葬儀費用5,000円割引 事前準備に便利な詳しい資料やエンディングノートをお届けします。資料請求はこちら 無料

日本一選ばれている葬儀ブランド

小さなお葬式のコラム

葬儀の準備のコラム

葬儀の準備

作成日:2014.08.18  更新日:2019.05.16

葬儀・葬式の流れとマナー|一般的な葬儀の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀・葬式の流れとマナー|一般的な葬儀の場合

この記事は小さなお葬式が書いています

葬儀はどのような流れで進み、何をしなければならないのでしょうか。一般的に、葬儀は下記のような流れで進行していきます。

ご逝去日 午前
午後 お亡くなり ⇒ 搬送 ⇒ 安置
2日目 午前
午後 納棺 ⇒ 通夜
3日目 午前 葬儀 ⇒ 告別式 ⇒ 出棺
午後 火葬 ⇒ 精進落とし

実際にその時になれば葬儀担当者にサポートをしてもらえますが、事前に葬儀の流れを知っておくことで、不安を取り除くことができますし、葬儀をスムーズに進めることができます。

ここでは、通夜・告別式を行う一般的な葬儀の流れを、お亡くなりから葬儀終了まで、喪主・遺族、参列者が知っておきたいマナーなどを併せてご紹介します。

また、葬儀社をお探しの方は「小さなお葬式」をご検討ください。
小さなお葬式

【もくじ】
お亡くなりから通夜までの流れ
通夜の流れ
葬儀・告別式の流れ
一般的な葬儀ってどういうもの?
一般的な葬儀にかかる費用
▼遺族の方向け
葬儀の日程の決め方
遺族のマナー
宗教・宗派ごとの葬儀
▼参列される方向け
参列者のマナー

お亡くなりから通夜までの流れ

①お亡くなり

病院で亡くなった場合は、看護師または病院が提携している業者にエンゼルケア(死後の処置)を行ってもらいます。遺族は、葬儀社に連絡を取り、亡くなった場所(病院・自宅など)を伝えます。この時、医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。

②お迎え・安置

法律により逝去後24時間は火葬することができないため、寝台車でご遺体を搬送して、安置をします。自宅での安置が可能であれば自宅に、難しい場合は葬儀社の安置専用施設に搬送します。

③葬儀の打合せ・段取り

喪主や世話役などの役割を決め、葬儀担当者と打合せを行います。この時「死亡診断書」を葬儀担当者に渡し、「死亡届」や「火葬許可証」などの手続きを依頼します。職場や学校などの関係者への連絡、喪服の準備、供花・供物の手配などを行います。

④納棺

納棺の際には、ご遺体を清めて死装束を着せます。故人が生前好きだったものなど、一緒に棺に入れたいものがあれば準備しておきます。

あわせて読みたい お葬式の日程はどのように決めるの?お通夜や法事法要までの流れを詳しく解説! 身近な人が亡くなると、悲しみにふける時間もないままに、お通夜やお葬式のスケジュールを決めなければなりません。そこでこの記事では、日程の... 続きを見る

通夜の流れ

納棺までを終えると、続いて通夜を行います。全体の流れを、一般的に通夜が開始される18:00からのスケジュールでご紹介します。全体の所要時間は、喪主が会場に到着してから通夜式終了まで2~3時間程です。

①喪主・遺族が会場に到着・受付準備(16:00)

遺族は、通夜開始の2時間前には会場に到着して、参列者の受付準備をします。香典の受け取りや受付など事前に決めていた役割や段取りを確認し、芳名帳や筆記具など必要なものを用意しておきましょう。また、会葬礼状、供物、供花に記載されている名前に誤りがないかを確認することも大切です。

②受付開始(17:30~)

受付は、通夜開始の30分前から行います。受付担当は所定の場所で受付を行い、喪主も参列者の挨拶に対応します。通夜式開始20分前には、喪主・遺族は着席をします。参列者からお悔やみの言葉をかけられた際には、「お忙しい中お運びいただきまして、恐れ入ります」と、短い言葉で結構ですので応えましょう。

③開式(18:00~)

ご僧侶が到着し、定刻になれば通夜式を開始します。進行は主に葬儀担当者が行うので、喪主は段取りを頭に入れておいて、正しく行われているかを確認しましょう。

④読経・焼香(18:10~)

