葬儀は段取りが肝心。流れ・費用・マナーが「やさしくわかる!」
葬儀の準備

作成日:2014年08月18日  更新日:2021年12月01日

葬儀は段取りが肝心。流れ・費用・マナーが「やさしくわかる!」

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

葬儀を段取りよく進めるためには、流れなど全体像を知っておくことをおすすめします。亡くなられてから葬儀当日までは大切な時間であるにもかかわらず、落ち着いて過ごすことは難しいものです。

本記事を読むことで、葬儀の段取りをするために押さえておきたい流れ、費用、マナーといった重要なポイントを知ることができます。ぜひお役立てください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
お亡くなりからお通夜までの流れ
お通夜の流れ
葬儀・告別式の流れ
一般的な葬儀ってどういうもの?
一般的な葬儀にかかる費用
葬儀の日程の決め方
遺族のマナー
宗教・宗派ごとの葬儀
「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中
参列者のマナー
まとめ

お亡くなりからお通夜までの流れ

葬儀はどのような流れで進み、何をしなければならないのでしょうか。日程には地域、火葬場の空き状況なども影響するため、一概には言えませんが、葬儀は下記のような流れで進んでいく形式が多く見られます。

ご逝去日 午前
午後 お亡くなり ⇒ 搬送 ⇒ 安置
2日目 午前
午後 納棺 ⇒ 通夜
3日目 午前 葬儀・告別式 ⇒ 出棺
午後 火葬 ⇒ 精進落とし

事前に葬儀の流れを知り、出来る限りの段取りをしておくことで不安を取り除くことができ、葬儀をスムーズに進められるでしょう。実際には、葬儀業者の担当者からサポートもあります。以下で具体的な流れを解説します。

【1】お亡くなり

病院で亡くなった場合は、看護師または病院が提携している業者にエンゼルケア(死後の処置)を行ってもらいます。エンゼルケアとは、滴針や生体情報モニタなどの取り外し、止血や清拭など、亡くなった方が病院から出られるようにする処置のことです。

遺族は、葬儀社もしくは遺体搬送専門業者に連絡を取り、亡くなった場所(病院・自宅など)を伝え、搬送を依頼します。このとき、医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。

あわせて読みたい 逝去後に行うエンゼルケアとは?詳しく解説 長い闘病の末に家族が亡くなった場合などに、外見を少しでも美しくし、きれいな姿で送ってあげたいと考える人は多いはず… 続きを見る

【2】お迎え・安置

法律により逝去後24時間は火葬することができないため、寝台車で遺体を搬送してもらい、故人を安置します。自宅での安置が可能であれば自宅に、難しい場合は葬儀社の安置専用施設などに搬送してもらいましょう。

自宅に安置する場合には、遺族や親族のうちどなたかが先回りして、部屋の片づけや掃除をしておくなどの準備をしておくとスムーズに事が進みます。

【3】葬儀の打合せ・段取り

喪主を決め、葬儀業者の担当者と打合せに入ります。打ち合わせに要する時間は、1時間~2時間程度です。このとき「死亡診断書」を担当者に渡し、「死亡届」や「火葬許可証」などの手続きを依頼します。葬儀形式や規模に応じて、職場や学校などの関係者への連絡、喪服の準備、供花・供物の手配も必要です。

供花・供物を手配するときには、名札に表記する文字に間違いが生じないよう注意し、並べる順番も考えておきます。

【通夜式に備えるためのチェックポイント】
チェックポイント
1 関係者への訃報は漏れなく済んでいるか
2 まとまった現金の準備は大丈夫か
3 お布施の金額や渡すタイミングの確認
4 供花や供物を出す方のリスト作成
5 受付、会計などお手伝いの依頼や段取り
6 喪服の準備(無いときにはレンタル利用も)
7 家族、遠方から来る親族の宿泊場所の確保
8 車両の清掃、ガソリンの不足はないか
9 副葬品の準備(原則燃えるもの)
10 各種挨拶をしてもらう方への依頼
あわせて読みたい 死亡届は誰がいつまでに提出する?手続きについてケース別に解説 人が亡くなった場合、それを証明するために「死亡届」を提出します。 死亡届は火葬(または埋葬)許可証を受け取るために… 続きを見る あわせて読みたい 火葬許可証とは?許可証発行の流れや再発行について詳しく解説 家族が亡くなったら、お葬式をして火葬し、遺骨をお墓に納めることになりますが、火葬や納骨の際には「火葬許可証」という書類… 続きを見る

