臨済宗とは何か?禅宗の一面からひも解く特徴|葬儀の流れも解説
葬儀の準備

作成日:2021年09月30日  更新日:2021年09月30日

臨済宗とは何か?禅宗の一面からひも解く特徴|葬儀の流れも解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

仏教宗派のひとつに臨済宗があります。臨済宗は禅宗のひとつです。禅宗は他の宗派とどのような違いがあるか、どのような教えを持っているのか分からないという方は多いのではないでしょうか。同じ禅宗の曹洞宗とは、共通点がありながらもそれぞれ特徴があります。

臨済宗についての知識を身に付ければ、安心して葬儀を執り行うことができるでしょう。この記事では、歴史、特徴、葬儀の流れとマナーについて詳しく解説します。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
禅宗のひとつである臨済宗の歴史
禅宗である臨済宗の特徴
精臨済宗の葬儀とは
臨済宗の葬儀のマナー
まとめ

禅宗のひとつである臨済宗の歴史

臨済宗は禅宗のひとつです。インドで興った仏教が中国に伝わり、その教えをもとに禅宗が始まりました。その後、日本の僧侶が中国の寺に修行に行き、帰国して広めたのが臨済宗と曹洞宗です。

中国の禅宗がどのように発展したのか、誰が日本に伝えたのか、臨済宗の宗派はいくつあり、どのような寺院があるのかについて説明します。

中国禅宗の歴史

中国禅宗は、達磨大師から始まったとされています。6代目となる慧能禅師が、中国の南部に広がった南宗禅(なんしゅうぜん)の祖です。その系統を受け継ぎ、唐の時代に、臨済宗の祖である臨済義玄(りんざいぎげん)が臨済宗を始めました。

臨済義玄は、悟りを開くことは自分そのものに向き合うことだと考え、教えを広めます。当時、9世紀は唐の末期を迎えて戦や飢饉により社会は荒廃しており、こうした背景もあって自分を信じるという教えが広まりました。

臨済宗は日本の禅宗のひとつ

日本の禅宗には臨済宗、曹洞宗などがあります。それぞれの宗派が日本に伝わった経緯は次の通りです。

鎌倉時代に、中国、当時の宋に渡った栄西は、臨済宗黄龍派から禅法を授かった証明である「印加」を受けます。帰国した栄西は、1195年に聖福寺を建立し、禅道場としました。これが日本における臨済宗の元となったとされます。

鎌倉幕府、室町幕府の庇護を受け、臨済宗は武家政権などの上流階級を中心に広まっていきました。考え方には禅問答をして悟りを目指すという特徴があります。

一方、曹洞宗の祖は道元です。道元は、栄西の下で修行を積んだ後、宋に渡ります。禅宗の一派である曹洞宗の天童如浄により印可を受け、日本に曹洞宗を伝えました。曹洞宗は、地方武士や民衆に広まっていきます。ひたすら座禅をすることが悟りであるという教えです。

あわせて読みたい 曹洞宗(禅宗)葬儀の特徴・マナー・式次第を解説|他宗派の違いも 仏教には多くの宗派があり、それぞれ葬儀の特徴やマナーが異なります。何も知らずに曹洞宗の葬儀に参列し、ほかの宗派とは… 続きを見る

臨済宗は14派に分かれる

臨済宗は14派に分かれています。それぞれの宗派に本山があり、「臨済宗◯◯寺派」のように、本山の名前を使って、宗派の名前が構成されているのが特徴です。14宗派を以下にまとめました。

妙心寺派(京都)、南禅寺派(京都)、建長寺派(鎌倉)、東福寺派(京都)、円覚寺派(鎌倉)、大徳寺派(京都)、方広寺派(浜松)、永源寺派(東近江)、相国寺派(京都)天龍寺派(京都)建仁寺派(京都)、向嶽寺派(甲州)、佛通寺派(広島・三原)、国泰寺派(富山・高岡)

