相続のトラブルは避けたい!相続の際に発生する問題とは?
葬儀後に必要なこと

作成日:2021年11月17日  更新日:2022年03月23日

相続のトラブルは避けたい!相続の際に発生する問題とは?

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

相続における問題は些細なことでも起こりやすく、ちょっとしたことが大きな亀裂へつながることも少なくありません。

相続問題を避けるために、どんな問題が起こりやすいのかを事前に知っておくことが大切です。そこで今回は、相続で起きやすい問題や、深刻な厄介ごとに発展させないためのポイントをご紹介します。家族信託のサービスについても紹介しています。いざというときに困らないよう、しっかり目を通しておいてください。

小さなお葬式LINE公式アカウント

【もくじ】
相続の際に問題が発生しやすい
相続問題によくある揉めごと
揉めごとに発展しないためのポイント
家族信託という選択肢もある
よくある質問
まとめ

相続の際に問題が発生しやすい

相続に関する手続きは、揉めごとを引き起こしやすいものです。金銭が大きく絡むものなので、想像以上に大きな厄介になる例も少なくありません。まずは、なぜ相続が大きなトラブルに発展しやすいのかをまとめました。

金銭が絡むから

相続は金銭が絡む問題なので、深刻なトラブルが生じやすくなります。相続人の優先順位に応じて割り振られるものですが、遺言が遺っていた場合、一般的な相続順位通りになるとは限りません。

そうなれば、不満に思って問題を起こしてしまう方も中にはいるでしょう。このように些細なことから相続人同士の深刻な問題が起きてしまうと考えられます。

金銭が絡んだ問題は鎮火するのが難しく、議論もヒートアップしやすいため、長引いてしまうでしょう。相続問題により一度険悪になってしまった親族関係を元に戻すのも難しく、絶縁状態になってしまうケースも珍しくありません。

普段連絡を取っていないから

普段から親族としての連絡やコミュニケーションを取っていない場合、相続人同士での連携がうまくいかないでしょう。連携がうまくいかなければ、相続の手続きもスムーズにいかなくなります。相続の手続きが滞ることは、想像以上にストレスにつながります。それらはやがて相手への不満へと発展するでしょう。

普段コミュニケーションを取っていない相手と密にコミュニケーションを取るのはなかなかうまくいかないものです。そういった理由から少しでも問題が生じると、相続問題と呼ばれるトラブルにつながりやすいでしょう。

相続問題によくある揉めごと

相続問題に付随してよく発生するトラブルの例を以下でご紹介します。深刻な揉めごとを未然に防げるのが一番ですが、もし相続問題に巻き込まれたら困ってしまうでしょう。そのため、トラブルの実例を事前に把握しておくのがおすすめです。

分割しにくい遺産で起こる問題

均等に分割することができないタイプの、不動産や価値のある品といった遺産が遺されている場合、親族間で仲違いが発生してしまう例が多くあります。

土地を相続した人が、土地の評価額を相続の割合ごとに他の相続人に支払うという方法を用いて決着をつけることが多いでしょう。

しかし、そのようにすることが法律で決まっているわけではないため、解決方法が多岐に渡り、どの方法を取るのかで揉めやすくなります。こうした、遺産に分割しづらいようなものが含まれている場合、正確に分配できるように対策することが大切です。

相続人同士の問題

各自が受け取れる遺産の割合や、相続できる人数の確認作業は煩雑です。また、資産が意外とあり、相続税を支払う人が出てくると、トラブルが生じる可能性が高いといえます。

特に「遺産の金額が意外と多かった」というときや、「相続の割合がおかしいと感じる人がいた」というときに、相続人同士でトラブルを引き起こしやすくなるでしょう。

相続人は多くの場合は親族同士の関係性なので、トラブルが起きたときにヒートアップしやすいという傾向にあります。また、寄与分のため相続権を得た他人が相続人の中にいた場合、親族と対立してしまうことも考えられます。

あわせて読みたい 相続分割を決める際の寄与分とは?寄与分が認められるためには? 相続を決める際には「寄与分」という制度が使えることがあります。寄与分という言葉を聞いて意味が思い浮かぶ方は少ないでしょう… 続きを見る

