密教と呼ばれる真言宗の葬儀の流れや作法|小さなお葬式のコラム

文字サイズ

日本一選ばれている葬儀ブランド

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2014.12.01  更新日:2018.10.22

密教と呼ばれる真言宗の葬儀の流れや作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

密教と呼ばれる真言宗の葬儀の流れや作法

この記事は小さなお葬式が書いています

真言宗の葬儀は、他の宗派とどのように違うのでしょうか。

仏教にはさまざまな宗派があり、それぞれで教義や決まりといったものは異なります。葬儀も同じく宗派によって段取りなどが変わってきます。

葬儀は故人の宗派に合わせて行うため、他の宗派についても知っておくと良いでしょう。この記事では、真言宗の葬儀について、流れやマナーをご紹介します。

【もくじ】
真言宗の葬儀での儀式
真言宗の葬儀の流れ
焼香・数珠の作法

真言宗の葬儀での儀式

真言宗は、密教(みっきょう)と呼ばれる類の宗教です。密教とは、誰でも別け隔てなく布教されるものではなく、修行によって直接教えを授かった人以外に示してはいけないとされている教えです。

日本における純粋な密教は真言宗のみであり、葬儀でも他の宗派とは異なる特徴があります。以下に真言宗の特徴的な儀式について説明します。

灌頂(かんじょう)

灌頂は、弘法大師様が日本に持ち帰られ伝来した、真言宗最高峰の儀式と言われています。当時の入壇名簿には、最澄、天皇の名前があり、多くの方々が入壇したとされています。

ちなみに阿闍梨様が散状で、受者の頂きに三度灌ぐという作法があります。この際、水は少し散状が濡れる程度頂きに当てるだけです。その前に戒律を阿闍梨様より授かり、仏様とご縁を結ぶとされています。結縁灌頂(けちえんかんじょう)という、自身を守ってもらう仏様とご縁を結ぶ儀式は、出家をしていない方でも受けることができます。

土砂加持(どしゃかじ)

密教では、土砂加持という儀式も行われます。土砂加持では、土砂を洗い清めて護摩(ごま:火を焚いくこと)を修し、光明真言を本尊の前で唱えます。これによって生まれた砂には、苦悩を取り除く、遺体にまくと柔軟になる、墓にまくと罪過が消えるなどの効果があるとされています。こういった行いは、滅罪生善(めつざいしょうぜん)と呼ばれます。真言宗の葬儀では、この土砂をご遺体にかけて納棺します。

真言宗の葬儀の流れ

僧侶が入堂した後の、葬儀の流れは下記の通りです。

①塗香(ずこう)・三密観(さんみつかん)・護身法(ごしんぼう)・加持香水(かじこうずい)の法
塗香は体に香を塗ってけがれを取りの除くこと、三密観は吽の字を身・口・意におき五鈷金剛杵(ごここんごうしょ)を観ずること、護身法は五種の印を結んで真言を唱えることで心身を堅固にすること、加持香水は浄めに用いる香水を浄化するための祈りのことを指します。

②三礼(さんらい)・表白(ひょうびゃく)・神分(じんぶん)・声明(しょうみょう)
三礼は三礼文を唱えて仏法僧を礼拝すること、表白は諸仏諸菩薩に亡くなられた方へ思いを込めること、神分は仏や菩薩の名を唱えて降臨に感謝すること、声明は仏典に節を付けた仏教を賛美する仏教音楽のことを指します。

③授戒作法
授戒作法ではまず僧侶がカミソリを手にし、偈文(げもん)を唱えながら故人の頭を剃ります。その後、三帰三竟(さんきさんきょう)や十善戒が授けられ、最後に戒名がつけられます。

④引導の作法
引導の作法では、再び表白と神分が行われます。その後、不動灌頂や弥勒三種の印明を授けることで、故人の即身成仏を願います。最後に理趣経(りしゅきょう)を唱えて引導の作法は終わります。

⑤破地獄(はじごく)の作法
破地獄の作法では、まず破地獄の真言を与え、故人の心にある地獄を取り除き、金剛杵という法具を授けます。次に金剛界胎蔵秘印明と弘法大師による引導の印明が行われ、位牌の開眼と血脈の授与が行われます。

⑥焼香~出棺
僧侶によって成仏を願う諷誦文(ふじゅもん)が唱えられ、その間に焼香を行います。焼香後は故人の増進仏果が祈願され、僧侶が導師最極秘印というお大師様から繋がる印を結び、亡者を送り出すためや、諸菩薩にお帰り頂くため、指を鳴らし撥遣(はっけん:魂抜きのこと)します。その後、お花を添えて出棺となります。

また、一般的な葬儀の流れについて、詳しくご紹介した記事もありますので参考にしてください。

参考:葬儀のマナー・流れ|一般的な葬儀の場合

焼香・数珠の作法

真言宗の葬儀で気をつけておきたいことをお伝えします。

真言宗の焼香作法

真言宗の焼香では、3回香をくべるのが正しいとされています。その際、香は押しいただきます(香を額の高さまで掲げること)。3回が正しいとはされていますが、参列者の数によっては焼香に時間がかかるため、1回だけに短縮されることもあります。

参考動画:<真言宗>葬儀におけるお焼香の作法(やり方)【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

①焼香の順番がきたら、祭壇に進み、遺族に一礼、参列者に一礼します。
②焼香台の前に立ったら、まず合掌し一礼します。
③右手の親指、人差し指、中指の3本の指で抹香を軽くつまみ、額に押しいただき、香炉にくべます。
④真言宗では正式には3回繰り返します。
⑤数珠は右手にかけ房を下にし、両手で挟むようにして合掌をします。
⑥遺影の方を向いたまま、二、三歩下がり遺族に一礼、参列者に一礼し、席に戻ります。

真言宗の数珠の作法

参考動画:<真言宗>葬儀の際の数珠の持ち方【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

数珠は各宗派によって種類や使い方が変わります。真言宗の場合、最も正式な数珠は108個連なっている本連です。現在はどの宗派でも用いることができる略式のものがあるため、それを使用するのもいいでしょう。色は使われる石によっても異なりますが、茶系統や黒であることが多いです。女性用の数珠では、水晶を使ったものなどもあります。

使い方としては、房が左手首の内側に来るように数珠をかけます。右手は添えるように合わせ、そのまま合掌します。真言宗では数珠をこすり合わせるという特徴があり、これによって百八の煩悩を砕くという意味があります。

真言宗のご葬儀なら「小さなお葬式」

「小さなお葬式」は、低価格でも安心のセットプランをご用意しており、真言宗のご葬儀に対応致しております
小さなお葬式

4.5/5
評価数(10)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