ご僧侶に読経をしてもらい、喪主・遺族・一般参列者の順に焼香を行います。

あわせて読みたい いざという時に恥をかかない焼香のやり方について詳しく紹介 葬儀での正しい焼香の作法をご存知でしょうか。葬儀は経験する回数も少なく、「焼香は前の人と同じように行おう」と考えられる方も... 続きを見る

⑤閉式(19:00)

喪主は、参列者に対して挨拶を行います。通夜振る舞いが控えている場合は、その案内も含めて伝えるようにします。ご僧侶が退席し、通夜は閉式となります。開始から約1時間で通夜式は終了です。

⑥通夜振る舞い(19:10~)

閉式後はそのまま通夜振る舞いに移行します。通夜振る舞いには、故人が生前お世話になった方に参加をお願いします。時間は1時間程度です。

一般参列者が帰られた後は、葬儀担当者や親族と、翌日の流れを確認して決めておきましょう。

あわせて読みたい 喪主による通夜式での挨拶マナーと場面別の文例集について詳しく解説 葬儀の喪主は、お葬式全体の決め事をするだけでなく、様々な場面において挨拶を行うことになります。通夜での挨拶は、故人への想いや... 続きを見る

葬儀・告別式の流れ

葬儀から精進落としまでの流れを、一般的な開始時間を参考に、10:00~15:00のスケジュールでお伝えします。所要時間は、移動時間を含めて精進落としまで5~6時間です。

①喪主・遺族集合、受付準備(10:00~)

葬儀開始1時間前に集合し、葬儀担当者と段取りの最終確認、受付の準備を行います。会葬礼状、会葬御礼品の用意をしておきます。 また、この時に弔辞・弔電の名前、順番に誤りがないかの確認も行いましょう。

②受付開始

葬儀開始の15~20分前には着席できるように受付を行います。

③開式(11:00~)

ご僧侶が入場したら、司会者の案内で葬儀を開式します。

④読経、弔辞・弔電の奉読(11:10~)

ご僧侶による読経が行われます。通夜の場合はこのあとすぐに焼香を行いますが、葬儀の場合は先に弔辞・弔電の紹介を行います。

⑤焼香(11:20~)

ご僧侶の焼香のあと、通夜の時と同じく、喪主・遺族・一般参列者という順番で行います。

⑥閉式・出棺(11:40)

焼香が終われば、ご僧侶が退場するのを合掌して見送ります。司会者が閉式を宣言して、出棺の準備を行います。

一般参列者は、式場の外などで出棺の見送りをするために待機します。遺族は、最後のお別れを行ったあと、生花で故人の周りを飾ります。棺に蓋をして、喪主から順番に棺にくぎ打ちをします。遺族や親族で棺を運び、寝台車に乗せます。

あわせて読みたい 出棺・火葬の流れと参列する際のマナーについて詳しく紹介 葬儀・告別式が終われば、出棺ののち火葬場へと向かいます。この記事では、出棺から火葬・骨上げまでの流れと、出棺時のマナー、火葬に... 続きを見る

⑦火葬(12:00~)

火葬場につくと、納めの式(おさめのしき)を行ったあとに、火葬をします。 納めの式は、火葬炉の前で行う最期のお別れのことで、ご僧侶が同行している場合には読経をしてもらい、焼香をします。火葬はおよそ1時間程度かかり、その間遺族や同行者は控室で待機します。親族が集まっているこのタイミングで、次回の法要の日程を調整しておくと良いでしょう。

⑧骨上げ(13:10~)

火葬後に、遺骨を骨壺に納めることを骨上げ(こつあげ)と言います。二人一組で足から順番に箸で骨を拾い、骨壷に納めます。喪主から順番に、血縁の深い順に行います。骨上げ後は骨壷と埋葬許可証を受け取ります。埋葬許可証は納骨時に必要となるので、大切に保管しておきましょう

⑨還骨法要・初七日法要(14:00~)

火葬終了後、自宅もしくは斎場に戻り行われるのが還骨法要(かんこつほうよう)です。ご僧侶による読経があり、焼香を行う30分程度の法要が行われます。
また、参列者の都合を合わせることが難しいため、初七日法要を還骨法要と同時に行うことが多くなっています。

⑩精進落とし(14:30~)

火葬場から戻り、ご僧侶やお世話になった人たちを招いて会食を行います。これを精進落とし(しょうじんおとし)といいます。会食の始めと終わりには、喪主が挨拶を行います。挨拶は、式が滞りなく進んだことへの感謝を伝えます。精進落としが終わると、葬儀当日の儀式は終了となります。

あわせて読みたい 葬儀が終わって初めての法要「初七日法要」で知っておきたい常識とマナーを詳しく紹介 葬儀が終わると、初めての法要である「初七日法要」を執りおこなうことになります。初七日法要は、故人がきちんとあの世にいけるように... 続きを見る

一般的な葬儀ってどういうもの?