この中で特に有名なのは、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている天龍寺です。また、本山ではないものの、相国寺派にも世界遺産に登録されている鹿苑寺(金閣寺)と慈照寺(銀閣寺)、妙心寺派には枯山水の石庭で知られる世界遺産の龍安寺、天龍寺派には「苔寺」と呼ばれる美しい西方寺などがあります。

また、建仁寺は前述した通り、栄西が建立し道元が修行を行った寺です。京都だけではなく、鎌倉などにも有名な本山があります。

禅宗の元となる臨済宗の特徴

臨済宗は仏教であり、禅宗のひとつです。仏教は枝分かれしながら、さまざまな教えを加え、選択して発展してきました。ここでは、臨済宗の教えはどのようなものか、どのように修行をするのか、お経、礼拝の方法について解説します。

禅宗の元となる臨済宗の教え

禅宗では、悟りを得ることが最終目的とされます。悟りとは、仏教の教祖であるブッダが到達したとされる、生死を超えた永遠の真理のことです。

禅宗において、悟りというと、自分の持っている仏性(仏になれる性質や可能性)に気づき、さまざまな執着を捨て去ることとされます。この悟りを得るために修行を積むのが、禅宗のあり方です。

修行の方法

禅宗の考え方として、「不立文字」(ふりゅうもんじ)があります。これは、文字や言葉によってではなく、ブッダの教えは修行体験によって伝えるものだとする思想です。

そのため、修行の方法としては、身体的体験を重んじた、座禅や公案が用いられます。座禅は、ひたすら座ることによって、身・息・心の調和を図るという修行ですが、臨済宗においてとられるのは、師匠と対面して座禅をする「看話禅」(かんなぜん)というスタイルです。

座禅をしている弟子と向かい合った師は、「公案」という問題を出します。問題を出された弟子は、考えて回答するわけではありません。座禅によって身・息・心の調和を図って精神を統一させ、答えを求めていくものです。

禅宗としての臨済宗のお経

臨済宗では、自分の内に持っている仏性に向き合うことを重視するために、特定の本尊を定めてはいません。

ただし、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)をお祀りすることが多いため、「南無釈迦牟尼仏」(なむしゃかむにぶつ)と唱えるのが特徴です。ただし、あくまでも、修行によって悟りを得ることを目的とする教えなので、浄土真宗の念仏や日蓮宗のお題目のように、続けて唱えることはありません。

礼拝の方法

以下の通り、5段階の礼拝の方法があります。

・低頭(ていず):立ったままで頭を下げる
・胡跪(こき):片膝を立ててひざまずく
・揖(いつ):叉手(しゃしゅ)の状態のままで頭を下げる。叉手とは、右手を胸にあてて、右手の上に左手を軽く重ねておおうこと
・門訊(もんじん):合掌した状態で低頭
・大門訊(だいもんじん):両手でぐるりと円を描くように合掌して低頭

寺での朝夕のおつとめなどにおいては、三拝(さんぱい)が行われることがあります。立ち上がって合掌し、低頭し、肘を床につけて手のひらを上に向けて礼をする礼拝法です。これを3回繰り返します。

臨済宗の葬儀とは

臨済宗の葬儀は、その教えに基づいて執り行われます。自分の持っている仏性に気づいて悟りを得ることが最終目標ですから、亡くなった方も悟りへの道筋をたどれるようにする構成です。授戒、念誦、引導などの葬儀の構成とそれらが持っている意味、葬儀の流れについて解説します。

葬儀の構成

葬儀は、次のような3つの構成としているのが一般的です。

・授戒:亡くなった人に仏門に入るための戒律を授けて仏の弟子とする
・念誦:僧侶が経典を読み上げる
・引導:仏性に目覚め仏の弟子となった故人を導師が浄土へ旅立たせる