【4】納棺

納棺の際には、遺体を清めて死装束を着せます。宗派による違いはありますが、仏教では死装束として旅支度を整えることが多いでしょう。故人が生前好きだったものなど、一緒に棺に入れたいものがあれば準備しておきます

遺体のお清めも大切な場面です。お清めについては、納棺前にエンバーミングを済ませておくケースと、納棺時に湯灌の儀を併せて執り行うケースがあります。

あわせて読みたい お葬式の日程はどのように決めるの?お通夜や法事法要までの流れを解説! 身近な人が亡くなると、家族は迅速にお通夜やお葬式のスケジュールを決めなければなりません。そのため、お葬式の日程調整の… 続きを見る

お通夜の流れ


参考動画:<通夜式>葬儀の流れ ご説明動画【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

納棺までを終えると、続いて通夜式です。ここでは、全体の流れを、一般的にお通夜が開始される18:00からのスケジュールを事例として紹介します。全体の所要時間は、喪主が会場に到着してから通夜式終了まで2時間~3時間程です。

【1】喪主・遺族が会場に到着・受付準備(16:00)

遺族は、通夜式開始の2時間前には会場に到着して、参列者の受付準備をします。香典の受け取りや受付、会計など事前に決めていた役割や段取り、芳名帳や筆記用具などの物品を確認しておきましょう。

また、会葬礼状、供物、供花に記載されている名前に誤りがないかを確認することも大切です。会葬者が多い場合には、混雑が起きないよう動線やスペースなど、会場に問題がないかも葬儀業者の担当者に確認をしておくと安心でしょう。

【2】受付開始(17:30~)

受付は、お通夜開始の30分前くらいから行います。この時間帯くらいから、会場内はより慌ただしい雰囲気になることでしょう。受付担当は所定の場所につき、喪主も参列者の挨拶に対応します。

喪主・遺族が式場内に着席するのは、通夜式開始20分前頃です。参列者からお悔やみの言葉をかけられた際には、「お忙しい中足をお運びいただきまして、恐れ入ります」や「ご多用中のところご参列ありがとうございます」と、短い言葉で差し支えないので丁寧に応えましょう。

あわせて読みたい 葬儀の受付のやり方とマナーを解説|挨拶から服装まで完全ガイド 葬儀の受付の手伝いを任された時、多くの方は慌ててしまうのではないでしょうか。この記事では、葬儀の受付では何をするか… 続きを見る

【3】開式(18:00~)

僧侶が到着し、定刻になれば通夜式の開始です。一般的に、式は葬儀業者担当者の案内、僧侶の司式のもとに進行していきます。

【4】読経・焼香(18:10~)

僧侶に読経をしてもらい、喪主・遺族、そのほか参列者の順に焼香を行います。喪主など数名は指名焼香になる場合もありますので、流れや作法を確認しておくと安心です。

あわせて読みたい 【動画で解説】もう迷わない焼香のやり方・マナー 葬儀の際に行う「焼香」は、普段実践する機会が少ないもののひとつでもあります。周囲の人に教わることもないため、正しい方法が分からず不安に感じることもあるのでは… 続きを見る

【5】閉式(19:00)

閉式に際し、喪主が参列者に対して挨拶をすることがあります。通夜振る舞いが控えている場合は、その案内も含めて伝えるようにしましょう。僧侶が退席し、通夜式は閉式となります。開始から約1時間で通夜式は終了です。

【6】通夜振る舞い(19:10~)

閉式後は会食上に移動し、通夜振る舞いに移行します。通夜振る舞いは、故人が生前お世話になった方にも参加をお願いしましょう。時間は1時間程度です。

参列者が帰られた後は、翌日の流れや各種必要事項を、葬儀業者担当者や親族と確認して決めておきましょう。

【葬儀告別式に備えるためのチェックポイント】
チェックポイント
1 翌日のタイムスケジュールと役割
2 式中に紹介してもらう弔電と紹介する順番
3 出棺前の遺族親族代表挨拶は誰がするか
4 出棺時に位牌、遺影、花束などを持つ人
5 火葬場へ行く車両と乗車する人(僧侶含め)
6 火葬場に行く車両の運転手へ火葬場の場所を案内
7 火葬場で使うことを想定した現金の準備
8 返礼品の数量は足りているか
9 精進落としの出席者人数、料理の内容と数量
10 献杯の発声は誰にしてもらうか
あわせて読みたい 喪主による通夜式での挨拶マナーと場面別の文例集について詳しく解説 葬儀の喪主は、お葬式全体の決め事をするだけでなく、様々な場面において挨拶を行うことになります。通夜での挨拶は、故人への… 続きを見る