遺産の独占問題

遺言により、誰か1人が遺産を独占する場合、問題が生じやすくなります。基本的に、相続できる権利を持つ方が誰か1人に限定されるという場合はほとんどありません。しかし、遺言で1人にしか相続されないということがわかれば、不服を申し立てる人が出てきてもおかしくないでしょう。

相続権を主張して裁判に発展する可能性もあるので、注意が必要です。遺産を独占することが決まっている場合は、遺産を持っている方本人から法定相続人となる人たちに話をつけておいてもらうとよいでしょう。

遺言で知らされるよりも、故人の言葉を事前に聞いている方が相続人に伝わりやすいといえます。不平等な割合による相続問題を防ぐためには、生前にしっかり各相続人に話をしておくのがおすすめです。

相続人と連絡が取れない

相続人と連絡が取れずに手続きが進まないということも多くあります。相続の手続きは、相続人全員の同意やサインがなければ進められないということが定められているため、相続人と連絡が取れないのは重大な問題といえるでしょう。普段からコミュニケーションを取っていない相手であればなおさら、連絡が取りにくいということも考えられます。

相続人が大人数になる場合、全員に集まってもらうのは思いのほか大変な作業となります。連絡先を調べるのに時間がかかり、スムーズに進まないことも多いため、財産を持っている方は元気なうちに連絡先をまとめておくと親切です。

連絡先がまとめられていない場合、基本的には戸籍をたどって調べることになりますが、どうしても連絡が取れない場合は、司法書士をはじめとしたプロの協力を検討するのもよいでしょう。プロであれば個人が行うよりもスムーズな進展が期待できます。

特別寄与料に関連する問題

先ほども少し触れましたが、相続においては寄与に関する問題にも対処する必要があります。特別寄与料は、生前に故人と同居していたり介護をしていたりした場合に発生するもので、本来であれば相続権のない方でも遺産の請求ができるようになるものです。

しかし、寄与に関しては相続人の間で深刻なトラブルになりやすいので注意が必要です。相続人の中には、一緒に住んでいたときに家賃や食費を故人に賄ってもらっていたのであれば、その時点で財産を分与していると判断されるのではと考える方もいるかもしれません。しかし寄与制度を使いたい方からすると、無償で介護を行ったので財産の保持に役立ったと主張することになるでしょう。

偏った内容の遺言書による問題

遺産の独占についてはお伝えしましたが、遺言の内容が偏ったものだった場合にも、相続人同士で不満が起こり、トラブルを引き起こしてしまうことがあります。ある特定の人物がもらいすぎていたり、本来であれば一番多くもらうはずだった方が少なかったりする場合などは深刻な問題になりやすいでしょう。もし偏った内容の遺言を遺す予定があるのであれば、理由を伝えておく必要があります。

あわせて読みたい 遺言書についてイマイチ分かっていない方へ!書き方と無効になるケースについて詳しく解説 遺言書は正しい形式に則ったものでなければ、効力がありません。遺言書の内容に不備があると、遺言者の死後相続人間の争いの… 続きを見る

申告書類の不備による問題

申告書類の不備があった場合も注意が必要です。相続は、申告書類の不備があった場合は進められません。何度もやり直しが発生すると、実際に財産を受け取るまでに時間がかかり、他の相続人を待たせてしまうことになります。

申告書類の準備は1人で行わず、プロの手を借りるか、複数人で協力して行うのがよいでしょう。必要書類数が多いため、書類に不備が発生したり納税額が正しくなかったりという例が少なくありません。申告所類に間違いがないように注意して作成しましょう。

揉めごとに発展しないためのポイント

ここからは、相続問題を避けるために気を付けられるポイントをいくつかご紹介します。相続問題には金銭が絡むため、最悪の場合は裁判に発展することもあります。もしものときに困ることのないよう、しっかり理解しておきましょう。

遺産を平等に分ける

まずは、法に則って遺産を平等に分けることが重要なポイントです。相続人が不満を感じると問題に発展することもあるため、受け取る比率は納得感のあるものにすることが重要となります。

配偶者や子供は相続の順位が高いので、割合も多くなるのが一般的です。例えば、故人の配偶者、故人の子供2人が相続人である場合、故人の配偶者は1/2の割合、故人の子供は残りを均等に割り振って1/4の割合、と決めていきます。

