お葬式用語集

お葬式では聞きなれない言葉をよく耳にします。
葬儀用語を五十音順でまとめていますので、ぜひご利用ください。

「け」から始まるお葬式用語

袈裟(けさ)
インドで制定された僧侶の衣服。左方から右脇下にかけて衣の上にまとう、長方形の布。大、中、小からなり、三衣(さんね)ともいいます。古代インドでは在家者は白の衣を身につけ、出家者は必ずこれを壊(え)色に染めて着用したため、壊色の袈裟が出家者の衣を総称するようになったといわれます。
結界(けっかい)
清浄な領域と普通の領域との区切りのことである。この境界線を示すために、神社・寺院などの境内や建築物では意図的に段差を設けたり、扉や柵、鳥居や注連縄などを用いる。一定範囲の空間に設定されたタブーを視覚化したものとも言える。また、聖なる領域と俗なる領域という二つの世「界」を「結」びつける役割をも持つ。 また古来より村の境に配置された道祖神、庚申塔などの石仏は災厄を村内に入れないようにするための結界の役割をしていたともいわれる。
血脈(けつみゃく)
師から弟子へと代々、仏法を正しく伝えること。また、その仏法相承(そうじょう)の系譜。法統。法脈。けつみゃく。また在家の人に与える仏法の法門相承の系譜のこと。
献花(けんか)
神前または霊前に花を供えること。また、その花。キリスト教では新・旧ともに葬儀・葬式のときは献花をします。カトリックでは、告別式において献花と焼香を行います。プロテスタントでは、葬儀式の直後に、会葬者は祭壇に進み、用意された花を献花台に供えます。このさい切口は霊前に向けて供えます。
献香(けんこう)
霊前に香を(た)いて神仏に供えること。日本には仏教とともに伝来した。死臭を残さないためにとの意味もあるが、そのにおいが人々を仏の世界に導くということから使われている。
献灯(けんとう)
神社や寺に灯明を奉納すること。また、その灯明。火は古来から不浄を焼き払うと言われる。その意味から葬儀開式のとき「献灯」を儀式として取り入れることもある。

お葬式用語を五十音順で探す

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

訃報連絡・供養電子化サービスenishi(えにし) 小さなお葬式の葬儀保険Any(エニー)
葬儀費用最大10,000円割引! 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引