葬儀告別式の流れ


参考動画:<告別式>葬儀の流れ ご説明動画【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合はこちら

ここからは、葬儀告別式から精進落としまでの流れを、一般的な開始時間を参考に10:00~15:00のスケジュールでお伝えします。所要時間は、移動時間を含めて精進落としまで5時間~6時間です。

【1】喪主・遺族集合、受付準備(10:00~)

開式1時間前に集合し、葬儀業者担当者と段取りの最終確認、受付の準備・点検を行います。会葬礼状、会葬御礼品の確認もしましょう。 また、このときに弔辞・弔電の名前、順番に誤りがないかの確認もしておきます。読み方の難しい文字には、ふりがなをふっておくとトラブル防止につながるでしょう。

【2】受付開始

開式の15分~20分前には着席できるように、親族も受付をするよう促します。同時にそのほかの参列者にも受付をしてもらいましょう。

【3】開式(11:00~)

僧侶が入場したら、司会者の案内で葬儀告別式が開式します。

【4】読経、弔辞・弔電の奉読(11:10~)

僧侶による読経が行われます。宗派によって内容は異なりますが、多くは故人を仏の弟子とし、あの世へ送る儀式の時間です。式次第に沿って弔辞、弔電の奉読がされることもあります。

【5】焼香(11:20~)

葬儀業者係員の案内にしたがって、お通夜のときと同じく、喪主・遺族・そのほかの参列者という順番で行います。喪主など数名は指名焼香になる形式もあるので、いざ指名されたときに慌てないようにしたいところです。

【6】閉式・出棺(11:40)

ひととおりの僧侶による読経や儀式が終わると僧侶が退場するので、会場に残った参列者が合掌して見送ります。司会者から閉式の案内があったのち、出棺の準備を行います。

遺族親族以外の参列者は、式場の外などで出棺の見送りをするために待機しましょう。遺族親族は、生花で故人の周りを飾りながら、最後のお別れをします。

棺の蓋を閉じたあと、喪主から順番に棺にくぎ打ちをする風習がありますが、現在は全国的に見れば省略されることが多数派です。

遺族や親族で棺を運び、霊柩車に乗せます。棺が乗せられて、霊柩車のドア(扉)が閉じられる際には、一礼をすることが礼儀です。出棺の前には、遺族親族の代表者が参列者に対して会葬御礼の挨拶を行います。

あわせて読みたい 出棺・火葬の流れと参列する際のマナーについて詳しく解説! 故人との最後の別れが終われば、出棺、火葬の順に進んでいきます。たくさんの悲しみのなかで遺族、親族は故人とお別れ… 続きを見る

【7】火葬(12:00~)

火葬場につくと、まず僧侶に読経をしてもらい、喪主・遺族を中心に焼香をします。時間にして5分程度です。このときのお経のことを荼毘経(だびきょう)、儀式のことを納めの式と呼ぶことがあります。

火葬にかかる時間は、およそ1時間~1時間半程度です。その間遺族や同行者は控室で待機します。親族が集まっているこのタイミングで、次回の法要の日程を調整しておくとよいでしょう。

【8】骨上げ(13:10~)

火葬後に、遺骨を骨壺に納めることを骨上げ(こつあげ)と言います。収骨(しゅうこつ)も同義です。二人一組で足から順番に箸で骨を拾い、骨壷に納めていきます。順番は、喪主から順番に、血縁の深い順とすることが一般的です。

骨上げ後は、骨壷と火葬済の証明が記された火葬許可証を受け取ります。証明が記された火葬許可証は、納骨時に必要となるので、大切に保管しておきましょう。

あわせて読みたい 火葬後の骨上げについて知っておきたい手順とマナーについて詳しく解説 故人の遺体は、葬儀が閉式したら火葬場へ移動させて火葬炉で火葬します。その後灰になっていない骨を遺族が儀式のひとつである… 続きを見る

【9】還骨法要・初七日法要(14:00~)

火葬終了後、自宅もしくは斎場に戻り行われるのが還骨法要(かんこつほうよう)です。僧侶による読経があり、焼香するといった30分程度の法要が行われます。宗派によって還骨勤行・環骨回向・安位諷経など呼称はさまざまです。

また、参列者の都合を合わせることが難しいため、初七日法要を還骨法要と併せて執り行うことが多くなっています

【10】精進落とし(14:30~)