一概に葬儀といっても、さまざまなものがあります。一般的な葬儀というのは遺族・親族はもちろん、親しい方や職場関係者にも会葬してもらうお葬式のことです。

その他にも、大規模なお葬式の「社葬」「合同葬」、家族だけで行う「家族葬」、ひっそりと内密に行う「密葬」、お通夜とお葬式を1日で済ませる「1日葬」、お葬式をしないで火葬のみで行う「直葬」、そして信仰している宗教に基づいた「宗教葬」などがあります。

お葬式を葬儀会館以外で行うことも可能です。自宅で行なう「自宅葬」や、寺院や教会などで行う「寺院葬」「教会葬」などがあります。

最近では、一般的なお葬式の形式にとらわれない自由葬なども増えています。自由葬では故人のイメージにあった葬式をすることが多く、生前に音楽が好きだった方の場合には、お葬式中に明るく楽しい生演奏を取り入れたりするようです。普段のお葬式ではNGなことも、自由葬では気にしなくても大丈夫なのです。若い世代に人気で、新しいお葬式の形と言えるでしょう。

それぞれの形式により、お葬式にかかる金額も異なります。今回は、一般的な葬儀にかかる費用を見ていきましょう。

あわせて読みたい 家族葬とは?選ばれている理由や費用、参列基準やマナーについて詳しく紹介 家族や親族、親しい友人・知人で小規模に行う葬儀形式のことを家族葬(かぞくそう)と呼び、最近では家族葬を選ぶ方が増えています。この記事では、家族葬に... 続きを見る

一般的な葬儀にかかる費用

葬儀にかかる費用は、平均で約200万円ほどです。内訳は大きく3つに分けることができ、「葬儀一式費用」「飲食接待費用」「宗教者への支払い」となります。

「葬儀一式費用」とは祭壇、棺、寝台車、式場設備など、葬儀を行うために必ず必要になるものの費用です。「飲食接待費用」とは通夜、告別式の後にふるまう接待料理と、返礼品の費用になります。「宗教者への支払い」とは読経料や戒名料など、僧侶に依頼する内容にかかる費用です。割合としては「葬儀一式費用」が約50〜60%、「飲食接待費用」が約20〜30%、「宗教者への支払い」が約20〜30%ほどを占めます。

「葬儀一式費用」を少なくするためには、見積もりの際に不必要なものを削ることが重要になります。「飲食接待費用」を少なくするためには、お弁当や接待料理の発注先を選別することが大切です。「宗教者への支払い」は宗教や教会によって相場が異なりますが、宗派を変更することはできないため、できるだけ同じ宗派内で安く頼めるところを探しましょう。

お葬式も結婚式と一緒で、費用はさまざまです。豪華にすればするほど、費用も上がります。お金を極力かけない方法であれば、20万円ほどでお葬式をすることも可能なのでよく考えましょう。

あわせて読みたい お葬式にはいくらかかる? 費用の平均と内訳を詳しく解説 お葬式を執り行う際には、費用がいくらかかるのかが気になるものです。お葬式にかかる費用は、お葬式の内容によって異なります。この記事では、一般葬と... 続きを見る

葬儀の日程の決め方

「急に親や親戚の人が亡くなった場合、どうしたらいいのかわからない」という人も多いでしょう。身近な人が亡くなったばかりでお葬式のことなど考えられないかもしれませんが、先に葬儀日程の決め方を頭に入れておくと安心です。焦ってしまわないように、余裕をもって葬儀の日程を決められるようにしておきましょう。

日程を決める期限を考える

まずは、日程を決める期限を考えましょう。基本的にお通夜は亡くなった翌日にとりおこなうため、亡くなったその日には日程を決めるのが一般的です。もし今すぐに決められそうにない場合は、自宅や通夜・葬儀を行う予定の斎場、保管施設にご遺体を安置しましょう。

