お葬式用語集

お葬式では聞きなれない言葉をよく耳にします。
葬儀用語を五十音順でまとめていますので、ぜひご利用ください。

「お」から始まるお葬式用語

お剃刀(おかみそり)
葬儀・葬式に際して導師が死者に対し、戒を授けて髪を剃る儀式。帰敬式とも言います。「お剃刀」の儀式は、本来は戒師が出家する者に戒を授けて髪を剃るものですが、この場合は在家の者が対象で、門主や管長が髪に剃刀をあてる真似をして仏門に帰依した証とする儀式です。これは釈迦が太子であったとき、発心して城を出て仙人のところに行き、自ら利剣をもって、髪を切ったことに由来します。
お棺(おかん)
死者を葬るときに遺体を納める容器。ひつぎ。お棺のサイズは、火葬場の窯の関係で最大寸法が決まっています。材質はひのき、もみ、きり、ベニヤ合板などいろいろあります。お棺のふたは、納棺したあとに故人の顔を見ることができる、小窓のついたものがあります。また、内装は白布の内張りから、キルティングのものまであります。
お題目(おだいもく)
日蓮宗で唱える「南無妙法蓮華経」の7字。「法華経」に帰依し、南無妙法蓮華経と唱えること。これを唱題といい、この行を唱題行といいます。
お斎(おとき)
初七日など法事のあとで行う会食。元来は僧の食事。「斎」の意味は神仏をまつる前に飲食や行いを謹んで心身を清めたり、神事を行うことをいいます。関東では、通夜振る舞いや精進落としの宴席を「お清め」と呼ぶこともあり、地方によっては、「出立ちの膳」といい、出棺前に食事を出すこともあります。
お布施(おふせ)
僧に読経などの謝礼として渡す、金銭や品物。「―を包む」 お布施の額は地域や宗派によって違いますから、僧侶、あるいは世話役に相談するようアドバイスします。また僧侶への払いは、葬儀・葬式が終わったときが本来の形ですが、法事が始まる前という場合もあります。
御文(おふみ)
蓮如(れんにょ)が浄土真宗の教義を説いて門徒に与えた書簡80通を選んで編集したもの。
主に大谷派でいい、本願寺派では御文章(ごぶんしょう)という。おふみさま。
浄土真宗の法事にさいして読唱される文章。有名なものに「白骨の御文」があります。
「一生すぎやすし、今に至って誰か百年の形態を保つべきや、我や先、人や先今日とも知らず明日とも知らず。」

お葬式用語を五十音順で探す

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

訃報連絡・供養電子化サービスenishi(えにし) 小さなお葬式の葬儀保険Any(エニー)
葬儀費用最大10,000円割引! 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引