火葬場から戻り、僧侶やお世話になった方々を招いて会食を行います。この会食の席が精進落とし(しょうじんおとし)です。地域により、忌中払い、お斎、精進上げとも言われます。

会食の始めと終わりには、喪主が挨拶を行います。挨拶は、式が滞りなく進んだことへの感謝を伝えます。初めの喪主挨拶に続いて献杯をすることも一般的です。精進落としが終わると、葬儀・告別式当日の儀式は終了となります。

あわせて読みたい 葬儀が終わって初めての法要「初七日法要」で知っておきたい常識とマナーを紹介 葬儀が終わると、初めての法要である「初七日法要」を執りおこなうことになります。初七日法要は、故人がきちんとあの世に… 続きを見る

一般的な葬儀ってどういうもの?

一概に葬儀と言っても、さまざまな形式があります。一般的な葬儀というのは遺族・親族はもちろん、親しい方や職場関係者にも制限なく会葬してもらうお葬式のことです。

その他にも、大規模なお葬式の「社葬」「合同葬」、家族だけで行う「家族葬」、本葬に備えてひっそりと内密に行う「密葬」、通夜式を省略し葬儀・告別式のみ1日で済ませる「1日葬」「ワンデーセレモニー」もあります。昨今は、お葬式をしないで火葬のみで行う「直葬」「火葬式」も増加傾向です。

お葬式を葬儀会館以外で行うこともあります。たとえば、自宅で行なう「自宅葬」や、地域自治組織の所有する会館で行う「自治会館葬」「集会所葬」、寺院や教会などで行う「寺院葬」「教会葬」などです。

最近では、一般的なお葬式の形式にとらわれない「自由葬」なども増えています。自由葬では故人のイメージにあったお葬式にすることが多く、生前に音楽が好きだった方の場合には、お葬式中に明るく楽しい生演奏を取り入れたりするようです。

普段のお葬式ではNGなことも、自由葬では気にしなくても問題ありません。若い世代に人気で、新しいお葬式の形と言えるでしょう。特定の宗派によらない無宗教葬も、自由葬に類する葬儀形式です。

それぞれの葬儀形式によって段取りが変わり、お葬式にかかる金額も異なります。ここからは、一般的な葬儀にかかる費用を解説します。

あわせて読みたい 家族葬が選ばれている理由や費用、参列基準やマナーについて詳しく解説 家族や親族、親しい友人・知人で小規模に行う葬儀形式のことを家族葬(かぞくそう)と呼び、最近では家族葬を選ぶ方が増えています。この記事では、家族葬に... 続きを見る

一般的な葬儀にかかる費用

葬儀にかかる費用は、平均で約200万円ほどです。内訳は大きく3つに分けることができ、「葬儀一式費用」「飲食接待費用」「宗教者関連費用」となります。

葬儀一式費用 祭壇、棺、寝台車、式場設備など、葬儀を行うために必ず必要になるものの費用
飲食接待費用 お通夜、葬儀告別式の後にふるまう料理・飲み物と、返礼品の費用
宗教者関連費用 読経や戒名に関する御礼など、仏教であれば僧侶に依頼する内容に対する費用

割合としては「葬儀一式費用」が約50~60%、「飲食接待費用」が約20~30%、「宗教者関連費用」が約20~30%ほどを占めます。

「葬儀一式費用」を少なくするためには、見積もりの際に不必要なものを削ることが重要です。

「飲食接待費用」を少なくするためには、料理の発注先を選別することや、料理の内容や量を調整することが大切です。

「宗教者関連費用」は、宗教や寺院・教会によって相場が異なります。金額について不安なときには、お葬式の依頼先に相談することが無難です。

お葬式も結婚式と同様で、状況により費用には幅が出ます。豪華にすればするほど、費用も上がります。お金を極力かけない方法であれば、20万円ほどでお葬式をすることも可能なのでよく考えましょう。

あわせて読みたい お葬式にはいくらかかる? 費用の平均と内訳を解説 お葬式を執り行う際には、費用がいくらかかるのかが気になるものです。お葬式にかかる費用は、お葬式の内容によって異なります… 続きを見る

葬儀の日程の決め方

「急に親や親戚が亡くなった場合、どうしたらよいのかわからない」という方も多いでしょう。身近な方が亡くなったばかりで、お葬式のことを考える余裕がないかもしれませんが、事前に葬儀日程の決め方を知識として頭に入れておくと安心です。