一般的に、ご遺体の腐敗が始まるのが死後約4日と言われているため、遅くても4日目には火葬できるよう日程を考えましょう。亡くなって2日目には予定を決め、3日目にお通夜を行い、4日目の午前中にお葬式、午後に火葬を行うなどというスケジュールで進められるように、亡くなった次の日には葬儀の日程を決めるようにしてください。

夏場の場合は、ご遺体の腐敗が早く始まることもあるので要注意です。どうしても4日以上かかってしまいそうな場合には、葬儀会社に相談しましょう。

あわせて読みたい エンバーミングとは?遺体保存の必要性と手順・費用などについて詳しく解説 エンバーミングという遺体保存技術をご存知でしょうか?例えば旅行や出張などで海外に滞在中に亡くなった場合、その遺体は日本に搬送され... 続きを見る

火葬場や僧侶のスケジュールに合わせる

都内や人口の多い街の場合だと、火葬場や僧侶のスケジュールが埋まっている場合があります。お葬式をしたくてもできない状況ですので、火葬場と僧侶のスケジュールに合わせて葬儀の日程を決めるようにしましょう。先に葬儀の日程を決めてしまうと後々困ることになるので、まずは火葬場と僧侶のスケジュールを確認しておくことが先決です。

自治体の火葬場のスケジュールが合わない場合には、民営の火葬場を利用することもできます。ですが、その分、費用も高くなるので注意が必要です。

他にも、違う自治体の火葬場を利用するという手もありますが、民営の火葬場よりさらに高くなる場合も多いので気をつけましょう。僧侶はお盆の時期が特に忙しく、スケジュールが合わない場合もありますので、夏場はご遺体の腐敗も含めて一層注意が必要です。

あわせて読みたい 僧侶派遣はネットで頼める?菩提寺がない方に最適な僧侶派遣のメリットと利用方法を詳しく解説 葬式や法事を行う際、一般的には先祖代々お世話になっているお寺である菩提寺のご僧侶に来ていただきますが、そういったお寺がないという方は多く... 続きを見る

参列する親族のスケジュールに合わせる

親族が海外に住んでいる場合や、仕事が忙しくどうしても時間が取れない場合には、その親族のスケジュールに合わせるようにしましょう。

例えば、「亡くなった祖母の長男である父が一人っ子で、ブラジルで働いている」という状況なら、日本に帰ってくるまで最低でも1日以上はかかります。ときと場合によりますが、その際には祖母にとって息子である父の到着を待って葬儀が行われます。お通夜は基本的に17時〜21時の時間中で、お葬式は10時〜11時に行うのが一般的です。予定の調整が難しい場合には、時間をずらすことも検討しましょう。

親族全員が必ず出席しなければいけないものではないので、その親族ともよく相談して決めてください。急な死ではない場合は、早めに危篤状態を知らせて、いつでも帰ってこられるようにしておくのも大切です。

「仏滅の日」に合わせるべきかどうか

昔に比べると気にする人も減りましたが、一般的には「仏滅の日」にお葬式を合わせたほうがよいと言われています。仏滅というのは、昔の日本の曜日のひとつです。現在は7曜(月・火・水・木・金・土・日)ですが、昔は6曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)で暦を数えていました。

その中でも、仏滅は6曜の中でも大凶日と言われ、行うことすべてが凶になると考えられていました。そのため、仏滅の日に結婚式やお祝い事をするのはタブーと言われます。一方、お葬式やあまりよくないことの場合には、仏滅の日に合わせたほうがよいのです。

「悪いことは、悪い日のうちに終わらせたほうが縁起がよい」とされているので、いまだにその風習が残っているようです。昔に比べると、現在では6曜を気にしない人も増えていますが、年配の方だと気にする人もいるので、あらかじめ聞いたうえで日程を決めるようにしましょう

あわせて読みたい お通夜はいつやるもの?日程の決め方について詳しく解説 もしご家族が亡くなった場合、お通夜はいつ行えばいいのでしょうか。お通夜があって、その翌日に葬儀・告別式があり、火葬が行われる流れが... 続きを見る

遺族のマナー

宗派や地域によっては、葬儀の流れが異なることもあるため、親族・葬儀担当者と相談しながら決めていくと良いでしょう。葬儀を執り行うことになった場合に役立つ記事をまとめましたので、参考にご覧ください。

