お葬式用語集

お葬式では聞きなれない言葉をよく耳にします。
葬儀用語を五十音順でまとめていますので、ぜひご利用ください。

「こ」から始まるお葬式用語

香典・香奠(こうでん)
死者の霊前に供えて、香や花の代わりとする金品。香料。香奠の奠は、神仏に物を供える意味があり、典は高く尊いという意味があります。香典は社会通念上、課税対象にはなりません。
香典返し(こうでんがえし)
香典を受けた返礼として品物を贈ること。また、その品物。時期は普通、忌明けの法要後に行いますが。所によっては、もっと早くすませます。香典返しの金額は「半返し」といって、二分の一から三分の一ほど返すのが慣習のようです。表書きは「忌明け志」「志」とします。
香炉(こうろ)
香をたくための器。仏前においては三具足、五具足の一つで、花瓶、燭台とともに供えます。また焼香用の角香炉、廻し焼香用の焼香セットなどがあります。なお香を入れた丸い器を香合(こうごう)と呼び焼香のさいに用います。
五具足(ごぐそく)
仏前に供える、華瓶(けびょう)一対、ろうそく立て一対、香炉一基の五つの仏具。五器。香炉を中央に、左右に燭台、花瓶を配置します。なお寺院での荘厳でも、仏像の前にその権威を象徴し、供養を捧げるために五具足が整えられています。
居士(こじ)
在家の男子であって、仏教に帰依した者。男の戒名の下につける称。今日では浄土真宗以外の諸派で、戒名に用いています。
骨上げ(こつあげ、 ほねあげ)
火葬にした死者の骨を拾い上げること。こつひろい。
骨壷(こつつぼ)
火葬にした遺骨を納めて置くつぼ。こつがめ。火葬が盛んになるにつれ、骨壷は欠かせない葬具の一つになりました。材質は銅、ガラス、陶器、大理石などさまざまです。お骨を納めた骨壷は針金で縛り、桐の箱に納めて白布で包みます。
ご令室(ごれいしつ)
他人の奥様。一般的に、弔電や訃報で用いられる事が多く使われます。

お葬式用語を五十音順で探す

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

訃報連絡・供養電子化サービスenishi(えにし) 小さなお葬式の葬儀保険Any(エニー)
葬儀が30,000円割引! 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大91,000円割引