VHSも8mmフィルムもデジタル化できるって知っていますか?
終活

作成日:2021年08月05日  更新日:2021年09月15日

VHSも8mmフィルムもデジタル化できるって知っていますか?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

子供の頃のホームビデオや記念ビデオや8mmフィルムが眠っていませんか?
古いビデオテープ(VHS)や8mmフィルムも、DVDなどのデジタル化ができます。
デジタル化するメリットと、その方法をご紹介します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
VHSや8mmフィルムのアナログメディアはデジタル化できる
自分でデジタル化する方法
ダビング業者に依頼する方法
まとめ

VHSや8mmフィルムのアナログメディアはデジタル化できる

DVDが主流になった今、VHSデッキは国内メーカーのほとんどが製造終了しています。
記念ビデオや録画したVHSテープを蘇らせる方法として、注目されているのがVHSや古い8mmフィルムをDVDにダビングするデジタル化です。

あわせて読みたい 亡くなった人の写真は処分?デジタル化? 亡くなった方の写真は、昔の思い出が詰まった大切なものです。いつまでも手元に置きたいですが、写真は経年劣化が進むと退色や変質して… 続きを見る

大切な思い出をいつでも見返せる

一度デジタル化すれば、古いVHSや8mmフィルムの映像をDVDやクラウドに保管できます。
テレビで鮮明な映像を見られるだけでなく、クラウド上に保存してパソコンやスマホで自由に再生できます。
繰り返し見たい思い出の映像も、テープは経年による伸びやねじれが起きるもの。
DVDやクラウド上のデータであれば、繰り返し見ても安心ですよ。

離れて暮らす家族にも共有できる

デジタル化によって、離れて暮らす家族にも共有できます。
VHSや8mmテープだけでは、現物以外のデータがないため、ほかの人に渡せません。
しかし、DVDやデータはダビングして複数用意すればプレゼントできます。
クラウド上で保存すると、わざわざDVDなどに保存しなくても簡単にデータ転送できるため、さらに時間と手間を減らせます。

自分でデジタル化する方法

VHSや8mmテープは、自分でデジタル化する方法があります。
まずは自分でデジタル化する2つのやり方を紹介します。

8mmビデオデッキからDVDレコーダーにダビングする

もっとも手軽な方法は、ビデオデッキからDVDレコーダーへのダビングです。
VHSからDVDの移行期には、ビデオとDVDの両方を再生できるデッキが発売されていました。
もし所有している知り合いがいれば、予算をかけずVHSをDVDにダビングできます。
ただし、VHSの状態が悪ければ、ダビングしてもデータが破損したり、画質が悪かったりする可能性もあります。
こちらの方法は元のVHSや8mmテープがきちんと保存されており、再生に問題ないことが条件です。

パソコンにビデオキャプチャーで録画する

パソコンを所有していれば、USBビデオキャプチャーを通じてデジタル化できます。
ただし、こちらもVHSデッキとPCを接続する必要があります。
USBビデオキャプチャーとデッキを用意する費用がかかると同時に、デジタル機器の接続やパソコンに不慣れな方は少々ハードルが高いかもしれません。
本数が多ければダビングに時間もかかってしまいます。

ダビング業者に依頼する方法

VHSや8mmテープは、専門のダビング業者に送って、データ化する方法があります。
自分でデータ化する方法と違うのは、こ多少のテープの反りやカビがあっても、きれいに復元できること。
繰り返し見て傷んだものや、長期保存のテープもクリーニング技術と修理で高画質高音質に仕上げられます。
自分で1本ずつダビングする手間と時間もかかりません。

デジタル機器の操作が苦手な方でも、テープを送るだけなので負担がないところも魅力です。
ダビングはVHS1本からでも依頼できるため、美しい映像を手元に残すためにも、ぜひ専門の業者に依頼しましょう。

VHSのデジタル化の料金相場

VHSをDVDなどにデジタル化する料金相場は、1本500~1,000円前後です。
少数であれば5本以上などまとめて申し込む場合は、送料込みなどのプランもあるため単価が安くなります。
ほかに、テープのねじれやカビ、切れた部分の接合などの修理サービスがあります。
修理を希望する方は、基本料金のほかに修理費用も調べておくと安心ですよ。

8mmビデオのデジタル化の料金相場

8mmビデオや、MiniDVなどの小型のテープのデジタル化料金は、1本1,000円前後です。
VHSと違って8mmビデオは対応していない業者もあるため注意してください。
ちなみに、8mmビデオと混同されやすいのが8mmフィルムです。
8mmフィルムは映画フィルムのような形で、デッキではなく大型で映写機を通じて画面に映し出します。
料金もビデオや8mmビデオとは違うものですので、間違わないように気を付けましょう。

まとめ

古いVHSや8mmテープは、見るたびに劣化が進み、カビの発生などのトラブルが起きてしまいます。
ダビングサービスを利用すれば、多少の切断やカビが生えたテープも、修復してきれいな映像をデータ化できます。
いったんデータにすれば、テープと違って経年劣化の心配もなくなります。
データ化サービスはVHSの場合1本1,000円程度で利用できるため、テープの劣化が進む前に申し込んでみてはいかがでしょうか。

小さなお葬式は、古い写真やビデオのデータ化サービス大手である「節目写真館」と提携しております。
今ならこのコラムを見た方限定、お見積りから7000円引き(利用料金2万円以上)でサービスが利用できるクーポンをご利用いただけますので、この機会に是非、データ化サービスをご検討ください。

※以下のリンクからお申込み画面に進み、クーポン入力画面で
UNI7000」と入力してください。

小さなお葬式が提携している節目写真館の写真やビデオのデジタル化サービスです。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事