小さなお葬式のコラム

参列マナーのコラム

参列マナー

作成日:2014年08月12日  更新日:2019年09月17日

神道(神式)の葬式に参列される方へ 神葬祭の流れとマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神道(神式)の葬式に参列される方へ 神葬祭の流れとマナー

この記事は小さなお葬式が書いています

日本には神道(しんとう)という宗教があります。神道と仏教では葬式の意味が異なり、様式も手順も全く別のものです。この記事では、神式の葬儀に参列する際に戸惑わないよう、神葬祭(しんそうさい)の流れやマナーについてご紹介します。

また、神道の葬儀を検討されている方は、こちらのページを参考にご覧ください。

参考:神道の葬儀に対応「小さなお葬式」

小さなお葬式

【もくじ】
神道における葬式の意味
神葬祭の流れ
神葬祭で行われる独自の儀式
神葬祭で気を付けたいマナー

神道における葬式の意味

仏教の場合、葬式は故人を極楽浄土に送るために行われ、故人は仏のもとで安らかに暮らすとされています。これに対して神道式の葬式である神葬祭は、故人を家に留めて守護神とするための儀式とされています。このことからわかるように、先祖崇拝(そせんすうはい)はもともと神道の考え方だったのです。

また、仏式の葬式は寺で行われますが、神葬祭が神社で行われることはほとんどありません。神道では死は穢れ(けがれ)であるとされていて、神社のような神の聖域に穢れを持ち込むことはよくないとされているためです。

神道の死生観

神道では、生命は神が人間に「お任せになったもの」であり、いつかは神に返さなければならないものであると考えられています。その生命を返すときが「死」とされているのです。

神道のお葬式は、故人を家に留めて守護神とするための儀式となっています。「遷霊祭」(せんれいさい)で故人の霊魂をご遺体から、仏式の位牌にあたる霊璽(れいじ)に移し、「葬場祭」(そうじょうさい)で死のけがれを清め、故人を家の守護神としてまつります。

神葬祭の流れ

臨終~納棺

葬儀社に依頼をして、葬儀の日程を決めます。

① 帰幽奉告(きゆうほうこく)
訃報を聞いたあと、神棚や祖霊舎(それいしゃ:みたまやと呼ばれるもので、仏教における仏壇に当たるもの)に故人の死を奉告(ほうこく)します。神棚や祖霊舎の扉を閉じて白い半紙を貼ります。これは、神棚にけがれが及ばないようにという意味があります。

② 枕直しの儀
ご遺体に白の小袖を着せたあと、北枕にして寝かせます。祭壇を設け、仏教での枕飾りのように米や水、酒などを供えます。

③ 納棺の儀
ご遺体を棺に納め、白い布で覆ったあとに拝礼します。

通夜・遷霊祭(せんれいさい):神葬祭1日目

① 通夜祭
仏教における通夜です。神職が祭詞(祝詞)を奏上し、参列者は玉串を奉って拝礼します。

② 遷霊祭
通夜祭の中では、死者の御霊をご遺体から霊璽に移すための「遷霊祭(せんれいさい)」を行います。遷霊祭は別名、御霊移し(みたまうつし)とも呼ばれます。部屋を暗くし、神職によって故人の御霊を霊璽(れいじ:仏教における位牌に当たるもの)に移します。

葬場祭~帰家祭:神葬祭2日目

① 葬場祭

神式では、仏教における葬儀・告別式に相当する、通夜祭翌日の儀式を、葬場祭(そうじょうさい)と言います。神葬祭のメインとなる儀式で、弔辞の奉呈、弔電の奉読、祭詞奏上、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などが行われます。故人に別れを告げる最後の機会です。

② 火葬祭
火葬の前に火葬場で行われる儀式です。神職が祭詞を奏上し、参列者は玉串を奉って拝礼します。

③ 埋葬祭
遺骨を埋葬するために行われる儀式です。遺骨を墓に納め、銘旗(故人の名前や職名などを記した旗)や花を供えます。

④ 帰家祭
自宅へ戻り、塩や手水で清めます。その後、無事に神葬祭が終わったことを霊前に奉告します。この後、神職やお世話になった人を招いて「直会の儀」(なおらいのぎ)という宴を行います。直会は、神事を行った後に通常の生活に戻るための儀式を起源としています。