葬儀の段取りを進めていくうえでも、日程の決め方は重要と言えます。焦ってしまわないように、余裕をもって葬儀の日程を決められるようにしておきましょう。

日程を決める期限を考える

まずは、日程を決める期限を考えましょう。基本的に、お通夜は亡くなった翌日に執り行うため、亡くなったその日には日程を決めるのが一般的です。もし今すぐに決められそうにない場合は、自宅やお通夜・葬儀を行う予定の斎場、保管施設に遺体を安置しましょう。

葬儀会館や斎場、火葬場が混雑しているときには、各々の予約も速やかに済ませないと、葬儀を実施できる日がずっと先になってしまうことにもなりかねません。関係先と連絡を取り合い、相談し合いながらなるべく早めに日程調整に入ることが重要でしょう。

あわせて読みたい エンバーミングとは?遺体保存の必要性と手順・費用などについて詳しく解説 エンバーミングという遺体保存技術をご存知でしょうか。例えば旅行や出張などで海外に滞在中に亡くなった場合、その遺体は日本… 続きを見る

火葬場や僧侶のスケジュールに合わせる

都内や人口の多い街の場合だと、火葬場や僧侶のスケジュールが埋まっている場合があります。そうなるとお葬式をしたくてもできない状況になりますので、火葬場と僧侶のスケジュールに合わせて葬儀の日程を決めるようにしましょう。先に葬儀の日程を決めてしまうと後々困ることになるので、まずは火葬場と僧侶のスケジュールを確認しておくことが先決です。

自治体の火葬場のスケジュールが合わない場合には、民営の火葬場を利用することもできます。ただし、その分、費用も高くなるので注意が必要です。

他にも、違う自治体の火葬場を利用するという手もありますが、民営の火葬場よりさらに高くなる場合も多いので気をつけましょう。僧侶はお盆や年末年始の時期が特に忙しく、スケジュールが合わない場合もありますので、夏場は遺体の腐敗も含めて一層注意が必要です。

あわせて読みたい 僧侶派遣はネットで頼める?菩提寺がない方に最適な僧侶派遣のメリットと利用方法について解説 葬式や法事を行う際、一般的には先祖代々お世話になっているお寺である菩提寺のご僧侶に来ていただきますが、そういったお寺が… 続きを見る

参列する親族のスケジュールに合わせる

家族、親族が海外に住んでいる場合や、仕事が忙しくどうしても時間が取れない場合には、主たる家族や親族のスケジュールに合わせるようにしましょう。

例えば、「亡くなった祖母の長男である父が一人っ子で、ブラジルで働いている」という状況なら、日本に帰ってくるまで最低でも1日以上はかかります。このケースでは、祖母にとって息子である父の到着を待っての葬儀も考えられるでしょう。

お通夜は基本的に17時〜21時の時間帯に、お葬式は10時〜13時に行うのが一般的です。予定の調整が難しい場合には、時間をずらすことも検討しましょう。

付き合いのある親族には極力出席をお願いしたいところです。特に主だった親族とはよく相談して決めましょう。急な死ではない場合は、早めに危篤状態を知らせて、いつでも帰ってこられるようにしておくことも必要かもしれません。

「仏滅」や「友引」はどう考えるべきか

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つを六曜と言います。カレンダーに表記された六曜を見たことがある方も多いでしょう。

六曜は、もともと中国で勝負事に関する占星術にルーツを持つと言われ、仏教や神道といった宗教の教義にある考えではありません。そのため、本来は、仏滅も友引も気にする必要はありません

ただし、友引の葬儀は避けるといった風習は全国で広く残っています。これは「あの世へ友を引っ張っていく」という言葉の連想から生まれた風習です。風習とは言え、友引を気にする方、友引の葬儀に嫌悪感を覚える方もいることには注意が必要でしょう。

そのほか、赤口の日取りは避けるというケースもあります。川一本渡れば風習が様変わりし、お通夜・葬儀の日程や段取りも変化するといったことも珍しくないのが葬儀の世界です。よって、地域の事情に詳しい葬儀業者を選択することは安心感に繋がるポイントになるでしょう。

あわせて読みたい 通夜の日程を決めるポイントは4つ!注意点を意識して準備を進めよう 大切な家族を亡くし深い悲しみにあるなか、遺族には決めていかなければならないことが数多くあります。なかでもお通夜や葬儀… 続きを見る

遺族のマナー

宗教・宗派や地域によっては、葬儀の流れが異なることもあるため、親族・葬儀業者担当者と相談しながら決めていくとよいでしょう。葬儀を執り行うことになった場合に役立つ記事をまとめているので、参考にご覧ください。

