仏壇の魂抜き・閉眼法要とは?仏壇の引越しの流れをわかりやすく解説
法事・法要

作成日:2022年05月18日  更新日:2022年05月24日

仏壇の魂抜き・閉眼法要とは?仏壇の引越しの流れをわかりやすく解説

  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

仏壇は神聖なものなので、引越し方法を気にする方も少なくありません。仏壇を移動させたり処分するときには、一般的には魂抜きを行います。この記事では、仏壇の移動の際の魂抜きや処分について解説します。

お寺とお付き合いの無い方に向けて、お坊さん手配の便利なサービスもおこなっています。ぜひ参考にしてください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

【もくじ】
仏壇を引っ越すときの魂抜きとは
魂抜きの流れ
魂抜きの依頼先
魂抜きのお布施
仏壇の引っ越し方法
仏壇の処分方法
仏壇の処分費用
仏壇以外に魂抜きが必要なもの
法事・法要の費用をおさえる「お坊さん手配」をかしこく活用しよう
まとめ

仏壇を引っ越すときの魂抜きとは

仏壇を引っ越すときには魂抜きを行う必要があります。とはいえ、魂抜きの概要を詳しく知る方はそう多くはないでしょう。

仏教において、仏壇やお墓などには逝去した方の魂を入れる儀式を行います。この儀式により、礼拝の対象へと変化するという考えです。一方で、仏壇やお墓などを通常の魂が入っていない状態に戻すために魂抜きを行います。

魂抜きは「閉眼供養」「閉眼法要」ともいい、地域によって呼び方が異なります。また「魂は存在しない」という考えを持っている宗派も存在します。その場合は代わりの儀式を行うこともあるので、合わせて確認しておきましょう。

仏壇を処分するときも、引っ越しのときと同様に魂抜きを行います。魂抜きのあとは、仏壇本体は処分しても構いませんが、位牌は菩提寺に預けて供養してもらいましょう。

魂抜きの流れ

魂抜きは頻繁に行われるわけではないので、具体的な流れについて詳しく知る方は少ないでしょう。ここでは、魂抜きの流れについて解説します。

1.魂抜きの日程決めと僧侶の手配

はじめに魂抜きの概要を決定します。そのため、まずは魂抜きの儀式を行う日程を決めます。魂抜きの実施において不適切な日はありませんが、明日や明後日といった急な予定にすると、僧侶の都合が合わない恐れがあるので注意しましょう。

続いて、読経をお願いする僧侶を手配します。その際は、菩提寺や手配業者に依頼するとよいでしょう。魂抜きは仏壇のある場所で行うため、都合を合わせるためにもなるべく早めに手配することが賢明です。

2.お布施等を準備する

魂抜きの日程と僧侶手配が決まったら、次はお布施等を準備しましょう。お布施とは、読経をしてくださる僧侶に対しての感謝を表すものです。金銭は、金封に入れるのがマナーです。

また、お布施に包む紙幣は、できるだけ古札ではなく新札を用いるようにしましょう。新札がない場合は、きれいな古札でも差し支えありません。

袋の表面上部には「御布施」と記し、下部には氏名を記します。裏面あるいは中袋には、住所・包んだ金額・連絡先を記載しましょう。

あわせて読みたい お布施とは?法事・法要のお布施金額について詳しく解説 「お布施がどのようなものかわからない」「お布施はどのくらい包むものなのかわからない」そのようにお悩みではないでしょうか… 続きを見る

3.仏具やお供え物を準備する

魂抜きは仏壇のある自宅で行います。そのため、仏具やお供え物は自身で用意が必要です。線香・ロウソク・水・花・お菓子・お酒等を用意しましょう。準備物に不安がある場合は、僧侶を手配するときに準備すべきものについて尋ねておくとよいでしょう。

魂抜きの依頼先

魂抜きを依頼する際は、どこへ依頼するとよいのでしょうか。実際に依頼する際は、状況によって対応が異なります。ここでは魂抜きの依頼先について解説します。

菩提寺

境内に自家のお墓がある菩提寺があれば、そこへ連絡するとよいでしょう。菩提寺は付き合いが長いケースが多いため、魂抜きをしてほしいという旨を伝えることで速やかに段取りを組んでいただけます。

実施したい日の前日に連絡すると都合が合わないことが多いので、実施したい日の1ヶ月前までには連絡しておくのがマナーです。

僧侶派遣業者

菩提寺がなく、僧侶とのつながりがない場合は、僧侶派遣サービスを利用するのも一つの方法です。

僧侶派遣業者は、電話やインターネットで手配できるので手軽なことに加え、費用も安く済みます。僧侶派遣業者に支払う料金は、お布施とは違って明確であることもメリットといえます。

菩提寺のようにその後の付き合いが必要になることもないので、気軽にサービスを受けることができるでしょう。ただし、いきなり連絡すると都合が合わない恐れがあるので、期間に余裕を持って連絡することをおすすめします。

仏具店

新しい仏壇を購入する場合は、仏具店に申請することで古い仏壇の魂抜きに対応してもらえることがあります。仏具店は仏壇の扱いに長けているため、全てを任せたいという方にはおすすめです。

魂抜きのお布施

魂抜きを実施してもらった僧侶にはお布施を渡します。金額の目安としては5,000円~6万円程度ですが、付き合いのある菩提寺ほど少額になり、付き合いのないお寺や業者だと高額になるでしょう。

