香典の金額で偶数額や偶数枚数はタブー?気をつけたい金額のマナーや書き方
葬儀マナー[参列者]

作成日:2019年11月20日  更新日:2022年07月25日

香典の金額で偶数額や偶数枚数はタブー?気をつけたい金額のマナーや書き方

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

お葬式に参列する際はさまざまなマナーがあります。特に香典は哀悼の意を込めて遺族に渡すものです。香典にもマナーがあるのだろうかと頭を悩ませている方もいるのではないのでしょうか。そこでこの記事では、香典の金額を決めるときに気を付けたいこと、タブーについて解説をします。

気を付けたい香典の金額マナーに併せて、お札を香典袋へ入れる際のマナーについても確認しましょう。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
香典の金額で偶数はダメ?
香典の金額の相場はいくらぐらい?
知っておくべき香典のマナー
まとめ

香典の金額で偶数はダメ?

香典に偶数の金額を包むのはマナー違反です。金額は奇数となるように包みましょう。偶数の金額を包んでしまうと、場合によっては不快な感情を抱かれる可能性もあります。

無用なトラブルを避けるために、香典に包む金額は奇数と覚えておきましょう。では、なぜ偶数の金額を包むのがマナー違反なのかをここで解説します。

香典の金額で偶数はタブー

香典に包む金額で偶数はタブーといわれています。偶数は割り切れる数です。「割り切れる」ということから、「故人とのつながりを切る」という連想をすることができます。そのため、偶数の金額を香典に包むのはタブーとなっているのです。

結婚式などのご祝儀でも偶数の金額はタブーとされています。夫婦の縁が切れることをイメージしてしまうからです。割り切れる数字は悪い意味を連想させてしまうため、慶弔事に包む金額としては控えたほうがよいでしょう。

偶数が問題ない地域もある

お葬式のマナーは地域によって異なります。香典に包む金額が偶数でも気にしない地域もあるでしょう。その場合は地域の風習にしたがい、香典に偶数の金額を包んでも問題はありません。

しかし、お葬式が執り行われる地域の風習に疎く、偶数を包んでも問題ないのかわからないという場合もあるでしょう。そのような場合は、問題になる可能性もある偶数は避け、奇数の金額を包んだほうが無難です。奇数であれば、どの地域でも遺族に失礼となることはないでしょう。

4と9が付く金額も避けること

偶数だけでなく、「4」「9」が付く金額も避けたほうがよいでしょう。4と9は忌み数であり、縁起が悪いと捉えられているからです。忌み数とは悪いイメージを与えてしまう数を指します。

4という数字からは「死」をイメージさせてしまうでしょう。9という数字は「苦」をイメージさせます。そのため、偶数を避けた上で、4と9が付く金額をお香典として包むのも避けましょう。縁起を担ぐ傾向の強い日本では、縁起の悪い忌み数は避けたほうが無難です。

香典の金額は奇数にするのが無難

地域によってお葬式の形式は異なることがあるので参列する際には注意が必要です。偶数の金額を香典として包んでも問題ないと考える地域もあります。しかし、奇数にしておいたほうがどのような場合においても無難です。香典の金額に迷ったら、奇数にしておけば問題は起きにくくなります。

「1」「3」「5」あたりの金額がよいでしょう。香典に1万円、3万円(3,000円)、5万円(5,000円)という金額を包むことが、マナーを守った一般的な金額といえます。

お札の枚数は最小限にすることが大事

香典は金額が奇数であればよいというだけでなく、お札の枚数にも配慮が必要です。枚数においても偶数は避けましょう。

また、香典に包むお札の枚数は最小限にすることがマナーです。最小限の枚数にしておけば、香典を受け取った遺族側も金額がわかりやすくなります。こうしたことにも配慮して香典を包むようにしましょう。たとえば、香典を1万円包むのならば、1万円札1枚を香典として包みます。5,000円札2枚包んで1万円とするのは避けたほうがよいでしょう。

香典の金額の相場はいくらぐらい?

お葬式に参列する際、もっとも頭を悩ませるのは香典の金額をいくらにするかだという人も多いのではないでしょうか。香典の金額には相場があります。

金額の相場は故人との関係性により異なるので確認が必要です。親密な関係になればなるほど、金額は高額になる傾向があります。また自分の年齢によっても、香典に包む金額は異なってくるでしょう。ここでは香典の主な相場と連名で香典を包む際の相場についても解説します。

故人との関係で変わる

香典に包む金額の相場は、故人と自分の関係性によって変わります。下記に故人との関係性に相対する香典の額の相場をまとめました。

祖父母 1万円~5万円
伯父・叔父、伯母・叔母 1万円~3万円
兄弟姉妹 3万円~5万円
両親 3万円~10万円
そのほかの親族 3,000円~3万円
友人・知人 3,000円~1万円
近隣の人 3,000円~1万円
仕事関係者 3,000円~1万円