あわせて読みたい 葬儀の参列にはマナーが重要!スムーズに参列するにはどうすればよい? 故人を見送る大切な儀式であるお葬式。葬儀に参列する場合、大きな悲しみの中にいる遺族に寄り添い、できるだけ丁寧に弔意を… 続きを見る あわせて読みたい お通夜とは|基礎知識と遺族側・参列者側が知っておくべきマナー お通夜と葬儀・告別式はどちらも「お葬式」の一部ですが、それぞれに意味があり、やるべきことも違います。この記事では、お通夜についてと、遺族側・参列者側がそれぞれ… 続きを見る

宗教・宗派ごとの葬儀

宗教・宗派ごとの葬儀の特徴や流れについて、知っておきたいことをまとめています。宗教・宗派の違いは、準備するものなど段取りに影響することもあるので押さえておくことがおすすめです。

あわせて読みたい 日本には宗教・宗派がたくさん!宗派の種類ごとの違いについて徹底解説! 宗教には、仏教をはじめとしてたくさんの種類があります。宗教はそれぞれの教義によって宗派が分かれているので、とても複雑な… 続きを見る

参列者のマナー

訃報を受けたら、落ち着いて対応するように心がけましょう。また、近年では身内のみで葬儀を行う「家族葬」を選択されることが増えています。その場合は、遺族から案内があった場合のみ参列することになります。

葬儀に参列することになったとき、知っておきたいことをまとめた記事がありますので、参考にご覧ください。

あわせて読みたい 通夜や葬儀・葬式での服装マナーについて詳しく解説 通夜や葬式・葬儀の参列者のふさわしい服装と注意点、略礼服を購入する場合のポイントをご紹介します。服装や髪形を分かりやすくまとめた動画… 続きを見る

お葬式について事前に考えておきたいこと

葬儀のことをいろいろ決めなければいけないにも関わらず、突然のことで慌ててしまい、冷静な判断をすることができない場合がほとんどです。もしものときに備えて、事前に葬儀のことを検討しておくことで、大切な方と後悔のないお別れができるでしょう。

「小さなお葬式」では、低価格でも安心のセットプランをご用意しています。お葬式に必要な物品・サービスをプラン料金に含んでいるため、お葬式についての知識がないという方でも、安心してご依頼いただけます。全国4,000カ所以上の葬儀場と提携しており、どの宗教・宗派のお葬式にも対応しております。

「喪主が必ず読む本」無料プレゼント中

「小さなお葬式」では、無料の資料をご請求いただいた方全員に「喪主が必ず読む本」をプレゼントいたします。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など 、喪主を務めるのが初めてという方にも役立つ情報が満載です。

いざというときの事前準備に、ぜひご活用ください。

まとめ

お葬式は、通夜式、葬儀・告別式と2日間の日程に渡って実施されることが一般的な形式です。以上の流れを事前に理解しておくと、スムーズな段取りに繋がります。

段取りは大切な方が亡くなってから、搬送、安置、葬儀の打ち合わせなどから始まります。が対応すべきことは多岐に渡るため、人によっては負担が大きく感じるでしょう。そんなときに頼りになるのが葬儀業者です。

葬儀形式には、一般葬のほか、社葬や合同葬、家族葬、直葬、火葬式など多様な形式があります。これらの葬儀形式は、費用や段取りにも影響します。そのため、後悔しない葬儀形式を選択することが大切です。

日程の取り決めは、家族の希望だけで決まるものではなく、各種調整が必要である点も覚えておきましょう。

葬儀の流れ、段取りなど小さなお葬式は、豊かな経験と実績をもとに丁寧にサポートいたします。事前の相談もご案内いたしますので、ぜひお問い合わせください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
4.5/5
評価数(110)

最後に

小さなお葬式のコラム内ではご紹介しきれない葬儀に関する知識やノウハウをまとめたEBOOK「費用を最大限おさえて満足のいく葬儀にする方法」をご用意しました。
この記事をご覧の皆様に無料でプレゼントしておりますので、ダウンロードのうえ是非お役立てください。

  • 葬儀費用が適正かを見極めるための見積りの見方
  • 葬儀プラン内容に必要な品目と不要な品目の見分け方
  • 葬儀前~葬儀後に必要な「準備すること、把握しておく事」
  • 喪主、遺族が押さえておくべき葬儀のマナー
無料のEBOOKダウンロード
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事