お葬式用語集

お葬式では聞きなれない言葉をよく耳にします。
葬儀用語を五十音順でまとめていますので、ぜひご利用ください。

「と」から始まるお葬式用語

導師(どうし)
仏の教えを説いて、人々を仏道に入らせる僧。また、仏・菩薩(ぼさつ)のこと。法会などのとき、衆僧の首座として儀式を執り行う僧。葬儀のとき、死者の霊を弔い鎮める僧。引導僧。
灯明(とうみょう)
神仏に供えるともしび。昔は油を、今はろうそくなどを用いる。みあかし。灯明は、かつては松の油を用いた松灯台でしたが、今日では燭台・輪灯・灯篭が、使われています。輪灯や灯篭は、油皿にイグサからとったとトシビという芯を入れて燃やします。しかし一般の家庭では、ほとんど豆電球で代用している例が多いようです。灯明を消す場合、浄火ですから息を吹きかけず、手や小さな扇で消します。輪灯や和ローソクは芯切り箸で挟み、消壷の中に入れます。
読経(どきょう、どくきょう、どっきょう)
経文を音読すること。どっきょう。お経を唱えることは、それを読むことで仏教の教えの要点をつかむことであり、本来これを法要といっています。お経が日本に伝わったころは、中国の文語文をそのまま音読していましたが、平安時代中期までには、日本独特の訓読みという読み方が生まれました。現代では、古い漢音を音読するのが伝統的な読み方です。
得度(とくど)
教えにより、生死の苦海を渡って彼岸に至ること。転じて剃髪して仏門に入ることを言います。「度」とは渡るという意味。
土葬(どそう)
死骸を焼かずに土中に埋葬すること。また、その葬法。今日では火葬が圧倒的に多い。土葬の方法は地上に棺を置き、その上に土を盛り上げる形式と、穴を掘って棺を納める形式とがあります。
友引(ともびき)
暦注の六曜の一。なにごとをしても勝ち負けがないといわれる日。この日に葬式を出すと、他人の死をさそうといって嫌う。友引日。同様の葬式の忌み日は申、寅、卯、丑の日があります。
ドライアイス(どらいあいす)
固体の二酸化炭素。炭酸ガスを圧縮・液化し、冷却して固化させたもの。昇華するため液体にならない。冷却剤として遺体の防腐に用います。マイナス78.5度。特に、臓器、脳の周辺に置きます。

お葬式用語を五十音順で探す

24時間365日対応 専門スタッフがお客様の疑問にお答えします

コールスタッフ総勢60名!
なんでもご相談ください

お客様サポート専用ダイヤル

0120-801-1520120-567-327 通話
無料
24時間
365日対応

NHKの他、数々のメディアに紹介されています

NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本NHK

海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。

とくダネ!フジテレビ

「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。

情報ライブ ミヤネ屋よみうりテレビ

「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

報道ステーションSUNDAYテレビ朝日NスタTBSNEWSアンサーテレビ東京

その他のメディア掲載実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞

雑誌週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済

WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数

訃報連絡・供養電子化サービスenishi(えにし) 小さなお葬式の葬儀保険Any(エニー)
葬儀が30,000円割引! 喪主が必ず読む本プレゼント 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大91,000円割引