葬儀の構成とその背景にある考え方を理解すれば、葬儀における儀式の意味がよくわかり、参列時の心持ちも変わってきます。

授戒

葬儀は授戒の儀式から始まります。内容は次の通り進行します。

1.葬儀を執り行う僧侶である導師の入場
2.剃髪:実際に髪を剃るわけではなく、カミソリを当てるふりをする。導師は剃髪の偈(ていはつのげ)を唱える
3.懺悔文(ざんげもん):亡くなった人が生前の行いを反省して入滅を願う
4.三帰戒文(さんきかいもん):仏の教えを学び、仏教の修行者となることを誓う
5.三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)・十重禁戒(じゅうじゅうきんかい):亡くなった人を清めるために洒水灌頂(しゃすいかんじょう)という水を棺に注ぐ儀式。これで、正式に仏門に入ったことになる
6.血脈(けちみゃく)授与:お香を焚き、「血脈」と書かれた紙を霊前にお供え。仏の弟子となった証拠となる

念誦・引導

仏の弟子となった故人を浄土に旅立たせる儀式を行います。内容は次の通り進行します。

1.入龕諷経(にゅうがんふぎん):故人を棺に納める儀式。千手観音の功徳を説く「大悲呪」(だいひしゅう)と、故人を弔うための「回向文」(えこうもん)という2つの経文を唱える
2.龕前念誦(がんぜんねんじゅ):棺を閉める儀式。「十仏名」(じゅうぶつみょう)という経文を唱える
3.起龕諷経(きがんふぎん):出棺の儀式。大悲呪と回向文を唱える
4.山頭念誦(さんとうねんじゅ):成仏のために、往生咒(おうじょうしゅ)という経文を唱える。鈸(ばつ)や太鼓を鳴らす
5. 引導法語:浄土に旅立たせるための法語を唱える。後半で、導師が「喝」と叫び、故人をこの世から解き放つ

焼香・出棺

念誦・引導までの葬儀の後、焼香する告別式です。焼香の際には、「観音経」や「大悲心陀羅尼」(だいひしんだらに)などの経文が唱えられます。最後は、導師が回向文を唱え、鈸や太鼓が鳴らされて葬儀が終了です。終了後は、棺が火葬場へ向かう出棺となります。

臨済宗の葬儀のマナー

宗派によって、流れだけではなく葬儀のマナーも異なる部分があります。特に、作法として気をつけたほうがよいのは、宗派によってそれぞれスタイルが異なる、数珠の形式と持ち方、焼香の手順です。詳しく説明しますので、正しい知識を身につけましょう。

数珠と持ち方

略式の片手数珠を使われる方も多くいますが、臨済宗での正式な数珠は、看経念珠(かんきんねんじゅ)で、親玉1個と、煩悩の数と同じ108個の玉を組ひもでつないだものです。また、振分念珠という長い数珠も使われます。

持ち方は、輪をひねって二重にして左手の手首にかけます。合掌する場合には、左手の親指と人差し指の間にかけましょう。房の部分は下にくるようにして、右手を添えます。片手数珠の場合も二重にしないだけで持ち方は同じです。

焼香の手順

焼香の手順は次の通りです。

1.仏前で合掌、礼拝
2.親指と中指と人差し指でお香をつまみ、香炉にくべる。この際、基本的には、額にいただかず香炉に入れる。線香の場合は、1本だけに火をつけ、手であおぐか線香を振って消し、香炉に立てる
3. 再び、合掌、礼拝

以上の動作を1回だけ行います。ただし、寺院や宗派によって異なることもありますので、不安な場合は、寺院に確認しましょう。

あわせて読みたい 禅宗の葬儀のお布施の相場やマナーを解説|曹洞宗・臨済宗で金額が違う 仏教には数多くの宗派があります。宗派によって教義が異なるため、葬儀を行う寺院の宗派に作法を合わせることが大切です… 続きを見る

まとめ

臨済宗は禅宗のひとつで、教えとして自分の持っている仏性に気づいて悟りを得ることを最終目的としています。修行の方法としては、身体的体験を重んじた座禅や公案が用いられるのが特徴です。臨済宗の葬儀は教えに基づいて執り行われ、亡くなった方も悟りへの道筋をたどれるように構成されます。

禅宗では独特な考えに基づくこともあり、臨済宗の葬儀はどのように執り行ったらよいのかなど悩むこともあるかもしれません。そうしたときは小さなお葬式にぜひお気軽にご相談ください。24時間365日、コールスタッフが、通話無料でご連絡をお待ちしております。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事