あわせて読みたい 弔電の送り方は?葬儀の際に送るお悔やみ電報の料金・文例やマナーについて詳しく解説 弔電(ちょうでん)は、お葬式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるために送る、葬儀の電報です。弔電とお悔やみの電報は同じ意味... 続きを見る

神葬祭で行われる独自の儀式

神棚封じ(かみだなふうじ)

帰幽奉告の際には神棚や祖霊舎の扉を閉じ、白い紙を貼ります。死は穢れであるため、こうすることで神棚や祖霊舎に穢れが関わらないようにするのです。これを、神棚封じと言います。

この間は普段のお祀りを中断し、故人へのお祀りを優先します。五十日祭をもって忌明けとされ、翌日からは普段通りのお祀りを再開します。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

仏教での焼香、キリスト教での献花のように、神道で故人への手向けとして行います。玉串は榊の枝に紙をつけたもので、自分の心を玉串にのせて神にささげ、亡くなった方の御霊を慰める儀式のことを、玉串奉奠と言います。

参考動画:神式葬儀(玉串奉奠)の作法(やり方)・マナー【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

①玉串を両手で受け取り遺族に一礼します。
②玉串を正面に立てるように持ち、時計回りに回転させます。
③根元が祭壇側になるように置きます。
④玉串を捧げたら二礼し、しのび手(音を立てない拍手)を二拍打ち、一礼します。
⑤数歩下がって遺族に一礼して戻ります。

神葬祭で気を付けたいマナー

形式が異なれば、覚えておくべきマナーや注意点も異なります。神葬祭では、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

数珠は使わない

数珠はもともと僧侶が読んだ経の数を数えるために使っていたものであり、神道では使いません。

服装は一般的な喪服で

服装は特別変わったものは必要なく、仏教の場合と同じく喪服を着用します。男女ともに色は黒で、靴下やストッキング、バッグ、靴といった小物も黒で合わせます。小物やアクセサリー類は派手なものはNGです。結婚・婚約指輪以外のアクセサリーは極力着用しないようにしましょう。ふさわしい服装についてはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい 通夜や葬儀・葬式での服装マナーについて詳しく解説 通夜や葬式・葬儀の参列者のふさわしい服装と注意点、略礼服を購入する場合のポイントをご紹介します。服装や髪形を分かりやすくまとめた... 続きを見る

不祝儀袋の選び方と表書き

神式の葬儀・法事の表書き例

不祝儀袋にはさまざまな種類がありますが、神道では蓮の花の入っていないものを使います。水引は黒白か双銀を選びます。表書きは「御霊前」「御玉串料」などが使われます。

あわせて読みたい 香典の書き方は?不祝儀袋の書き方や渡し方について詳しく解説 香典は、霊前にお供えをする金品のことで、もともとは線香や米などを持参していましたが、今では現金を香典として包むようになりました。香典を... 続きを見る

挨拶で「冥福」「成仏」「供養」という言葉は使ってはいけない

死に対する考え方が仏教と神道では異なるので、仏教用語は使いません。神道では、「御霊のご平安をお祈りいたします」と言葉をかけます。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.7/5
評価数(98)

最後に

小さなお葬式のコラムでは、これから葬儀を経験される方に満足のいくお別れをしてもらえるよう、様々な疑問に対する解決策やマナーについて日々コンテンツを掲載しています。
しかし、満足いく葬儀にする為にも最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず「今すぐに葬儀に関する知識」を皆さま自身が得ておく事です。

葬儀に関する知識はとても多く、小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれません。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー

EBOOKでは、葬儀に不慣れな方でもご理解いただけるよう、とても分かりやすく解説しています。この記事をご覧の全ての方に無料でプレゼントしますので、ぜひダウンロードの上お役立てください。
そこで私たちは、お葬式に関する知識やノウハウがぎっしり詰まったEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」を作成しました。

無料のEBOOKダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

<掲載例> 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策、マナー、作法について

今すぐ登録する

NHKでも紹介 小さなお葬式は数々のメディアで 取り上げられています!

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞 報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済 Yahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
     
葬儀費用最大10,000円割引! お葬式と分からない封筒でお届け 資料請求はこちら 無料 お申込み0円葬儀費用がどんどんお得早割最大71,000円割引