助制度」があります。葬式費用の補助を受けて負担を軽減することで、費用不足が解決できます。葬儀価格を抑える方法も紹介しますので、費用面で困っている方はぜひ活用してみましょう。

国民健康保険加入者へ葬祭費を支給

国民健康保険の加入者が亡くなった場合、葬儀を主催した方に葬祭費が支給されます。支給される額は自治体によって異なりますが、おおよそ1万円~7万円の範囲となっています。

申請先は自治体の年金保険課です。申請書類のほか、国民健康保険証や死亡診断書、印鑑などを用意して申請します。葬儀を執り行った日から2年以内に請求申請をする必要があるので注意しましょう。

健康保険加入者に埋葬料を支給

健康保険の加入者が業務外の原因で亡くなった場合、申請を行えば遺族に葬祭費や埋葬料として給付金が支給されます。支給される額は5万円となっており、給付金の名目による差異は見られません。遺族以外の方が葬儀を主宰する場合でも、既定の金額内で埋葬費が受給できる場合があります。

請求先は、健康保険組合もしくは社会保険事務所です。業務に関係する原因で亡くなった場合は、管轄が労災保険に移りますので申請の際は気をつけましょう。

生活保護の葬儀なら実質負担金0円

故人が生活保護の受給者であった場合、葬儀費用が全額支給されて実質的な負担金なしで葬儀を行える場合があります。ただし支給される葬祭扶助費は、火葬を行うのに必要な最低限の費用に限られます。そのため、葬祭扶助費で葬儀を行う場合はお通夜と告別式を略した「直葬」となります。

葬祭扶助費を希望する際は、自治体の福祉係で手続きを行います。葬祭扶助費は喪主ではなく葬儀社に直接支払われるため、葬儀社に葬儀の相談をする前に申請を行う必要があります。

あわせて読みたい 生活保護受給者の葬儀|全額支給で行える葬儀の内容と申請方法について詳しく解説 生活保護を受給する方の葬儀を行うことになった場合、葬儀費用のことでご不安はありませんか? そういった方の葬儀を支援するために葬祭扶助制度(そうさいふじょせいど)というものが… 続きを見る

市民葬・区民葬なら価格が安い

葬儀の費用を抑えるには、各地域で行われている市民葬を利用するのも効果的です。市民葬とは、地方自治体と葬儀社が提携して行われます。市民葬は、経済面の負担を抑えられるようにプランが用意されているのが特徴です。一般葬の平均相場の200万円を大きく下回る50万円以下となっている地域も多く見られます。

ただし、市民葬を行うには自治体が設けた基準を満たしてしている必要があります。葬儀内容は慎ましくなる場合が多いので、どのような内容にしたいかを検討してから申請しましょう。

あわせて読みたい 市民葬・区民葬を検討するなら知っておきたいことについて詳しく解説 葬儀を行う方法のひとつとして、市民葬・区民葬があります。市民葬・区民葬とは各自治体と葬儀社が提携して行う葬儀のことです。この記事では、市民葬・区民葬についてと、申込方法… 続きを見る

まとめ

葬儀費用を支払う方法として分割払いや補助制度があることを解説してきました。これまで葬儀費用は現金一括が一般的だったため、喪主にとって大きな負担となっていました。分割払いが一般化したことにより、葬儀の選択肢が広がるだけでなく、経済的負担が軽減されるのは喜ばしいことです。

今まで費用や支払いについて気にしていなかった方も、葬儀について周りの方と話し合ってみるのもいざというときのために役立つでしょう。小さなお葬式には、葬儀に関する情報が多数掲載されています。電話やメールでもサポートしていますので、葬儀費用など不安がある方はお気軽にご相談ください。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。


最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引