香典の金額は、自身との続柄や関係性が近いほど高額になります。友人や知人、仕事関係者は3,000円~1万円が相場です。友人や知人は頻繁に会うような仲であれば高額になる傾向があります。

自分の年齢で相場は変わる

自分の年齢でも香典に包む額の相場は変わります。年齢が高くなれば、収入は増えて生活も安定する傾向です。したがって年齢が高くなればそれだけが香典に包む金額は多くなります。

故人との関係性別で香典に包む額の相場に幅がある理由は年齢にあります。たとえば、祖父母が亡くなったときに包む香典の額は、20代なら1万円を香典として包めばよいでしょう。しかし30代になれば1万円~3万円、40代になれば3万円~5万円と年齢が上がるにつれ相場も上がるのです。

あわせて読みたい 香典の金額相場は?関係性や年齢による葬式での香典金額の違いについて詳しく解説 香典には、故人への供養と、葬儀という急な出費に対する助け合いの意味があります。香典の金額相場は、ご自身の故人との関係性や年齢・立場など... 続きを見る

連名でも金額は変わらない

仕事関係の付き合いがある人が亡くなり職場で香典を出す場合、複数人が連名でお金を出すということもあるでしょう。複数人でお金を出しあって連名で香典とする場合であっても、合計額が奇数の金額になるように集めます。

お金を集める場合は、あらかじめ奇数で金額を決めておき人数で割るとよいでしょう。また、職場などで香典を出す際には年代がバラバラになることもあります。年代がバラバラの場合は、周りの人と相談をして金額が揃うようにしてお金を出すことが重要です。

知っておくべき香典のマナー

香典には金額の数字にまつわること以外にもいくつかのマナーがあります。偶数や忌み数を避けて金額相場を包んだとしても、それ以外のマナーを守れていないと遺族に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

ここでは、香典を用意する際に気を付けたいお札にまつわるマナーを2点紹介します。少しの配慮ですが大切なマナーですので、しっかりと確認しましょう。

香典のお金は新札にしないこと

香典に包むお金は新札ではいけません。新札しかない場合は、折り目を付けてから香典として持っていくようにしましょう。新札ではいけないからと、ボロボロのお札を持って行くのもまた失礼にあたります。

通夜や告別式は参列者にとって「突然訪れた不幸」です。突然のことであり、たまたま手元にあったお札を香典として持ってきたということを表します。

新札を持って行くと事前に死ぬことがわかっていたと受け取られることがあります。または死ぬことを望んでいたので、早々に香典の準備をしていたということを遺族に連想させてしまいかねません。遺族に対し失礼がないように、香典に用意するお札は新札の使用を避けましょう。

香典袋にお金を入れる方法と向き

香典袋にお札を複数枚入れるときは、向きは揃えて入れるようにしましょう。お札の裏側の面が香典袋の表側にくるように入れます。お札の裏側は人物が描かれていないほうです。

中にはお札を入れる方向を気にしない人もいます。そうした場合でもお札の向きを揃えたほうがよいでしょう。遺族が集計をするときの手間に配慮するかたちです。

香典袋に中袋がある場合は中袋に入れます。中袋の場合も表側に面するのはお札の裏側です。中袋がない場合は直接お札を入れましょう。

あわせて読みたい 香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法を詳しく解説 通夜や葬儀・告別式に参列するときには、故人の霊前に供える金銭として香典(こうでん)を持参します。いざというときに、香典はどのように包めばいいのか... 続きを見る

まとめ

香典の金額は偶数とならないように包むことが重要です。偶数は割り切れる数であることから、縁が切れることを連想させてしまいます。連名で香典を包む場合も合計額は奇数の金額を入れるようにしましょう。地域によっては偶数でも問題ない場合もありますが、奇数の金額を入れておいたほうが無難です。

香典の金額相場は故人との関係性、自分の年齢によっても異なります。香典の金額はさまざまな要素を考慮して入れる必要がありますが、わからないことがあるときは「小さなお葬式」にぜひお問い合わせください。

小さなお葬式は5年連続、日本全国葬儀受注件数No.1※の実績があります。問い合わせも24時間365日対応していますので、突然訪れる不幸の際に状況にあったサポートをさせていただきます。

【※2021年における葬儀受注件数に関する調査(2022年2月 TPCマーケティングリサーチ調べ)】

 監修 
小さなお葬式アイコン
小さなお葬式
小さなお葬式はお葬式からお墓のことまで、従来では不明瞭だった価格を明確にしました。日本全国で利用できる、高品質かつ低価格の葬儀サービスを運営しています。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
3.8/5
評価数(5)
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事