あわせて読みたい 告別式とは|基礎知識と遺族側・参列者側が知っておくべきマナーについて詳しく解説 故人を見送る大切な儀式であるお葬式。きちんとした態度で臨むために、押さえておくべき「告別式」の基本的な知識と、遺族・喪主側と参列者側が... 続きを見る あわせて読みたい お通夜とは|基礎知識と遺族側・参列者側が知っておくべきマナーについて詳しく解説 お通夜と葬儀・告別式はどちらも「お葬式」の一部ですが、それぞれに意味があり、やるべきことも違います。この記事では、お通夜について... 続きを見る

宗教・宗派ごとの葬儀について

宗教・宗派ごとの葬儀の特徴や流れについて、知っておきたいことをまとめています。

あわせて読みたい 日本には宗教・宗派がたくさん!宗派の種類ごとの違いについて詳しく解説 宗教には、仏教をはじめとしてたくさんの種類があります。宗教はそれぞれの教義によって宗派が分かれているので、とても複雑な様相を... 続きを見る

お葬式について事前に考えておきたいこと

突然のことで、葬儀のことをいろいろ決めなければいけないにも関わらず、慌ててしまって冷静な判断をすることができない場合がほとんどです。もしものときに備えて、事前に葬儀のことを事前に検討しておくことで、大切な方と後悔のないお別れができます。

「小さなお葬式」は、低価格でも安心のセットプランをご用意いたしております。お葬式に必要な物品・サービスをプラン料金に含んでいるため、お葬式についての知識がないという方にも、安心してご依頼いただけます。全国4,000カ所以上の葬儀場と提携しており、どの宗教のお葬式にも対応しております。

小さなお葬式

参列者のマナー

訃報をうけたら、落ち着いて対応するように心がけましょう。また、近年ではお身内のみで葬儀を行う「家族葬」を選択されることが増えています。その場合は、遺族から案内があった場合のみ参列することになります。

葬儀に参列することになった時、知っておきたい事をまとめた記事がありますので、参考にご覧ください。

あわせて読みたい 通夜や葬儀・葬式での服装マナーについて詳しく解説 通夜や葬式・葬儀の参列者のふさわしい服装と注意点、略礼服を購入する場合のポイントをご紹介します。服装や髪形を分かりやすくまとめた動画も... 続きを見る

まとめ

今回の記事では、葬儀の一般的な流れやマナーについて詳しく解説しました。地域や宗派により流れなどが異なることもありますので、葬儀社や経験者の方に確認しながら進めるとよいでしょう。

死は突然訪れるものです。その時になって慌てないように事前に知識をつけておくことが重要でしょう。何かあった時に相談できるように葬儀社を選定しておくこともおすすめです。


葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

4.5/5
評価数(102)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は「小さなお葬式」が書いています

私たちは、高額で相場が分かりにくい葬儀費用を
見直し、安くても心のこもったお葬式を行って
いただけるサービスを提供しております。

全ての方に満足のいく葬儀を行っていただけるよう、
葬儀・法事に関する様々な疑問に対する解決策や
マナーについてのお役立ち情報をお届けします。

お葬式のお役立ち情報満載!メルマガ会員募集中!

小さなお葬式のメールマガジン(無料)を定期的に配信いたします。ぜひお役立てください。

今すぐ登録する

<掲載例>

  • 葬儀、法事、終活の疑問に対する解決策
  • マナー、作法について

小さなお葬式は数々のメディアで取り上げられています

テレビ撮影風景

あさイチ/NHKスペシャル/シブ5時/おはよう日本 NHK
NHK「おはよう日本」で海洋散骨、「あさイチ」「NHKスペシャル」「シブ5時」で小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。
とくダネ! フジテレビ
フジテレビ「とくダネ!」の「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。
情報ライブ ミヤネ屋 よみうりテレビ
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」の「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。

その他のメディア実績

新聞読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞テレビ報道ステーションSUNDAY(テレビ朝日)/Nスタ(TBS)/NEWSアンサー(テレビ東京)雑誌週刊新潮/週刊文春/PRESIDENT/AERA/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済WEBYahoo!ニュース/ITmediaビジネスオンライン …その他多数
  • お葬式
  • 仏壇・本位牌
  • 法事・法要
  • 香典返し
  • 永代・散骨・お墓