お布施の適切な金額がわからない場合は依頼先に尋ねましょう。「お気持ちで」と曖昧な回答を受けたときは、葬儀社等の詳しい方に連絡することをおすすめします。

仏壇の引っ越し方法

自宅に仏壇を設けている方の中で、引っ越しをお考えの方もいるかもしれません。仏壇は神聖なものなので、通常とは異なる運び方をしなければいけないと考える方もいます。

そこで、ここでは、引っ越しするときの仏壇の扱いについて解説します。

仏壇のサイズを測る

はじめに仏壇の大まかなサイズを認識するために、サイズを測りましょう。サイズを測っておかないと、引っ越し先に仏壇を移動したときにサイズが合わないことがあるので注意が必要です。

写真を撮る

仏壇の装飾品は細かく、取り付けたまま運ぶことは困難なため、一旦外してから移動させる必要があります。装飾品を再度仏壇に取り付けるときに参考になるように、取り外す前に写真を撮ることをおすすめします。

引っ越し先で置く位置を決める

引っ越し先で置く位置をあらかじめ決めておきましょう。仏壇はとても大きいので、あらかじめ置く位置を決めておかないとサイズが合わない恐れがあります。

あわせて読みたい 仏壇配置・方角が気になる!さまざまなパターンでおすすめ配置を詳しく解説 新しく仏壇を購入したり引っ越したり、もしくは大掃除などをきっかけに模様替えをしたりしたときは、仏壇配置に迷うことがある… 続きを見る

包装を行う

仏壇本体や装飾品を一つひとつ丁寧に梱包します。仏壇や装飾品は大きかったり壊れやすかったりするので、そのまま運んでしまうことがないようにしてください。

仏壇の処分方法

置く場所が無くなったり、継承者がいなくなったりした場合は、仏壇の処分が必要になることもあるでしょう。

仏壇の引き取り先としては、菩提寺・仏具店・自治体があります。自治体での回収は「粗大ゴミ」の扱いになるのでご注意ください。

また、仏壇にはさまざまな箇所に収納スペースが存在します。収納スペースには、装飾品や仏具が収納されている可能性があり、確認しないまま捨ててしまうと、捨てるはずのなかったものまで捨ててしまう恐れがあるので注意が必要です。捨てる前には必ず収納スペースを確認しましょう。

あわせて読みたい 仏壇を処分する方法と事前に確認しておくべきこと 転居によって仏壇を置くスペースが無くなった場合や、仏壇の継承が難しくなった場合など、さまざまな事情で仏壇を処分しなければならなくなる… 続きを見る

仏壇の処分費用

処分には費用がかかります。費用は処分方法によって変動するので注意が必要です。ここでは、仏壇を処分するときの費用について解説します。

自力で処分するときの費用

仏壇を粗大ゴミとして自力で処分するときの費用は、お住まいの地域の自治体によって変動します。多くの場合では3,000円程度で回収してもらえますが、中には無料で回収してくれる自治体も存在するようです。

費用がわからないときは自治体に連絡することで教えてもらえるので、事前に確認することをおすすめします。

業者に依頼するときの費用

業者を通して仏壇を処分する場合は、魂抜きも同時に実施してもらえることも少なくありません。処分と魂抜きがセットになっている分、自分で処分する場合と比較すると高額になるでしょう。目安としては、2万円~7万円ほどです。

仏壇以外に魂抜きが必要なもの

魂抜きが必要なものは仏壇だけではありません。ここでは、仏壇以外で魂抜きが必要なものについて解説します。

遺影

仏教において、遺影には逝去した方の魂は宿っていないとされています。ただし、現代では遺影に対して合掌をされる方もいるため、気になるという方は魂抜きの実施をおすすめします。

仏像

仏像に対しても手を合わせる方はいます。加えて、仏像は彫刻師が彫って作るので、彫刻師の魂も宿っているとされています。そのため魂抜きの対象となります。

法事・法要の費用をおさえる
「お坊さん手配」をかしこく活用しよう

法要・法事にはお布施以外にも読経、お車代、御膳料などさまざまな費用がかかります。合計すると、平均して10万円以上はかかるでしょう。

また、寺院や地域によっても異なるため、いくら準備しておけばよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

法事・法要にかかる費用

小さなお葬式が運営する「てらくる」では、一周忌・四十九日法要などのお坊さん手配を、全ての宗教・宗派で一律45,000円で提供しております。

お布施以外のあらゆる費用全てがプラン内に含まれているため、費用の設定で悩む必要はありません。

法事・法要の事前準備に是非ご検討ください。

法事・法要の寺院手配|法事・法要なら「てらくる」

まとめ

仏壇の引越しや処分では魂抜きが必須です。魂抜きには僧侶を呼んでお経をあげてもらうことになります。その際は、お布施も忘れないようにしましょう。

仏壇の引っ越しや処分を検討しているけれど、手配や魂抜きの方法がわからない方もいるでしょう。その場合は、専門の知識を豊富に持ったスタッフが在籍する小さなお葬式にご相談ください。お客様のお悩みに合わせてアドバイスいたします。

葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

小さなお葬式LINE公式アカウント
  • LINE
  • hatena
  • copyicon
  • URLをコピーしました!

関連する記事