分割が均等にならない場合は事前に相続人に伝えておくべきです。直接伝えるのが難しい場合は、弁護士を通して書面を遺しておく方法でも問題ありません。遺産が不平等な分け方になっていると不満が起こりやすいため、必ず対策を行っておいてください。

普段から親族間でコミュニケーションを取っておく

相続人同士でコミュニケーションが取れていないと、トラブルが生じやすくなります。相続人となる親族同士であまり面識がない場合、連絡を取って遺産分割協議の場を設けるだけでも一苦労でしょう。連絡先も知らないということも多いので、連絡先を調べるところから作業が始まります。故人が亡くなって疲弊している中で、そのような作業が多く発生するのは大変です。

普段からなるべく親族間で連絡を取るようにしておくのが理想的です。しかし、コミュニケーションが密に取れていない方が相続人になるとわかっている場合には、遺産を持っている方が生前に連絡先を遺しておくなどの工夫をしておけるとよいでしょう。自分が亡くなった後に相続人が苦労することのないよう、対策が必要です。

プロに依頼する

遺産は深刻な問題が生じやすいものなので、プロへの依頼を検討するとよいでしょう。遺産相続は、誰が何を受け取るのかといった分割はもちろん、その後の手続きも難しいものなので、書類にミスが出ることが多くあります。しかし、相続税に関しては税務署で厳しくチェックされるため、些細なミスでも申請が通らないことが起こり得ます。

遺産を少しでも早く受け取り、相続問題をスムーズに終えるためにも、確実に手続きを行いたいものです。プロに依頼するとスムーズに進むだけでなく、手間や時間もかからなくなります。費用は少しかかるものの、プロに依頼する方が確実で安心といえるでしょう。

あわせて読みたい 相続の相談はいつ誰にすればよい?相談する専門家の選び方も解説 相続の相談をしたくても、どのタイミングでどの専門家へ相談すればよいかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。… 続きを見る

家族信託という選択肢もある

相続問題について詳しく知りたい際に、認知症による口座の凍結などについても気になるという方は多いのではないでしょうか。認知症になると、法的に意思能力がないものとされる可能性があり、本人名義の不動産の売却や、銀行口座からの出金が凍結によってできなくなることがあります。唯一の対処法である「成年後見制度」も、費用や財政管理の面で戸惑う方が多いようです。

そこで今注目されているのが、大切な財産を信頼できるご家族に託す「家族信託」です。認知症などにより判断能力が低下した後でも、ご本人の希望やご家族のニーズに沿った、柔軟な財産の管理や運用を実現することができます。

ファミトラの「家族信託」は家族信託に必要な手続きを、弁護士や司法書士など多様な専門家がサポートし、誰でも簡単に・早く・安く組成できるサービスです。資産管理にお困りの方は、お気軽にお問合せください。

家族信託なら「ファミトラ」

よくある質問

Q:相続の際に問題が発生しやすい理由は?

A:相続は金銭が絡む問題なので、深刻なトラブルが生じやすくなります。普段は親族と連絡を取っていないと連携がうまくいかず、相続の手続きもスムーズにいかないということも、相続問題の理由の一つです。
詳しくはこちらをご確認ください。

Q:相続問題によくある原因は?

A:土地などの分割しにくい遺産がある場合や、不平等な遺言で誰か1人が遺産を独占する場合は、問題が生じやすくなります。
その他の原因例はこちらをご確認ください。

Q:相続問題を避けるために気を付けられるポイントは?

A:法に則って遺産を平等に分けること、普段から親族間でコミュニケーションをとっておくことで、問題が起こりにくくなります。
詳しくはこちらをご確認ください。

Q:相続問題をプロに依頼するメリットは?

A:誰がどの遺産を相続するのかといった分割や、書類作成、手続きをミスなくスムーズに進められるため、手間も時間もかからなくなることがメリットです。

​ ​ ​

まとめ

相続問題は金銭が絡むものなので、深刻になりやすいといえます。故人が遺した遺産は、できるだけ平和に分割したいものでしょう。

相続に関する問題は、些細な工夫で防ぐことが可能です。生前に故人がしておけることがあれば行い、相続人同士も工夫して解決することが大切でしょう。お互いの気持ちを思いやりながら、気持ちよく手続きを進めてください。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事